■ 西沢渓谷 (山梨県 三富村) 戻 る

日 程 2003年5月25日(日) 天気:晴れ 気温:25℃くらい
コース 出発(6:30)→R140→雁坂トンネル(8:30)→道の駅みとみ(8:40)→西沢渓谷入口(8:50)→西沢山荘(9:27 休憩)
→二股吊り橋(9:32)→七ツ釜五段の滝(10:43)→最終地点(11:05)→西沢渓谷入口(12:30)→R140→自宅(19:30)
その後

R140沿いの大滝温泉・遊湯館に行ってきました。

今回は、水の色がコバルトブルーで、滝が多く、奥秩父最後の秘境と言われている西沢渓谷にやって来た。
埼玉側から雁坂トンネルを抜けたすぐのところに西沢渓谷はある。ここはいわゆるハイキングコースが整備されており、往路は渓谷沿いを登って行くが、途中には滝がいくつもあり見所が多くマイナスイオンが豊富!
復路はコースが変わって、昔、木材運搬用に使っていたトロッコ軌道跡を歩いて行く。
さすがに有名なところだけあり観光客も多く、不動滝の先にある昼食ポイントでは人だかりですごいことになっていたが、間近に迫る数々の滝から放出されるマイナスイオンに癒されるような気分に浸れた。



「道の駅みとみ」の駐車場にて

西沢渓谷入口。ここから一般車両は進入禁止

左側に笛吹川が流れてます

最初の休憩所でとりあえず、遅い朝食をとりました

後ろの人達は甲武信ガ岳からの登山者かな?

西沢山荘に到着。ここでまた、一休み

ここらあたりから遊歩道になります。




途中に咲いていた花。名前はわかりません。

二股吊り橋が見えてきました。

このような橋は、かなり怖いです。
子どもは喜んでいましたが。

橋から上流側。この先が東沢渓谷です。
東沢渓谷は立ち入り禁止になってます

下に釣り人がいます。人がいるところは東沢になっており、
こちらは水質は普通で魚は棲息しているようです。


いきなり結構登ります。

大久保の滝

三重の滝

水が真っ青。有毒鉱物を含んでいるため、
魚も生息できないようです。

うなぎの床


人面洞


見上げると新緑の木々が川の青と
対照的でこちらもすばらしい。

大きな岩があったので、ひとまず休憩。
このくらいの位置だと飛沫を浴びますが、
それがまた気持ちがいいのです。

沢沿いは足元がぬかるんでいる為、歩く補助として
鎖が付いているところが多いです。

遊歩道とはいえ、結構登ります。

竜神の滝

貞泉の滝

それなりに登ってます。

う〜む。水がすごくきれいだ。


結構、きついです。


母胎淵


カエル岩手前

カエル岩。う〜む、よくわからない。

まだまだ登っていきます。
結構、きついですよ。

方杖橋
右側の先に五段の滝があります。

七ツ釜五段の滝(最下段)
一番の見所。釜が七つに五段の滝があります。

五段の滝(上段)

不動の滝

最終最高地点。周りは人だらけでした。

これから復路になり、沢から離れます。
(後ろは甲武信ガ岳?)

しゃくなげ橋にて、
復路はなだらかで非常に歩きやすいです。

復路は旧トロッコの線路を下ってゆきますが、
なだらかで歩きやすいです。

ここまでくれば、後もう少し。

とねり橋

最初によった休憩所で最後の休憩
となりのおじさん、お疲れ様でした。