■ 大菩薩嶺 (山梨県 標高:2,057m 日本百名山) 戻 る

日 程 2004年11月21日(日) 天気:晴れ 
駐車場 上日川峠駐車場:かなり余裕がありました。
コース 出発(5:30)→(中央自動車道・勝沼IC)→(R411:大菩薩ライン)→上日川峠(7:50)→福ちゃん荘(8:20)→富士見山荘(8:25)→勝緑荘(8:35)→大菩薩峠(9:05)→賽の河原(9:30)→雷岩(10:05)→大菩薩嶺(10:15)→雷岩(昼食)→福ちゃん荘(11:40)→上日川峠(11:55)→大菩薩の湯→(R411:青梅街道)→奥多摩→自宅(16:30)
その後

大菩薩の湯(塩山市・山梨県) に行ってた。
アルカリ性でめるめだったため、肌にやさしくついつい長湯をしてしまった。12時過ぎには下山してたので、昼間からの入湯となり極楽気分。

今回も百名山の一つ、大菩薩嶺に行ってきた。朝4:30ごろに起きるつもりが、いつものごとく寝坊し、5:30になってしまったため、当初、下道で行く予定だったが、圏央道・中央高速を利用して向かった。おかげで2時間強でたどり着き、比較的に登山口から近い場所に駐車することができた。
さて、この日は雲ひとつない素晴らしい天気で、展望もよく富士山もバッチリ見えた。形といい大きさといい、すごい存在感でついつい見惚れてしまう。紅葉の方は終わってしまったようだが、気温も暖かく大菩薩峠からの尾根歩きも見晴らしがよく南アルプスも遠望でき、気持ちが良かった!



行きは順調で2時間強で到着しました。
駐車場は結構余裕がありました。

よし、これから登るぞ!(7:53)
ロッヂ長兵衛の前にて
上日川峠にて
登山口へ入りました。これから頑張るぞ!
福ちゃん荘にて
福ちゃん荘へ着きました。順調です。(8:17)
福ちゃん荘にて
日も高くなってきて、暖かくなってきました。
福ちゃん荘にて
MTBが何台か通り過ぎて行きました。
どこまで行けるんだろうか?
福ちゃん荘にて
大菩薩峠からのみはらしの良い尾根が見えました。
介山荘へ
しばらくはこんな道が続きます。MTBの人達も多かったです。

富士山がきれいに見えます。完璧だ!(8:27)
↑ロールアップすると拡大します。
富士見山荘にて
すごい!存在感。やはりいいものですね。
富士見山荘にて
富士見山荘からは富士山が本当によく見えます。
勝縁荘にて
勝緑荘の案内板にて(8:34)
介山荘へ
このような道が大菩薩峠まで続きます。
大菩薩峠にて
大菩薩峠にて(9:06)
大菩薩峠にて
これからは、このような見晴らしの良い尾根が続きます。

南アルプスもよく見えます。
↑ロールアップすると北岳と間ノ岳が見えます。

眼下に上日川ダムが見えます。
↑ロールアップすると、また、富士山の拡大です。
尾根にて
見晴らしが良く、展望はすばらしいです

後ろに見ると眼下に介山荘が
↑ロールアップすると拡大します。
尾根にて
見晴らしが良いので、ゆっくりと休みながら、進むことにしました。

親不知ノ頭を大菩薩嶺と勘違いして走って行ってしまった。
↑ロールアップすると息子の存在が分かります。
賽の河原にて
まだまだ、先があることを知って、子どもは落ち込んでました。
賽の河原にて
賽の河原の非難小屋にて
ここまでくれば、あともうちょっとだ!(9:30)
賽の河原にて
またまた富士山。いつかは登ってみたい!

この辺りの道は霜柱が溶け、かなりぬかるんでました。

標高2,000m地点にて(9:52)
賽の河原にて
あともう少しで雷岩です。
雷岩にて
雷岩から見下ろしたところ。南アルプスもばっちりです!
南アルプスも行って見たいな
雷岩にて
雷岩にて(10:06)
雷岩にて
ここから山頂まで、約10分くらい
大菩薩嶺にて
雷岩から山頂へ向かいます。
大菩薩嶺にて
途中でこんなところもありました。
大菩薩嶺にて
山頂に到着しました!展望はありません。(10:17)
唐松尾根にて
下りは唐松尾根を行きます。
唐松尾根にて
道もだいぶ緩やかになってきました。
福ちゃん荘にて
福ちゃん荘まで戻りました。(11:41)
上日川峠にて
福ちゃん荘から林道を行きます。
上日川峠にて
終わったぞ!Xのポーズ(意味不明)(11:59)