■ 富士山 (山梨県 標高:3,776m 日本百名山) 戻 る

日 程 2005年9月3日(土) 天気:晴れ
コース 出発(4:30)→河口湖(7:00)→五合目(8:10)→六合目(8:50)→七合目→本八合目→山頂・浅間神社奥宮(13:30)→五合目(16:50)→自宅(22:30)
コース図はこちら→
駐車場 五合目駐車場:五合目の駐車場は満車でしたので、700m下の駐車場に停めました。やはり、9月といえども、晴れているし8時くらいでは駐車場は満車になってしまうようです。
その後

湯〜園(南都留郡・山梨) に行ってきました。
今回は富士山登山にお誘いいただいた人の紹介で来ました。R139から少し入った穴場的なところで、地元の人が多いようでした。湯船も広く、ゆったりと浸かれました。この後、地元のおいしい食堂に行っておなか一杯になりました。本当に今日は満足した1日でした。

参 考

今年こそは富士山に登るぞ!と去年から言っていたが、近所の方からお誘いいただき、やっと念願が叶えるチャンスが巡ってきた。
今回は息子は連れずに、近所の人とそのお知り合いの6名での山行。この6名のうち、1人は富士登山11年連続の大ベテラン、そして、2人が3回目、近所の人とその息子(小学5年生)と私は初めて。
朝、6時過ぎに麓の河口湖で食事をして8時過ぎに河口湖口から登り始めた。今日は天気もよく、山頂まできれいに見渡すことができたが、これがすごいプレッシャーになる。山頂は常に見えるが、歩けどもなかなか近づいてはこないので。。。
高山病などの兆候もなく、何とか無事に登れたが、8合目辺りを越したくらいから息は続かないし、足が上がらなくて、休憩の連続。。(^^;
あと、9月に入っているので、想像してたほど山小屋などでも混雑しておらず、ゆったりと登れた。
また、このコースの場合、登りも大変だが、下りのほうがきつい!
下りは「ざれ場」を九十九折に下りて行くが、登りで体力を使い果たしているので、踏ん張りがきかず、何度か転んでしまった。延々と続くただ下るだけの道では気が遠くなりそうだった。そして6合目辺りまで下ってくると高低差がなく横にスライドするような形で2kmくらい歩かされますが、これもシンドイ。。。
今回は、体力をなさを想いっきり痛感させられた。。(^^;
あと、いらない荷物を持ちすぎ。やはり、長時間歩くので荷物の軽量化は必須かもしれない。一緒に登った方でヒップバックを使っていた人もいたが反省点だった。
一緒に登った5年生は登りで携帯酸素も使い切って、本当に辛そうでだったが、下りでは普通のペースに戻っていた(と言うより走っていた?)。やはり、子供の方が体力があるのだな。

子供と一緒に富士山を登るなら、日帰りでなく、8合目あたりの山小屋で一泊し、ご来光を見て山頂を目指すというのが理想的かなと思った。



駐車場からみた山頂付近。ここから登ります(8:10)

あんなところまで日帰りで行ってこれるのか(^_^;

五合目が満車なので、700m下の駐車場からスタート

馬で7合目行けるらしい。でも、すごい高かった。

全員、杖を持って気合が入ります。。

やっと登山口。これから登るぞ!

しばらくはなだらかな道が続きます

右側に山中湖がきれいに見えました。

河口湖方面
。右側のが三ツ峠山?

ここからは遥かかなたに山頂が見えます。

吉田口登山道入口
だんだん、山道らしくなってきました。それにしても外人さんが多いです。

向かう先に山頂が!それにしても遠い!!
↑ロールオーバーすると8合目あたりのアップが表示されます

河口湖方面。

しばらくはこんなザレ場を行きます。

7合目到着。霧もあって、涼しかった。

外人さんが多く、皆さんパワフルでガンガン登って行きます。

8合目、太子館にて、標高3,000m突破。
高山病が心配でこまめに大きく呼吸をとるようにしました。

ザレ場の連続でだんだん足が上がらなくなってきた。

8合目あたりは山小屋が続くので、その都度、休憩をはさみました。

8合目を過ぎたあたりから岩場の連続。でもザレ場よりも
こちらの方が楽でした。

九十九折に登って行きますが、
いいかげん、いやになってきます。(^_^;

やっと9合目と山頂の鳥居が見えました。
ここまでくればあと少しの踏ん張りです。

↑ロールオーバーすると山頂の鳥居が表示されます

やっと山頂に到着!(13:30)

山頂では風はなかったけど、寒くて上着を着ました。

近所の子供と一緒に記念写真

大日岳(朝日岳)。最高地点と勘違いしてしまった。
でも、これ以上、上がれる余力はありませんでした。。。

火口に行ってみました。

こあれが富士山の最高地点(3,776m)
行きたかったが、最早、そんな体力は残っていなかった。。

火口の下は、こんな感じ。

山頂まで来てしまうと、それ以上は登ろうという
意志はなくなり、お鉢巡りも諦めました。

これから下ります。(14:00)
↑ロールオーバーすると山小屋アップが表示されます

霧が出てきました。こんなザレ場を下って
行きますが、これが本当に辛い。。。

下り始めて直ぐに山頂は見えなくなりました。
↑ロールオーバーすると下界が。。何も見えません。

こんな下りが九十九折に延々と続きます。
あと、途中で須走口との分岐があり間違いやすいので要注意。

この辺りでは膝に力が入らず、転んでばかりでした。