■ 御前山(ごぜんやま) (東京都 標高:1,405m) 戻 る

日 程 2005年5月8日(日) 天気:晴れ 気温:17℃くらい
コース 出発(6:00)→奥多摩湖駐車場(7:20)→小河内ダム(7:30)→登山口→サス沢山(8:30)→惣岳山(8:47)→御前山(10:50 昼食)→御前山非難小屋(11:52)→栃寄大滝(12:47)→登山口→境橋バス停(13:10)→(西東京バス)→奥多摩湖→自宅(16:15)
駐車場 奥多摩湖駐車場:この時間はほとんどがら空きでした。
その後

もえぎの湯(西多摩郡・東京) に行ってきました。
奥多摩は、観光客や登山客が多いが、それに見合うだけの温泉施設がないように思える。ここも、それほど、広いところではないが、人が多すぎた。団体の登山客や観光客でいっぱいだった。洗い場もみんなが待っている状態だった。
お客が多い場合の対策として、外に待合所まであった。
あと、風呂上りのいつもの楽しみとして、子どもと一緒にビンのコーヒー牛乳を飲むのが習慣になっているが、それがなかった。残念!休憩所はレストラン兼用になっていて、レストランを利用しない客は利用しづらいものがあった。中でゆっくり休むことは望めそうもなかった。

参 考 西東京バス 時刻表

今回は奥多摩方面の川苔山か御前山で、楽かもしれないという基準で御前山を選択。
駐車場から小河内ダムの堰堤を渡りきったところに登山口があるが、駐車場には登山客は見当たらず、山の方も途中からガスっているようで、見渡しも悪く肌寒くもあった。
登山口を過ぎると、いきない熊注意の看板とスズメバチの襲撃されたという注意書きと遭遇!出だしからちょっとビビリモード。

 登りは急坂の連続で、結構きつかったが晴れ間も現れて、サス沢山からの展望は大菩薩嶺などが見渡せた。
惣岳山の手前の大ブナの尾根も急坂の連続で、滑りやすかったが、新緑の中、なかなか気持ちが良かった。ただし、頭の周りを飛び回るハエ達には閉口したが。。
 惣岳山の山頂は展望もなく、相変わらずハエが飛び回って、うるさかったので、早速、御前山山頂へ向かった。ほどなく山頂に到着したが、雲が出てきたため、楽しみにしていた富士山の展望も含め、周りの山もほとんど見ることができなかった。
 また、先月のカタクリが咲いている頃であれば、ハイカーも多かったとと思われるが、この日は山頂にも3組くらいの登山客しかいなかった。
寒かったので、昼食も早々に済ませ、先を急いだ。
ちなみに昼食はもちろん、恒例の「ローソンの高級おにぎり」とカップヌードル!
 御前山非難小屋には直ぐにたどり着き、中を覗くと登山客がお食事中だった。下りのほうは道がきちんと整備されており、所々に案内板があるので迷う心配はないと感じた。
途中から林道に出て、しばらく行くと休憩所があり、ここから林道と沢沿いの山道と2手に分かれる。沢沿いの道を行くとすぐに「栃寄大滝」があり、この沢沿いの道が途中、わさび田や滝などがあって、爽やかで気持ちが良かった。

 最後は林道に出て境橋のバス停まで向かう。バス停からバスに乗り駐車場まで戻るが、このバスは1時間に2本程度しかなく、時間に合うよう、少し小走りぎみに急いだ。おかげで何とか間に間に合ったが、このような山間部ではバスも遅れてくるだろうと楽観視していたところ、時間にピッタリに来たときには、子どもと二人で「おおっ!すごい!!」と驚きの声があがった。

 ただ、このバス停は橋の途中にあって、下に流れている川までかなりの落差がありかなり怖い!おまけに風も強かったので、バスを待つ10数分間は高所恐怖症の私はほとんど動けなかった。

以上、全体的に道が整備されており、案内標識も所々に出ているので、安心して歩けた。



小河内ダムからスタート。御前山はガスって見えない(7:35)

堰堤を渡りきった広場。登山口は階段の奥

登山口までたどり着きました。左側は熊注意の看板(7:45)

これから稜線へ出ます。(7:50)

右側の紙は「すずめばち注意!」怖っ

ロープが何箇所にあり、やせ尾根の急登が続きます。

↑ロールオーバーすると拡大します。
サス沢山(940m)からの展望。(8:47)
左の方に大菩薩嶺が見えます。

↑ロールオーバーすると写真の右部分にある
カメラのようなものが見えます。
サス沢山の山頂にて

うっそうとした山道になります。

こんな感じの尾根を行きます。

ナラやブナの雑木林に行きます。

防火帯に出て道が開け、新緑の中、気持ちが良いです。(9:30)

↑ロールオーバーすると上からの見下ろしになります。
このあたりから惣岳山への急登りが続き、滑りやすい

惣岳山(1,341m)山頂にて(10:00)
御前山まであと600m

惣岳山をちょっと下って、前方に御前山に見えます

体験の森(奥多摩境)コースへの分岐(10:00)

こちらが体験の森方面

こちらが御前山方面
4月くらいだとこのあたりもカタクリが咲いているようだ。

こんなガレ場もあります。

途中のベンチにて休憩(10:18)

山頂までもう少し

山頂到着。登山客はまばらです。

山頂にて(10:25)
このときは曇って、展望が悪く富士山が見れなかった。

下りも道が整備されてます。

左奥が御岳山までの道(11:00)
こちらは左手前の境へ向かいます。

御前山非難小屋にて(11:02)
水場とトイレがあります。

こんな道を下って行きます。
途中、急坂もあって、滑りやすいので、注意が必要

林道との出合い(11:48)

しばらく行くと舗装路となり、トチノキ広場に出る(12:04)

ここから林道と沢沿いの道と分かれます(12:08)
階段を下りてゆくと沢沿いの道へ

沢沿いの道に入ってすぐに栃寄大滝が見えます(12:10)

トチ(?)の大木などの原生林のようなところを
沢沿いに下ります。

何箇所か沢をわたります。
この時期に所々、水は流れていなかった。

こんな道を下って行きます。

だいぶ、下ってくるとわさび田が所々現れます。

ここが逆側からの登山口。(12:52)

ここからは林道をバス停まで下ります。

ゴールしました。(13:09)
境橋バス停はその名のとおり橋の上にあります。

これがバス停から見下ろしたところ。
風もあって、非常に怖かった。

バスで奥多摩湖まで戻ってきました。(13:30)
今度は御前山がよく見えます。

■途中で見かけた花たち