■ 日和田山・物見山 (埼玉県 標高:375m) 戻 る

日 程 2005年9月19日(月) 天気:晴れ
コース 出発(11:00)→駐車場(11:50)→日和田山登山口(12:00)→金毘羅神社前鳥居(12:35)→昼食→日和田山(13:00)→高指山・NTT無線局(13:30)→駒高(13:40)→物見山(13:55)→駐車場(14:30)→自宅
駐車場 日和田山登山口側有料駐車場 500円/日(周りに臨時駐車場が結構ありました)
その後 ふるさとの湯 に行ってきました。
ここは前々から行ってみようと思っていたところ。中は広くて結構空いてたので、のんびりと浸かれた。洗い場も多く、露天風呂やサウナ、塩サウナ、ジャグジーなど種類も多く、なかなか良かった。。塩サウナ、塩は100円で購入可能とか。お風呂に入ってから気づいた。残念、やってみたかったな。
参 考 埼玉県日高市には他にもいろいろな観光スポットがあります。

1日全く予定がなかったので、急遽、山登りに決まった。昼近い時間だったが、そんな時間から登れる山はここしかないということで、前から登ってみようと考えていた日和田山に行くことにした。
前回が富士山だったのでギャップが大きいが、我が家からだと40分程度で行けるのでお手軽。ただ、近くに巾着田というところがあり、この時期、曼珠沙華が満開になる時期にあたるので、駐車場は止められないかなと心配だったが、臨時の駐車場も多く登山口の近くに停められた。ちなみに曼珠沙華は来週(9/24・25)あたりが満開になるとか。結構見もの。
今回は日和田山だけだと距離がないので、その奥の物見山も行ってきた。登って下りてきて2時間半弱、ほどよく楽しめた。
所々に案内がしっかりあって、悩まずに歩きやすかった。
その後、近くの聖天院(出世・開運)に行ってみた。



駐車場から登山口へ向かうところ(11:55)

看板の所が登山口。
右側は駐車場
こんな近くにもあったとは!

こんな感じで最初から、結構、急です。

最初の鳥居。この先が男坂・女坂の分岐

坂の分岐。ここは左の男坂を目指します。

しばらくはなだらかな道が続きます

水場がありました。水が冷たくて気持ちがよかった。

三点支持で慎重に登って行きます。

なかなか急ですが、所々に目印が書いてあるので、
コースが分かりやすい。

男坂、それほど長いわけではないが、
なかなかの岩場です。

一気に登って、高度を上げます。

男坂。最後のひと踏ん張りです。

男坂が終わって、鳥居まで来ると急に展望が開けます。
↑ロールオーバーすると巾着田アップ

日和田山山頂手前の鳥居にて(12:30)

金毘羅神社前にて昼食タイム
いっぱい人がいました。

日和田山頂
宝篋印塔(ほうきょういんとう)にて←1725年建立とか

日和田山山頂にて。
金毘羅神社から5分くらいのところにあります。

日和田山からの展望。

しばらくゆるやかなアップダウンが続きます

途中の分岐。ここを右に行きます。

またまた分岐。ここから左に向かいます。
犬に出会いました。ちょっと、疲れているようでした。

高指山。NTT無線中継局。

高指山からしばらく舗装された道を行きます。

民家がありました。途中に休憩所の前に売店もあって、
無性にアイスが食べたくなりましたが、とりあえず我慢

途中にちょっと独特な休憩所があります。
トイレもあってなかなかしっかりしている。

休憩所を過ぎると、すぐ右手に物見山方面の分岐があります。

途中にほこらがありました。

北向地蔵方面との分岐、ここを右に行くと物見山はすぐです。

物見山山頂が見えた。

物見山山頂。(13:50)ちょっと疲れました。
↑ロールオーバーすると山頂からの展望

ここから最後まで、林道を歩きます。

最初の分岐を右に下ってゆきます。

こんな林道をたんたんと下ってゆきます。
車の通りもほとんどなく快適!

途中で振り向く高指山のアンテナがあんな高いところに。

のどかな里山を下ってゆきます。

帰りに近くの聖天院に寄ってきました。