■ 谷川岳 (群馬県 標高:1,977m 日本百名山) 戻 る

日 程 2005年11月5日(土) 天気:霧のち晴れ
コース 出発(5:40)→ロープウェイ駐車場(7:15)→天神平駅−(リフト)→天神峠(8:00)→熊穴沢非難小屋(8:43)→天狗の留まり場(9:13)→ザンゲ岩(9:38)→肩ノ小屋(9:57)→トマの耳(10:08)→オキの耳(10:30)→肩ノ小屋(昼食)(11:08-11:52)→天狗の泊まり岩(12:21)→熊穴非難小屋(12:52)→天神平駅(13:28)−車→一の倉沢出合→自宅
コース図はこちら→
駐車場 谷川岳屋内駐車場 500円/日
時期的に紅葉も終わりに差し掛かっていたようなので、7時くらいでは駐車場も空いており、待つこともなく立体駐車場の1Fに停められた。
その後 湯テルメ谷川 に行ってきました。
谷川岳に行った時には、是非、行こうと思っていた。脱衣所や休憩所は広くはないが、温泉は良かった。広い露天風呂もあって、外気は冷たいが、露天風呂は気持ちが良かった。2時半くらいに入ったのだが、3時すぎには駐車場もいっぱいで、すごく混雑してきた。
有名なだけにここに寄る場合には、早い時間帯にしたほうが良さそうだ。
参 考 楽して谷川岳を登る場合、谷川岳ロープウェイ(9月から新しくなりました)を使うとよいです。
水上観光協会

ここは以前より、行ってみたかったところ。先月に雪が降り出したらしいので、ちょっと心配だったが、晴れが続いているし、思い切って行ってみた。
水上ICを下りると、山の上の方は霧が掛かっているが、麓は概ね晴れている。山頂につく頃には霧も晴れてくれるだろうかと期待しながら、ロープウェイの土合口駅に到着。この時間帯はまだ混んでいなかったのでラッキー。22人乗りのロープウェイに子供と2人だけで貸しきり状態。(^_^)
ロープウェイとリフトを乗り継いで、天神峠へ一気に上って行く。天神峠は標高1,500m程度あり、しかも風が強くて超寒い。でも、まあ、歩き出せばすぐに暖かくなるだろうと、早速、谷川岳山頂まで向かった。
 熊穴沢非難小屋を過ぎたあたりから急登になり、しかも霧も掛かっていて前がよく見えない。でも、このあたりまでくれば山頂までの距離は残り少なく、ほどなくして肩ノ小屋へ到着。少し休もうかと思ったが風が強くて寒いので、とりあえず山頂まで行ってきてから昼食にしようということで、そのまま山頂まで向かった。谷川岳は双耳峰といってトマの耳(1,963m)とオキの耳(1,977m)という2つのピーク(山頂)があり、オキの耳が谷川岳の山頂ということになっているようだ。山頂でも風が強くて寒いし、霧で展望も望めなかったので、2つのピークで写真を撮って早々に肩ノ小屋まで退散。
肩ノ小屋の横で昼食を取っていると、突然、霧も晴れて晴天になってきた。
 ここからトマの耳までは直ぐなので、引き返そうかと思ったが諦めた。晴れるのが、もう1時間早ければ。。。
昼食を取って十分休んだ後、登ってきた天神尾根を天神平駅まで下り、ロープウェイに乗った。
 この時期、紅葉もほとんど終わったような状態で、しかも寒いからか思っていたほど登山客や観光客はおらず、ロープウェイも待たずに乗れた。このロープウェイ9月にできたばかりとかできれいで快適。

 そして、最後は車で一の倉沢を見に行ってきた。ここは「魔の山」として有名なところ。谷川岳は登山による死者の数が700名を数え、世界一と言われているが、すごい迫力だった。圧倒的な存在感だ。これだけの岩場であれば、多くのクライマーを魅了してやまないものがあるのだろう。



22人ロープウェイが貸切状態

新型ロープウェイ「フニテル」
(名前の由来がよく分かりませんが。。。)

天神峠から谷川岳山頂方面。山頂部はガスの中

天神峠にて(8:00)

谷川岳山頂まで天神尾根を歩いてゆきます。

しばらくはこんな道が続きます

天神尾根場南西のヒゴウ沢方面
↑ロールオーバーすると拡大します。

しばらくは尾根道が続きます。

木道もあって歩きやすい。

最初のクサリ場。くさりが重くて使いづらかった。

熊穴沢非難小屋に到着です。(8:43)

小屋を過ぎると急登がしばらく続きます。

ここらで一気に高度を稼ぎます。

熊穴沢非難小屋からかなり登ってきました。(9:03)
↑ロールオーバーすると拡大します。

天神峠方面。右側の一番高いところが
リストを下りたところです。

山頂方面。霧が掛かっていて見えません。

まだまだ、登ってゆきます。

天狗の留まり岩で(9:16)

天神ザンゲ岩にて(9:40)

ここまでくれば、肩ノ小屋まですぐだが、
ガスの中で上の方が良く見えない。

肩ノ小屋に到着。風が強かったので休まずそのまま山頂へ
周りの展望はまるでなし。何も見えない。(9:57)

トマの耳に到着。ガスの中、展望がまったくありません。(10:08)

さあ、これから谷川岳山頂の「オキの耳」へ向かいます。
ここからは15分程度で行けます。

オキの耳にて。上空はガスも少し晴れてきて、トマの耳が見えた。
↑ロールオーバーすると拡大します。

オキの耳にて。こちらが谷川岳山頂(10:30)
風が強くて寒かった。

トマの耳とオキの耳のコル部分。両側が
えぐれていてキレ落ちています。

コルから東側にマチガ沢が見えます。
かなりの高度感があります。

あの岩の向こう側が一の倉沢なのだろうか。

ガスが少し晴れて、西黒尾根がきれいに見えてきました。
今後はこの尾根を登ってみたいな。

だいぶガスも晴れてはきましたが、相変わらず寒い。


トマの耳とオキの耳のコルから「トマの耳」方面」

トマの耳とオキの耳のコルから「オキの耳」方面

トマの耳から肩ノ小屋方面(11:07)
登りの時とは違って、霧も晴れて着ました。

肩ノ小屋から西方面。右ピークが「オゾカ沢ノ頭」で左ピークが
「川棚の頭」。右端の雲が掛かっているのが、万太郎山

熊穴沢小屋方面。ザンゲ岩や天狗の留まり岩が見えます。

ここで昼食。想像したほど、登山客はいなかった。(11:38)

肩ノ小屋からトマの耳方面。晴天になってしまった。
展望が良さそうだから、戻ればよかったな。

さあ、これから下ります。(11:51) ↑ロールオーバーすると
これから向かうロープウェイの天神平駅が見えます。

登りの時とは違って、完璧な晴天です。

花はさすがに咲いてなかったけど、こんな実がありました。

天狗の留まり岩にて。(12:21)

こんな下りばかりで、足に疲れが。。。

ロープを使って慎重に!

のんびりと下って、熊穴沢非難小屋へ(12:52)
ここからは楽になります。

ちょっとトラバースぎみに天神平駅に向かいます。

一番奥に笠ケ岳が見えました。

西黒尾根。下りている人が見えました。
↑ロールオーバーすると拡大します。

あとはこんな木道を歩いてゆくだけです。。

登ってきた谷川岳山頂がはっきりと見えます。

↑ロールオーバーすると拡大します。

右に行くとリフトの天神峠駅で、右がロープウェイの天神平駅。(13:14)

田尻尾根との分岐。(13:21)

天神平駅から谷川岳の展望(13:28)
左側のピークがトマの耳。右側がオキの耳。

一の倉沢出合に来ました。駐車場があり、一の倉の説明

一の倉の全景。圧倒的な存在感で迫力がありました。