■ 蕨山(わらびやま) (埼玉県 標高:1,044m) 戻 る

日 程 2005年4月17日(日) 天気:晴れ 気温:15℃くらい
コース 出発(6:30)→河又駐車場(7:45)→河又バス停(8:17)→(国際航業バス)→名郷バス停(8:30)
→登山口(8:47)→山頂(10:50 昼食)→藤棚山(11:52)→大ヨケノ頭(12:47)→小ヨケノ頭→金毘羅神社跡→河又駐車場(14:00)→自宅(16:30)
駐車場 「さわらびの湯」バス停付近。ここは広くてこの時間帯は空いてました。
その後

さわらびの湯(名栗村・埼玉県) に行ってきました。
ここは今回で3回目。

参 考 国際興業バス 時刻表

2005年初の山登り。なるべく近場でこの山をチョイス。
今回は駐車場に車を止め、そこからバスを利用して登山口近くまで向かう。
名郷でバスを降り、バス停から林道を少し歩いて行くと登山口にたどり着く。登山口からは薄暗い杉の植林を登って行き、しらばらくすると尾根に出て展望も開けてくる。
尾根では展望がよく、新緑の中、3くらい小ピークを越えると山頂に到達するが、結構、急できついところもあった。
山頂手前には分岐があり、右側へ行くと植林帯の中に蕨山山頂の三角点があるが、ここは展望がなかった。
また、もどって分岐を右に行くと展望が開けたもうひとつの蕨山山頂がある。こちらの方が標高は低いが蕨山の山頂というと、一般的にはこちらを指すようだ。こちらには展望指示盤やベンチがあり、それなりに人が休憩していた。

山頂では恒例の「ローソンの高級おにぎり」とカップヌードルを食して、コーヒーを飲んで。。。これが最高なんだな!

さて、次は下り。山頂からいきなり急な下りとなるが、あとはなだらかな尾根道が河又バス停まで延々と7kmほど続く。
途中、いくつかの小ピークを越し、金毘羅神社跡を過ぎあたりから、杉の植林が増え、かつ急な下り(これが足に堪えた。)となって、河又駐車場に到着。

以上、今回はかなり長い尾根道の下りであったが、見晴らしも良く、かなりのんびりとしたペースで楽しめた。



遠くに見える白い煙突みたいのが「さわらびの湯」

さわらびの湯バス停。この辺一体が駐車場です。

杉林のもやが花粉に見えます!

っていうか花粉だろ?

河原ではさくらが咲いていて綺麗でした。

名郷バス停付近。ここから登山口まで林道が続きます

周りは杉ばかりなのに花粉の症状はでませんでした。

やっと登山口にたどり着きました。

蕨山まで2.6km。ここから山道です。(8:47)

けっこう傾斜がきついです。

すでに疲れが入ってきました。

やっと尾根に出られました。蕨山まで1.7km(9:22)

だいぶ明るく見通しも良くなってきました。

まだまだ傾斜がきついです。

遠くに見えるのが伊豆が岳かな?

ミツバツツジが所々で咲いていました。きれいでした。

恒例の↑ロールオーバーすると拡大します

唯一のくさり場(ロープ)

かなりきついです。

2〜3くらいの小ピークを超え、山頂もあとわずか

分岐までたどり着きました。(10:33)

蕨山には2つの山頂があって、こちらが高い方ですが、
目だたない所にあります。(1,044m)

看板もこんな感じでした。
展望もありませんでした。(10:38)

ちょっと一休み

左側が大持山で、右側が武川岳、
大持山の右斜面にちょこっと武甲山かな?

先ほどの分岐を右に行くともうひとつの山頂。
こちらが展望もよく正式な蕨山山頂とされている(10:52)

これから下ります。河又バス停まで7kmくらい
尾根道を行きます。

展望もよく、こんな感じの緩やか尾根道が続きます。

しばらく行くとちょっと登りがあって、
藤棚山に着きました。(11:52)

こちらの山は棒ノ折山かな?

ここ斜面、かなり下まで見えるので、ここの巻き道渡るのは
ちょっと怖いものがありました。

↑ロールオーバーすると拡大します
これって、シロヤシオですかね?

ちょっと登って、大ヨケの頭にたどり着きました(12:27)

ミツバツツジ。きれいです。

高度が下がってきて、杉の植林が多くなってきました。

途中、右手が大きく開けたところがあって、
名栗湖もよく見えるます。

真ん中に見える白谷沢の渓流に沿うゴルジェ帯を
伝って棒ノ折山に登ったのが懐かしいです。

河又バス停が見えてきました。

やっと、駐車場までたどり着きました。(14:00)