日光白根山 標高2,578m
日 程
2006年6月4日(日) 天気:晴れのちくもり
所在地
群馬県利根郡片品村
コース
出発(7:00)→駐車場(9:00)→(ロープウェイ)→山頂駅(9:20)→七色平分岐→白根山南峰(昼食)→白根山山頂→弥陀ヶ池・座禅山方面分岐(休憩)→血の池地獄→山頂駅(14:15)→駐車場(14:35)→自宅
コース図
 地図はこちら→
駐車場
丸沼高原スキー場の広大な駐車場に止められるので、いつ行っても満車になることはないと思います。
温泉他
白根温泉 薬師之湯に行ってきました。ここは露天も広くて、お湯もかけ流しです。空いてましたのでのんびりできました。
リンク

山行記

今回は本来であれば「両神山」へ行く予定で、朝4時に起きるつもりが、おもいっきり朝寝坊してしまった。
 目が覚めたのが6時すぎ。両神山の場合、1,000m以上の標高差があるので歩行に時間が掛かるし、駐車場も少ないので諦めた。
 どこへ行こうか悩んだところ、以前、地形図を買って行けなかった日光白根山に決めた。 標高は2,500m以上あるがロープウェイで2,000mまで登れるので、それほど疲れないだろうと考えたが、関東以北で一番高い山だけあって、残雪も多くやはり疲れた。(^^;
 だけど、山頂は高度感もあって気持ちが良く、360度見渡すことができ、景色は最高!
残雪が多くて、期待していた花はあまり咲いていなかったが、 白根山に咲くことから名前の由来となった「シラネアオイ」をカメラに収めることができた。
 途中、血の池地獄というのがあった。ちょうど先週、大分の別府でも「地の池地獄」という、まさに血の色にそまった温泉の湧出池を見たので、 比較をしてみたく立ち寄ってみたが、かなり別物だった(^_^;)
こちらの血の池地獄は手に触れると赤く染まり、しばらくとれないような言い伝えがあると看板に書いてあったが、ちょっと気持ちが悪いので試せなかった(^_^;)
それにしても、久しぶりの山の中は気持ちがいいし、来た甲斐があった。

アルバム

ロープウェイの山麓駅です
前方のロープウェイにて2,000mまで上がります
駐車場の全景。かなり広いです
駐車場の全景。ガラガラだった。
ロープウェイから丸沼、燧ケ岳がよく見えます
手前に見えるのが丸沼。
真ん中、奥にちょこっと見えるのが燧ケ岳(百名山)。
ロープウェイ山頂駅からの日光白根山。山頂部は3つのピークがあります
ロープウェイ山頂駅からの日光白根山。3つのピークが
あります。↑ロールオーバーすると山頂部の拡大。
二荒山神社鳥居
鳥居のところが登山口。
さあ、気合を入れるぞ!
鳥居を過ぎてすぐ二荒山神社が左手にあります
左手にニ荒山神社があります。
このあたりは観光客も多いです。
高山植物を鹿の食害から防ぐため柵があります
手前側に植えてある高山植物を鹿の食害から
保護するための柵と扉。この先へ向かいます。
しばらくは一般の遊歩道になっており広くて歩きやすい
しばらくは一般の遊歩道になっており、
道も整備され広くて歩きやすいです。
不動岩分岐まで来ました。このまま、まっすぐ進みます。
不動岩分岐。このまま、まっすぐ進みます。
それにしても、山の空気は気持ちいい!
だんだんと山道らしくなってきました
だんだんと山道らしくなってきました。

進みだすと残雪が多くなってきました
進みだすと残雪が多くなってきた。
七色平との分岐、このあたりまで来ると残雪だらけです
歩き出して30分。このあたりまでは遊歩道ですが、
こんなところまで歩いてくる観光客はいないみたいです^^;
このあたりから残雪の上、急登となります
さあ、ここから急登です。雪の上をしばらく登ってゆきます。
大日如来さま。ここで無事を祈ります
大日如来さま。ここでお賽銭を入れ、無事を祈ります。
緑の中、本当に気持ちがいいです
いや〜、本当に気持ちいいです。
山道が続きます
左側も一応コースでしたが、立ち入り禁止になっており、
大きく迂回して登ってゆきます。
このあたりが一番しんどいです
このあたりがしんどかった。
このあたりが登りで一番きつかった
後ろを歩いていた人たち。
急な斜面が分かりますか?
森林限界を突破。山頂部が見えてきました
森林限界を突破し、山頂部も見えてきました。
展望も開けてきて、至仏山や武尊山も見えます
展望も開けてきました。
武尊山・至仏山など百名山がよく見えます。
ザレ場で滑りやすくなってきました。
ザレ場になってきました。このようなところは
滑りやすく歩きにくいです。
あと少しで山頂です
あと、もう少しの辛抱だ。
後ろから20名くらいの団体さんが登ってきました
振り返ると、20名くらいの団体さんが登って来ていた。
最初のピークに着きました。二荒山神社奥宮があります
山頂部はいつくかのピークがありますが、
ここは手前のピーク。奥宮がありました。
東へ目を向けると男体山が見えます
東の方へ目を向けると男体山(百名山)が見えます。
右側の湖は中禅寺湖。
2番目のピークが見えます。そこが山頂です
手前のピークから下って登ったところが日光白根山山頂
写真に写っているのは、真ん中のピーク
日光白根山山頂に到着
日光白根山山頂に到着(2,578m)
山頂部は狭いけど、360度見渡せます
山頂部はとても狭いですが、360度見渡せます。
五色沼が見えます
直ぐ横が断崖になっていて、下のほうに
神秘的な五色沼が見えました。
3つ目のピーク
手前に移っているのが、3つ目のピーク。あそこへ行くのに
またまた、急な下りと登りを繰り返します。
弥陀ケ池が見えます
3つめのピークに到達しました。手前の池が弥陀ケ池。
すごい高度感です。
女子高生の団体さんとすれ違いました。
女子高生の林間学校か何かでしょうか。
100人くらい?とすれ違いました。みんな気合が入ってました。
ロープウェイの山頂駅がかなたに見えます
真ん中にロープウェイ山頂駅が見えます。
↑ロールオーバーすると拡大。
燧ケ岳がきれいに見えます
燧ケ岳がきれいに見えました。
さあ、これから一気に下ります
女子高生たちがどんどん登ってきますが、
こちらは一気に下ってゆきます。
振り返るとだいぶ下ってきました
振り返ると、だいぶ下ってきました。
こちらもザレ場で滑りやすいです
淡々と下ってゆきますが、ザレ場になっていて
滑りやすいです。
会津駒ケ岳かな
先に見えるのは会津駒ケ岳(百名山)かな。

まだまだ下ってゆきます
まだまだ下りって行きます。
弥陀ケ池まで下りてきました。
弥陀ケ池まで下りてきました。
このあたりから残雪が多くなります
このあたりから雪の斜面を下りますが、キックステップで
踵から踏みつけるように慎重に下ります。
軽アイゼンくらい必要かな
軽アイゼンくらいあればよかったかな。
血の池地獄に立ち寄りました
血の池地獄に立ち寄ってみました。
左側がそれでした。
あとは遊歩道をあるくだけです
さあ、あとは遊歩道を歩いてゆきます。
山頂駅に到着しました
山頂駅へ到着しました。写真では見づらいですが、
下の方からガスってきてます。
下りのロープウェイにて。ガスって何も見えなくなりました
こちらは下りのロープウェイにて。もう、何も見えません。
1時間くらい遅れていたら、こんな状況の中を
彷徨っていたかもしれませんでした。

途中で見かけた花たち

画像をクリックすると拡大表示されます

ショウジョウバカマ

シラネアオイ

????