武甲山 標高1,304m
日 程
2006年3月26日(日) 天気:くもり
所在地
埼玉県横瀬町
コース
出発(5:30)→駐車場(6:50)→二ノ鳥居(6:55)→登山口(7:22)→不動滝(7:30)→ 大杉広場(8:03)→肩の十字路(休憩)(8:40)→武甲山山頂(昼食)(8:49-9:35)→大杉広場(10:03)→登山口(10:40)→駐車場(10:59)→自宅
コース図
 地図はこちら→
駐車場
生川 ニノ鳥居付近 R299から芦ヶ久保を過ぎ、根古橋を渡った交差点を左に入り、生川登山口、一丁目の鳥居付近の空き地に停めた。7:00時前に到着した時には先に1台が停まっていたが、帰りは鳥居の前後で10台ほど、空いたスペースに停められていた。
温泉他
秩父湯元 武甲温泉に行ってきました。ここは広くて清潔で、お湯もかけ流しです。ついつい長湯をしてしまいました。
リンク

山行記

奥武蔵の盟主と呼ばれている信仰の山である「武甲山」へ行ってきた。
この山は石灰岩の山である。 採掘のため露天堀りに削られ、現在もこの山はどんどん姿を変えている。そのため、以前は1,336mだった標高も、1,304mと30m程度低くなっているとのこと。山肌も採掘が進み痛ましい姿になっているが、それでも堂々たる風格と威厳があった。
 今回はマイカーで行ける一番楽なコースで知られる生川から山頂への往復。この山は昔からの信仰が深いところで、山頂には御嶽神社があり、このコースは参道にあたる。最初に鳥居があって、そこから「丁目」という古い石標が所々にあり、山頂の御嶽神社が五十二丁目になる。まずは車を鳥居を過ぎたところに停め、鳥居まで戻ってから歩き始めた。
 この鳥居がなかなかの見もので狛犬が4体置いてあって、狼のような形をしている。その昔、この辺り にも狼が出没していたのだろうか。しかし、この狛犬はなかなかリアルだ。
 さて、歩き始めは釣堀跡などを通り、しばらく沢沿いにコンクリートで舗装された道を行くと山道に入る。結構、傾斜があって、ここだけでそれなりに疲れたが、十五丁目あたりから登山口があって山道になる。この「丁目」という石標はだけで山頂までのおおよその目安が分かるし、子供はあといくつクリアすると山頂だ!と励みにしていた。
 十五丁目あたりからは沢から離れて杉林の中を延々と登って行く。1,000mくらいを越えたあたりから杉の大木が姿を現す。それにしても樹齢はどのくらいなのだろうか。胴回りは5m以上はありそうな気がするが。
このあたりから道も日が当たらず、かなりぬかるんでおり、どろどろになりながらも登ってゆくと、参道か階段を行くかの2つに分かれる。
今回はペースもよく、それほど疲れてはいなかったので、階段の方へ向かってみた。しばらく行くと階段が登場し、想定していたがきつい登り(300段程度だったか?)だった。。
途中で野生の鹿を発見した。2匹で行動していたが、その後も何度か遇った。
そして、階段をクリアして5分くらいで山頂に到着。
天気が曇りで、靄がかかったような状態のため、展望はあまり良くなかった。晴れていれば秩父の町の展望がさぞかし良いものだろうと期待していただけに少し残念。しかし、北面を見下ろすと見事に削られていて山肌が露出しており、どんどん薄っぺらになり、ますます形が崩れてしまうのではという懸念を抱いてしまった。
山頂では少し早かったが、食事し参道を下っていった。途中で多くのハイカーとすれ違ったが、さすがに有名な山だけのことはある。
今回は休みを入れても登ってから下りてくるまで4時間程度で少々物足りなさも感じたが、全体的になだらかで登り易かった。

アルバム

近くから見る武甲山
R299を曲がり登山口に向かう道上からの武甲山
麓にあるセメント工場
途中でセメント工場を通りますが、まるで宇宙基地のよう(^_^;)
ニノ鳥居にて
二ノ鳥居にて。狛犬が4体あります。
鳥居をくぐった所に駐車しました。

4体の狛犬のうち手前側の狛犬(狼みたい)
↑ロールオーバーすると逆側の狛犬になります。
駐車場
鳥居をくぐった先に5〜6台程度停められるスペースが
あって、うちより先に1台停められてました。
歩き始めは生川沿いに歩きます
歩き始めは生川沿いに行きます。
しばらくは林道を行きます
しばらくはこんな林道を行きます。
丁目の指導票
これが「丁目」の石標で、五十二丁目まで続きます。
これは三丁目。
釣堀跡地にて
しばらく行くと釣堀跡地を通ります。
登山届のポストがあります
登山届のポストがあり、登山届の用紙とボールペンが
設置してありますので、その場で書けます。
時間も早く肌寒いです
まだ、時間も早く、結構肌寒いです。
十五丁目までは林道を行きます
十五丁目あたりまで、こんな林道が続きますが、
結構、傾斜があって疲れます。。
登山口があって、ここから山道です
十五丁目あたりで舗装された林道から山道を行きます。(7:22)
山道にて
しばらくはこんな道を行きます。
しばらく行くと不動の滝があります
不動の滝にて。落差は10m程度か?
滝つぼのところが水場になってます。(7:30)
不動滝の側には不動尊が奉れてます
不動滝の側で不動尊が奉られてました。
武甲山御岳神社の碑が立っています
「武甲山御岳神社」という碑が立ってましたが
至る所で信仰の深さを感じさせます。(7:34)
杉の中を登ってゆきます
杉の中をたんたんと登ってゆきます。
ここにも祠のようなものがありました。
標高が上がるについて雰囲気が変わってきました
標高が上がるにつれて周りの雰囲気も
変わってきました。
三十二丁目の石碑にて
三十二丁目の石碑にて。(7:58)

大杉の広場にて。(8:03)手前にあるのは、ここから山頂まで60分の看板。↑ロールオーバーするとここにある指導標が表示されます。
大杉の広場にて
大杉の広場にて。ここはその名のとおり、
ちょっとした広場になってます。
標高1,000mを過ぎました
標高1,000mを過ぎ、道もだいぶぬかるんできました。
石灰岩の破片が増えてきました。発破の後かな
上の方へ移るにつき、石灰岩と思しきものがやたらと目に付くようになってきましたが、これは発破で飛んできたものかな?
勾配もきつくなってきました
だんだんと勾配もきつくなってきました。
コースが2手に分かれますが、階段コースを行きます
山頂も近くなり、コースが一般と階段の2手に分かれますが、気合を入れて階段コースを選択しました。
鹿を発見しました
しばらく行くと鹿を発見!ピンボケしてますが、
中央上の方にちょこっと写ってます。
だんだん開けて明るくなってきました
だんだん開けてきて明るくなってきました。
いよいよ階段
いよいよ階段!この手の階段って、丸太の分だけ
足を持ち上げなければならず辛いものがあります。

結構急(予想はしてたが)でしたがなんとか気合で。。
↑ロールオーバーすると息子も頑張ってます。
階段を上りきり、肩の十字路に着きました
階段を乗り切って大持山・小持山へ続く肩の十字路に着きます。(8:40)
十字路からの小持山・大持山が見えます
十字路からの風景。手前右側が小持山。左側が大持山。
発破に関する注意事項の看板があります
発破のお知らせ!発破をする前にサイレンを鳴らす。そして避難所に逃げろとある。今日は休みのようだ。

下の方は雲海のようになってました。
ロールオーバーして見えるのは両神山かな?
山頂もあとわずか
最後はこんな道を行くと山頂まであとわずかです。
山頂広場に到着しました
武甲山山頂広場に着きました。

御嶽神社の社殿にたどり着きました。(8:46)
↑ロールオーバーすると狛犬のアップが表示されます。

山頂部分は柵があって、その先(北側)には行けないようになってます。写真左側に二等三角点がありました。
↑ロールオーバーすると三角点のアップが表示されます。
東北方面に堂平山などが見えました
東北方面。前回行った堂平山などが見えました。
山頂展望台にて
ここは山頂展望台。(8:52)
北西方面。両神山が見えました
北西方面。両神山は雪が掛かっているようでした。
眼下の秩父の町はガスって見えなかった
秩父の町はガスっていて一望に見渡すことはできなかった。
楽しみにしていたのに非常に残念。
北面を見下ろすと石灰岩の採掘場が見えます
北面から見下ろしたところに石灰岩の採掘場が見えます。
武甲山山頂碑にて
武甲山の山頂碑。
水洗式のトイレがありました
水洗式のトイレがあった。この時期は使えないようでしたが近くのベンチで食事。トイレの周りには雪が残ってました。
これから下山します
これから下山します。今度は一般コースから降りてゆきます。(9:35)
五十丁目の石碑
五十丁目の石碑。
ジグザグに下りてゆきます
こんなところをジグザグにしばらく進みます。
見事な杉林
見事な杉林。それにしても花粉症は今回も
症状全くなし。
でかい見事な杉です。
見事な大杉。でかいです。(10:03)
大杉に広場にて
またまた大杉にて。
下りは快調なペースで進みます
下りはいいペースで快調に降りてゆきます。
だいぶ下りてきました
だいぶ下ってきました。
大人数のパーティとすれ違いました
下りでは他のハイカーさんと結構すれ違いましたが、
30人くらいのパーティが登ってきました。登り優先として
子供と二人で立ち止まりながら、ほぼ全員と挨拶してた。(^_^;)
やっと登山口まで下りてきました
やっと、登山口まで下りてきました。(10:40)
あとは舗装された林道を行きます
あとはしばらく舗装された林道を降りてゆきます。
釣堀跡地にて
釣堀跡地を抜けて。。(10:51)
池があって、岩魚が数匹泳いでました。
駐車場まであとわずか
駐車場まであとわずか。
駐車場まであとわずか
駐車場が近づくと子供のペースが上がります。(^_^;)
ゴール直前
今回のゴール直前。ますますペースが速くなる。
駐車場に着きました
駐車場の到着。鳥居の前後に10台以上、停まってました。(10:59)

最後に武甲山の全景。
↑ロールオーバーすると山頂のアップが表示されます。