甲斐駒ケ岳 標高2,967m
日 程
2006年8月14日(月) 天気:晴れ
所在地
長野県長谷村/山梨県南アルプス市
コース
出発(1:20)→仙流荘・駐車場(5:30)→南アルプス林道バス(6:05-7:00)→北沢峠(7:00)→北沢長衛小屋(7:14)→仙水小屋(休憩)(7:45)→ 仙水峠(8:18)→駒津峰(9:51)→山頂(11:37)(昼食)→駒津峰(13:28)→双児山(14:07)→北沢峠(15:38)→南アルプス林道バス(16:00-16:50)→仙流荘→自宅(23:45)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
仙流荘・無料大型駐車場
仙流荘前には無料で大型の駐車場が用意されております。車中で前夜泊している人が多く、中にはテントを張って人たちもいました。
温泉他
ゆ〜とろん水神の湯に行ってきました。 ここは4種類の露天風呂があり、どれも温度が異なっているので交互に楽しめました。内湯のほうはちょっと白濁して硫黄臭があり、こちらもなかなかでした。 洗い場や脱衣場が狭くて混雑していたのが、ちょっと残念。
リンク

山行記

 夏休み特別企画ということで、南アルプスの秀峰・甲斐駒ケ岳にチャレンジしてきた。
昨年、清里に遊びに来た時に見た荒々しさが忘れられず、いつは登りたいと考えていたが、やっと念願が叶った。
 今回は子供の友達+お父さんの合計5人パーティで、しかもそのうちの一人は小学3年生の初心者。
初心者をここに連れてきてもよいのかという不安もあったが、体力があるのは分かっていたので、やってきてしまった。

 この山は標高は2,967mあり、いままで登った山では2番目に高い山。ここは登山コースがいくつかあるが、我々が挑むコースは登山口まで車で向かうことができない。 麓からバスで入らなければならず、麓からはバスで22.6km・標高2,000m地点まで標高差1,200mを一気に登って行く。
バスが標高をあげて行くと南アルプスの雄大な山々が視界の中に入ってきた。
どれも圧倒的な存在感で、その中でも目指す甲斐駒ケ岳は山頂部が花崗岩が露出しており、男性的な荒々しさがむき出しになっていて神々しさすら感じさせるものがあった。
そこを登るのだから、考えただけで興奮度も高まり眠さも吹っ飛び。

 さて、沢沿いの道や気持ちのよいシラビソの林の中、ゴツゴツした岩場、山頂部は花崗岩特有の砂礫帯、森林限界を突破しての背の低いハイマツの中などコースはバラエティに富んでいる。 そしてガスの中を歩いては雲の中を歩いていると子供たちは喜んでいた。
天気は晴れたが、ガスが発生し山頂からの展望はなく、期待していただけに残念。でも、途中では3,000m級の仙丈ケ岳はよく見えたし、 日本第2位の高峰である北岳の山頂部が、時々、雲の切れ間から現れたときには感動ものだった。 また、高山植物も豊富でいろいろな花を見ることも出来た(^-^)/
 なによりも子供たちが苦しみながらも山頂付近では、周りの登山者たちにも励まされ何とか山頂に立てたことがうれしかった。(^_^)

 途中、厳しいところもありながら、なんとか無事に帰ってくることができたが、今回は反省点も多かった。
 まず、登山口までバスを利用しなければならず、日帰りする場合には始発便(6:00)と最終便(16:00)の間で上り下りしなければならない。 始発に乗り損ねると次は8時になり、我々の体力ではおそらく7時間以上掛かると思われるので、その場合には、まず日帰りはできなくなる。
 バスに間に合わないとその日は帰ることができなくなるので、最終バスの時間から逆算して12時ごろになったら、山頂にたどり 着けなくても戻ることに決めていた。結果的には山頂まで行けたけど、帰りは少しオーバーペースとなってしまった。
そこで行動中は常に時間を気にしなければならなかった。

次に始発に間に合うよう夜中の1時に家を出たのは良いのだが、出発するまで寝なければならないところ、私も子供もほとんど眠ることができなかった。。。
標高が高い山で寝不足の場合には高山病の心配も出てくる。
そこで寝不足の状態での山行となってしまった

 また、今回、同行した子供2人のうち1人は富士山を日帰り登山したことがあったのでそちらはあまり心配ではなかったが、もう一人は全くの初心者だった。 前日、いきなり一緒に行くことになったので、そのまま予定とおり甲斐駒ケ岳に向かったが、楽な山ではないし、それなりに危険なところもあるので、山を変えた方が賢明だったかもしれない。
初心者の小学生には厳しいコースだった←普通は行かないのかな?

また、甲斐駒ケ岳は昼ぐらいになると甲府側からガスが昇ってきて山頂部はガスに覆われて展望がなくなるケースが多いとのこと。
そして、ここのような山岳地帯は午後になると雷が発生しやすいため、本来であれば前の日に現地入りして前泊し、早朝から登り始めたほうが山頂での 展望も期待できるし、雷のリスクも減らすことができると思う。
そこで、前泊して余裕を持った方がよかった

などなど、いろいろと反省点や不安材料が多かったけど、今回は結果オーライ。 次回からは気を付けなければ。。。
とは言いつつ、子供たちにとってよい経験・思い出になってくれれば。。。(^_^;

アルバム

仙流荘・大型駐車場にて
駐車場は広くこの時期(お盆休み)でも全然余裕がありました(5:47)
今回の参加メンバーたち
今回の参加メンバーたち。やる気マンマンです!
仙流荘のバス停にて
仙流荘のバス停にて。順番でバスに乗り込みます。(6:03)
北沢峠にて
やっと、北沢峠に着きました。後ろは長衛荘(7:00)
北沢峠にて
北沢峠では多くの登山者たちが準備に追われてました。
北沢峠にて
最初は林道を少し下ってゆきます
北沢長衛小屋にて
しばらく進み北沢長衛小屋が見えてきました。(7:14)
↑ロールオーバーするとテント場に切替わります
沢沿いに緩やかな坂が続きます
しばらくは沢沿いに緩やかな坂が続きます
山道にて
途中、2度ほど沢を渡ります。
コース中、唯一のロープ
コース中で唯一のロープでしたがほとんど必要ありませんでした。

仙水小屋にて
仙水小屋に到着(7:45)
↑ロールオーバーすると水場に切替わります。
まさに南アルプス天然水です
仙水峠に向かう途中にて
シラビソの林を抜けると岩場が現れます。
仙水峠に向かう途中にて
岩場の裾のハイマツの中を歩いてゆきます。
後ろに仙丈ケ岳が見えます
後ろに仙丈ケ岳が見えてきました。
仙水峠に向かう途中にて
こんな岩場をしばらく進みます。浮石など踏まぬように慎重に歩きます。
仙水峠にて
仙水峠に到着。ここまでは順調(8:21)
↑ロールオーバーすると仙丈ケ岳のアップ
駒津峰に向かう途中にて
ここが一番の山場。急登の連続です。
↑ロールオーバーすると下方面
駒津峰に向かう途中にて
次の休憩予定地の駒津峰が見えてきました。
駒津峰に向かう途中にて
右手にやっと目指す甲斐駒ケ岳が見えてきました(^-^)/
↑ロールオーバーするとアップ
駒津峰に向かう途中にて
子供たちはだんだんとへたばってきました。特に小学3年生。頑張れ!
駒津峰にて
駒津峰に到着(9:51) この時間であれば、なんとか山頂へ向かえそうだ
駒津峰にて
ここからはちょっとした尾根伝いに少し下ります。後ろが駒ケ岳
駒津峰にて
駒ケ岳は完全にガスの中。ガスが多いと山頂部は道迷いに注意しなければ。
駒津峰にて
しばらく待っているとまた姿を現します。
駒津峰にて
こちらは摩利支天
駒津峰にて
雲の切れ間に地蔵岳のオベリスクが見れました
↑ロールオーバーするとアップ
山頂に向かう途上にて
しばらく尾根を行きます。
山頂に向かう途上にて
ここから少し下ります。
甲斐駒ケ岳の山頂が間近に
甲斐駒ケ岳の山頂が間近に迫ってきました。
摩利支天も間近に
摩利支天も間近に迫ってきました
山頂に向かう途上にて
もう少し下ってゆきます。両サイドは結構切れ落ちています。
山頂に向かう途上にて
しばらく登ったり下りたりが続きます
六万石にて
六万石にて休憩。ここでもハンドパワーしている(^_^;
山頂に向かう途上にて
さあ、ここからは山頂目指して登るだけです。
山頂に向かう途上にて
山頂部に近づき、花崗岩の滑りやすいところを慎重に歩いてゆきます
山頂に向かう途上にて
滑りやすい急斜面を巻きながら登ってゆきます。
山頂に向かう途上にて
ガスも濃くなってきたけど、山頂が間近に迫ってきました
山頂に向かう途上にて
山頂もあとわずか。寝不足の息子は半死状態。。
山頂にて
やった〜!山頂に到着(11:37)
山頂にて
甲斐駒ケ岳山頂(2,967m)
山頂にて
まわりはガスっていて展望はありませんでした。楽しみにしていたのに残念!
山頂にて
さあ、これから下ります。かなりの急斜面。ガスも昇ってきたので下りはより慎重に歩きます。
下り道にて
山頂部の砂礫地帯をやっと抜けました。
下り道にて
荒々しい花崗岩。そのまま岩場を登ってゆく上級者もいました。
下り道にて
前の人が登れずに後ろが渋滞してしまいました。かなり急な岩場です
下り道にて
後ろに見える巨岩が六万石。超巨大です
下り道にて
来た道を慎重に下ってゆきます。
下り道にて
このあたりは急な登り下りの繰り返しで疲れます。
下り道にて
子供たちはかなりバテてきました。
駒津峰にて
駒津峰まで戻ってきました。ここでしばし休憩(13:28)
駒津峰にて
ここで初めて北岳(日本で2番目に高い山)が見えました。めちゃ感動ものでした。
↑ロールオーバーすると山頂部拡大
駒津峰にて
帰りの最終バスまで余裕はありませんので、先を急ぎます。前方にあるのが、これから通過する双児山
下り道にて
しばらくはハイマツの中を下ってゆきます。
下り道にて
標高も下がり林の中の下りとなってきました。
下り道にて
またまた登りで双児山の山頂も近くなりました。
下り道にて
ここでも北岳の山頂部が拝めました。こちらもいつかは登りたいな〜
↑ロールオーバーすると山頂部拡大
下り道にて
双児山を過ぎこれからは下るだけです。
下り道にて
シラビソの林の中を600m一気に下ってゆきます。
下り道にて
バスに間に合うよう頑張ろう!ということでみんなのペースが上がりだしました。
北沢峠にて
北沢峠にて(15:43)。なんとか最終バス(16:00)に間に合うことができました。よかった。

途中で見かけた花たち

画像をクリックすると拡大表示します。

名前不明

コバノコゴメグサ

名前不明

ミヤマシャジン