堂平山・笠山 標高876m
日 程
2006年3月12日(日) 天気:晴れ一時曇り
所在地
埼玉県小川町
コース
出発(7:00)→駐車場(8:15)→登山口(8:17)→林道出合(8:37)→笠山西峰(9:27)→ 笠山東峰(9:30)→笠山西峰(休憩)→七重峠(10:01)→堂平山(昼食)(10:30-11:05)→剣ガ峰(11:24)→白石峠(11:35)→駐車場(12:42)→自宅
コース図
 地図はこちら→
駐車場
白石キャンプ場の有料駐車場 500円/日 無人だが、ポストがあって、ポストに付属している封筒に車のナンバーを書いて、500円を入れて ポストに入れる。7〜8台くらいは止められそうな広さで、8時くらいに着いた時には1台も止まっていなかったが、帰りは他に2台止まっていた。
温泉他
玉川温泉保養所に行ってきました。ここは広くて清潔で、お湯もかけ流しです。ついつい長湯をしてしまいました。ちょっと山間に入った分かりづらいところにあります。それほど広くはないのですが、駐車場は満車に近い状態でした。地元のお年寄りなどが多いようで、 中も人が多かった。
お湯の方はつるつるすべすべして気持ちが良かった。今日は暖かく露天の方も気持ちよかった。
リンク

山行記

家からもよく見える山で、笠山、堂平山に大霧山を加えて比企三山と言われいる。今回はその内の 笠山・堂平山へ行ってきた。この2つの山はお互いに並んで見え、笠山は文字通り先が尖った笠のような形をしていて「乳房山」の別名もある。それに対して堂平山の方は丸くなだらかな山容で、この対照的なコンビネーションになかなか味があり、前から行きたいと考えていた。
 小川町の方から白石車庫を過ぎたところにキャンプ場があって、そこの無人有料駐車場に停めた。
 歩き始めは集落を進み、民家を抜けたところから急登となるが、小1時間程度で笠山山頂にたどり着いた。この日は暖かく一気に汗を掻いた掻いた。ピークが西峰、東峰と二つあって東峰には笠山神社がある。どちらもそれほど展望は良くなかった。
それから進路を南に取り、七重峠を越えたところから堂平山に向かう。こちらはなだらかで、峠からも30分程度で山頂まで到着。山頂は芝生が広がり北から西への展望がよかった。 ただし、こちらは車でも来ることができ、いささか開けすぎているように思う。山頂には今は使っていないと思われる天体観測ドームがある。
 また、堂平山は埼玉でも5座程度しかない山頂に一等三角点を置く山でもある。 それだけ見晴らしが良いということか? 山頂では三角点をよく見るが、一等三角点って、思えば初めて見たような気がする。。
ここで昼食・休憩後、林道と平行しながら、白石峠へと向かう。これまで要所ごとに標識はあったが、基本的には「外秩父7峰縦走ハイキングコース」の看板が多く、矢印マークはあっても、 具体的にそれがどこに向かっているのか、分かりづらかった。地図を見れば分かるのだが、少し邪魔かもしれない。。。
 だからという訳ではないのだが、白石峠から白石車庫(バス停)へ向かう道を間違えてしまった。白石峠から直接向かう道があるようだが、バス停方面との看板を見て、堂平山・笠山を巻く林道に進みこんでしまい、途中まで気づかず、大きくタイムロスをしてしまった。
(要所要所で、常に地図を確かめるようにしていたのに、白石峠では何も考えずに行動してしまった。反省しなければ)
この林道を歩いていたとき、頭上ではパラグライダーをやっている人たちがいた。堂平山山頂よりも高い位置を長時間周回していたので、このあたりは気流が 良いのだろうか。 などと考えているうちに舗装された林道に出て、延々と続く下り道を辿り、無事、駐車場に到着。
 それにしても私も子供も花粉症で、この時期、杉の植林は脅威のはずだが、全然なんともなかった。去年もそうだったけど、杉林の中に入ってしまうと意外と大丈夫みたい?

アルバム


右が笠山で、左が堂平山。
手前の金網に焦点が合って、ちょっとピンボケ。

無人駐車場。ポストの下に封筒とボールペンがあって
500円を入れ、車ナンバーを書いてポストに投函します。(8:15)

駐車場からちょっと戻って右に曲がります。
突き当たり左、少し行ったところに白石車庫があります。

ここを曲がって登って行きます。(8:19)

突き当たりの民家を右に行きます。
↑ロールオーバーすると右への通路が見えます。

ここから民家を離れて植林の中に入ります。(8:23)

しばらく植林が続きます。

途中、社のようなものがありました。(8:27)

結構、きつい登りが続きます。

しばらくすると林道と交差しますが、
そのまま進みます。(8:37)

まだまだ、こんな植林が続きます。

途中、雑木林も現れます。

またまた、林道と交差。ここもそのまま通り過ぎます。(9:09)

左側の凹んだところが白石峠。

急登が続きますが、このあたりで堂平山からの
山道と合流します。(9:19)

堂平山方面からの道と合流すると、
こんな道がしばらく続きます。

しばらくすると突き当たり、右側が笠山西峰。
左に行くと萩平方面に抜けます(9:26)
笠山西峰に到着(9:27)
↑ロールオーバーすると山頂の広さが見れます。

次の目標地。堂平山。
↑ロールオーバーすると拡大します。

笠山東峰に到着。こちらは笠山神社があります。(9:32)


さあ、次は堂平山へ向けて出発、
しばらく下ってゆきます。

急な下りなので、まっすぐ下りるよりジグザグに
下りてます。(かなり楽です。)

またまた、林道と合流。整備中のものも
含めて林道が多いです。

笠山峠にて、堂平山山頂。(9:51)
↑ロールオーバーすると拡大します。

林道から山道に入ってゆきます。

しばらく、こんな道を七重峠に向かいます。

この稜線は開けていて明るくて、展望もよく気持ちが良い。

七重峠にて。ここから堂平山に向け登り始めます。(10:01)

またまた植林。でも花粉症は全然大丈夫!

先のほうに今日始めて、他の登山客を発見。しばらく登りが
続きますが、こちらの山はだいぶ楽です。

堂平山山頂に近づきました。(10:21)

↑ロールオーバーすると拡大します。

広い芝生が広がっていて、北や西方面の展望が開けてました。左側が大霧山

観測ドーム前から、先ほど登ってきた笠山が見えます。

観測ドーム前にて。(10:31)

左側の先端が赤いポールのところに一等三角点がありました。

昼食を食べて、これから白石峠に向かいます。(11:06)

巨大な無線局。(11:08)

林道から山道に戻りますが、長い急登です。。

東大地震研究所なるもの発見。
現在は使われていないのか?

登ったと思ったら、直ぐに下り。

林道に出て、また、直ぐに山道(右側へ)しかも急登。

剣ガ峰にて。ここも登りがきつかった。(11:24)

剣ガ峰を曲がり、白石峠へ。あとは下りのみ。

真ん中奥のちょっと尖がった山が武甲山。晴れていれば、その直ぐ左側に雲取山が見えたかな?
↑ロールオーバーで拡大しても雲取山は確認できず

白石峠が見えてきた。

白石峠にて(11:35)

この看板。「白石車庫バス停へ」にだまされたような
気がするのだが。。。単純に道を見逃してしまったのかな?

間違えてこの林道行き、30分以上時間を
ロスしてしまうことに。。。

パラグライダーをやっている人がいた。
↑ロールオーバーで拡大します。

林道に合流。このあたりまで道に間違っていることに
気づかなかった。反省しなければ。。。(12:08)

真ん中が大霧山。

真ん中の凹んでいるところが白石峠。
だいぶ巻いて遠回りしてしまった。

しばらくこんな道。それにしても舗装された
下りは足が疲れる。。

朝、通った最初の林道との交差地点。
ここから来た道を戻りま。(12:30)

左側の禿げた所が堂平山。右側のアンテナが立つ所が剣ガ峰
あの稜線上を左から右へ縦走し、次に右から左へ巻きながら下りてきました。かなり遠回りだった。↑ロールオーバーで拡大します。

やっとたどり着いた。疲れました。(12:42)
子供は余裕で先に着いて、座ってるし。。。
駐車場にはうちの他2台停まっていました。