子持山 標高1,296m
日 程
2006年12月3日(日) 天気:晴れ
所在地
群馬県渋川市
コース
出発(6:30)→関越・赤城IC→駐車場(8:00)→登山口(8:07)→屏風岩(8:14)→しし岩(9:05)→柳木ヶ峰(9:56)→ 子持山山頂(昼食)(10:13)→柳木ヶ峰・分岐(11:16)→大タルミ(11:43)→林道出合(12:16)→駐車場(12:25)→自宅(15:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
6号橋駐車場
ここは沢沿いに登山口のある7号橋駐車場から6号、5号と駐車スペースがあり、それぞれ5〜8台程度停められる
温泉他
白井温泉こもちの湯に行ってきました。100%掛け流しで疲労回復・筋肉痛にいいとか。一応、露天風呂もあり、 広くはないけど、地元の人しか来ていないようで、のんびりと浸かれました。
リンク

山行記

 久しぶりの山登り。今回は群馬県の子持山に行ってきた。
この山は近くに榛名山や赤城山があるため、影が薄くあまり知られていないようだが、 巨大な岩石群が独特な景観をおりなし、なかなかの迫力がある。
 また、山中には子持神社や子持神社奥の院などもあり、修験場だったという屏風岩や 獅子岩(大黒岩)などもあって、昔から山岳信仰が盛んだったことを伺わせる。
 地元の小学生による励ましのメッセージが書かれた木札が所々にあり、地元で 大事にされているのだろう。

 さて、この日は快晴で登山口での気温が3℃ほど、風もほとんどなく山登り日和。 登りではほどよく汗を掻きながら、2時間程度で山頂にたどり着いた。 山頂ではさすがに肌寒く、周りの木々には霧氷が見られ、冬の訪れを感じさせる。 山頂からの展望はなかなかなもので、雪景色の谷川連峰、浅間山、近くに見える 榛名山や赤城山と、しばし見入ってしまった。

 また、今回の目的の一つであったしし岩も迫力満点。
しし岩とは円筒形の巨大な岩のことだが、ここの天辺に立つ事ができる(詳細は以下の引用文を参照)。 岩の天辺へは鉄製の梯子と鎖を使いながら登らなければならず、高所恐怖症の者としてはかなりの恐怖感があったが、 登ってしまえば周りに遮る物は何もなくまさに圧巻。
360度のパノラマが広がり、三国連山、谷川連峰、関東平野が一望のもとに見渡せ、なかなかの絶景だった。

しし岩(大黒岩) −−渋川市のページから引用
 高さ約100mの円筒形の岩の塔が、しし岩です。火道につまっていたマグマが冷えはげしい浸食に うち勝って残された火山岩頸です。火道というのは地下深くから火口まで、マグマやガスの通路になった、 パイプ状の細長い穴のことです。  しし岩を中心としてほぼ放射状に走る岩脈は火山岩頸とともに日本で最もすばらしいものの一つといわれています。

このしし岩は特別天然記念物として登録されているようだ。

 なお、この時期、雪はないが霜が張っており日中になると足場が悪くなり滑りやすくなる。傾斜がきつい場所もあり、登り下りとも立ち木や岩につかまりながら歩行しなければならない箇所が多かった。
斜面を横切る巻き道も幅が狭い所もあるので、他の登山者とすれ違う際、登りの人を待つ時には、山側に退避して待つといった注意が必要と思われる。

 以上、いろいろと気を使う必要があったが、その分、コースは変化に富んでいて楽しめた。

アルバム

赤城IC側から見た子持山
赤城IC側から見た子持山↑ロールオーバーで拡大。
山頂付近が白くなっているけど雪かな?
登山口に向かう林道にて
この鳥居から登山口まで林道を3kmほど車で向かいます。
登山口に向かう林道にて
最初の分岐をまっすぐ進みます
登山口に向かう林道にて
道も細くなりますが、高度もぐんぐん上げてゆきます
駐車場にて
駐車スペースが何箇所かありますが、6号橋駐車上に停め、準備運動をして出発(8:00)
登山口に向かう林道にて
登山口までしばらく林道を進みます
登山口にて
最終駐車場で登山口のある7号橋付近。上方に屏風岩が見えます。↑ロールオーバーで拡大
登山口にて
登山口にて(8:07)。これから出発。ここにはトイレもありました。↑ロールオーバーでどんなトイレだか分かります
子持神社奥の院にて
登山口の側に子持神社の奥の院があります。
登山口にて
登山口には登山届が置いてあり、記入してポストに投函。詳細な登山ガイドも置いてありました。
屏風岩
上を見上げると屏風岩が聳え立っている。ほとんど垂直の壁状態。首が痛くなります。。
登り始め
登り始めは木道を行きます。
天覧山山頂にて
屏風岩のふもとには赤い鳥居があり、その奥に役の行者像が奉ってあります(8:14)↑ロールオーバーで屏風岩上部
登山道にて
ここから登山道らしくなってきました。
円珠尼の歌碑にて
円珠尼の歌碑にて(8:21)。ここから屏風岩へのコースがあるみたいだが、登る人が果たしているのか?
コースにて
針葉樹林帯の谷筋を登ってゆきます。
コース上にて
しばらくすると広葉樹林に変わり傾斜もきつくなってきます。このあたりから霜が張っており滑りやすく一番疲れました。
コース上にて
やっと尾根上にたどり着きました(8:48)。かなりヘトヘト
コース上にて
でも、まだまだ急登が続きます。
コース上にて
立ち木などにつかまりながら、慎重に登ってゆきます。
コース上にて
落ち葉が多くて滑りやすい箇所もあり、ますます慎重に
コース上にて
おもいっきり霜が張っている箇所もあり、しかも道もせまく傾斜もあるので、本当に気を使います
しし岩にて
やっと今日の目的のひとつ、しし岩にたどり着きました。(9:05)
しし岩にて
岩のテッペンに行くには、垂直の梯子を登ります。
しし岩から見た子持山山頂
しし岩から見た子持山山頂。
しし岩上に建つ石碑
しし岩上に建つ石碑。360度のパノラマが広がり景色は最高でした。でも結構怖い(^_^;
しし岩から見た榛名山
榛名山がきれいに見えます。↑ロールオーバーで拡大
しし岩から見た赤城山
東の方には赤城山がはっきり見えます。↑ロールオーバーで拡大
コース上にて
さて次は山頂を目指します。あと1.2km
沼田方面
沼田市方面