天覧山・多峯主山 標高197m・271m
日 程
2006年9月24日(月) 天気:晴れ
所在地
埼玉県飯能市
コース
出発(10:20)→駐車場(11:00)→能仁寺(11:06)→天覧山中段(11:16)→天覧山山頂(11:23)→雨乞池(11:48)→ 多峰主山山頂(昼食)(11:53)→黒田直邦墓(12:10)→分岐(12:18)(昼食)→天覧山中段(12:35)→登山口(12:43)→自宅(13:30)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
市民会館駐車場
広い駐車場でしたが市民会館利用者のためのようです。道路挟んで西側の駐車場に停めるのが良いでしょうが、混んでいる場合には別に探した方が良いかもしれません。
温泉他
今回は温泉なし
リンク

山行記

  朝起きると衝動的に山へ行きたくなり、「近場で時間が掛からない」という条件で、埼玉県飯能市にある天覧山と多峯主山へ行ってきた。
 天覧山は私が小学2年生の時に遠足で行ったところ。もうかれこれ30年(?)くらい前のことで当時の記憶は全くないが、なんだか妙な懐かしさを覚えた。

 この天覧山は、これまでに3度も山名が変わっているようだ。古くは愛宕神社が祭られていたからと愛宕山。 徳川5代将軍綱吉の時代には、その生母桂昌院が綱吉の病気治癒のお礼にと羅漢の石仏を奉納したから羅漢山(途中に十六羅漢像が並んでいます)。 そして明治16年、明治天皇が軍事演習を観閲のために 登ったところから天覧山、ということになっているようだ。
 その他、歴史的な史跡などの見所も多く、コースも途中で分岐している箇所が多いが、道標もしっかりあるので、歩きやすいところだった。

 この日は晴れ渡り、この時期としては涼しさもあり気候的にもちょうど良く、多くのハイカーで賑わっていた。 曼珠沙華が所々咲き誇るなか、1時間半程度ののんびりとした山歩きが出来た。

アルバム

市民会館駐車場にて
向こう側が市民会館の駐車場。写真右手にも広い駐車場あり(11:00)
能仁寺にて
能仁寺から登り始めました。
自然歩道案内図にて
案内板にてコースの確認をしてます。
自然歩道案内図にて
ここからハイキングコースに入ります。(11:00)
コース上にて
しばらくはなだらかな舗装道を行きます。
コース上にて
途中から少し坂にきつくなりますが、すぐに終わります。
天覧山中段にて
天覧山 中段というトイレもある広場に出ました。(11:15)
天覧山中段にて
やっと山道らしくなってきました。
コース上にて
途中にはこのような分岐が何度か現れます。間違わないよう注意が必要。
十六羅漢像
十六羅漢像が。。。(11:19)
コース上にて
危険そうなところは、このようなくさりがあり安全です。
コース上にて
ちょっとした岩登り。直ぐ終わっちゃいますが。
天覧山山頂にて
ものの15分程度で山頂まで来てしまいましたが、眺めはなかなか。(11:23)
天覧山山頂にて
天覧山山頂(197)にて。写真左手に茶屋がありました。ここのみそおでんは名物だとか。
天覧山山頂にて
ハイカーさんがいっぱいいました。
コース上にて
続けて多峯主山を目指します。
コース上にて
しばらくは下ってゆきます。
コース上にて
ちょっとした草原に歩いてゆきます。
コース上にて
多峯主山に向けて登りが始まります
コース上にて
こちらはずっとなだらかな道が続きます。
コース上にて
雨乞池に到着。(11:48)
コース上にて
雨乞池の説明文。
コース上にて
山頂まではあと少し
コース上にて
急な斜面もなくとても歩きやすいです。
コース上にて
あまり疲れを感じずに山頂までたどり着きました。
コース上にて
多峯主山山頂にて(11:54)
コース上にて
山頂はちょっとした広場になっており、飯能市街がよく見渡せます。
コース上にて
西側の山並み。見えるのは両神山かな
コース上にて
恒例の山頂での三角点
コース上にて
下り道にて。ここから左へ。往きと違うコースへ(12:18)
コース上にて
下りもなだらかで歩きやすい
コース上にて
こんな感じがしばらく続きます。
コース上にて
ほどよく日陰もあり気持ちが良いです。
コース上にて
ちょっとした傾斜も階段になっていて歩きやすい
コース上にて
ほんとにここは道がしっかりしている。
コース上にて
だいぶ下ってきました。
コース上にて
往きに通った天覧山中段に合流(12:35)
コース上にて
ここからは舗装された道を下りてゆきます。
コース上にて
登山口まで下りてきました。約1時間半の行程でした。(12:44)
コース上にて
市民公園での曼珠沙華