燕岳つばくろだけ 標高2,763m
日 程
2006年9月30日(土) 天気:晴れ
所在地
長野県大町市
コース
出発(2:30)→第一駐車場(6:00)→中房温泉登山口(6:09)→第一ベンチ(休憩)(6:43)→第二ベンチ(休憩)(7:08)→ 第三ベンチ(休憩)(7:41)→第四ベンチ(休憩)(8:15)→合戦小屋頂駅(休憩)(8:52)→燕山荘(休憩15分)(10:20)→燕岳山頂(休憩)(11:05)→ 燕山荘(昼食休憩45分)(11:45)→合戦小屋頂駅(休憩)(13:04)→第四ベンチ(13:28)→第三ベンチ(休憩)(13:50)→第二ベンチ(休憩)(14:12)→第一ベンチ(休憩)(14:36)→ 中房温泉登山口(15:00)→第一駐車場(15:11)→自宅 登り:約4時間半 下り:約2時間半
コース図
 地図はこちら→
駐車場
第1駐車場
ここは第1から第3駐車場まで3つの駐車場がありますが、一番近い第1駐車場に停められました。ここから登山口までは500m程度登ります。
温泉他
国民宿舎穂高町営「有明荘」に行ってきました。 ここは露天風呂、内風呂の檜風呂とも広く、のんびりとゆったり浸かれました。帰りの運転を考え、休憩場で横になって少し休みました。おまけにマッサージ機まで使ってみました。
リンク
手打ち蕎麦くるまや(安くてボリュームがあり、なんといっても美味しかった) /

パノラマ・ベストショット

今回はすばらしい景色をより良く感じてもらえるようパノラマやスライドショーを用意してみました。

燕岳山頂からのパノラマ / 絵葉書サイズのスライドショー

山行記

今回は念願の北アルプス。とうとうやって来た。
 北アルプスでは日帰りできる登れる山は少なく、その数少ない中から北アルプス入門コースと知られる燕岳を選択。 入門コースといっても標高差1,300m・片道水平距離は5km程度でコース途中の合戦尾根は北アルプス三大急登として知られているところでもあるので、結構きついものがあった。

 今回は会社の同僚と二人でチャレンジ。朝は2時半ごろ家を出て関越・上信越・長野道と乗り継いで豊科ICでおり、 中房温泉を目指した。途中から長い距離の山道を登って行くが、駐車場までは舗装されているので、砂利道を走る辛さはなかった(隣で座っていただけなのだが(^_^;)。

 この日は天気もよく紅葉も期待できるので、駐車場・登山口とも多くの人たちが準備しいた。
 さて、登りはじめからいきなりの急登。それでも要所々々でベンチのある休憩場や合戦小屋があり、そこで休みながら進んで行った。
合戦小屋を過ぎたあたりから、ナナカマドなどの紅葉が見られ、また、途中から槍ヶ岳の穂先も見えた。 生まれて初めて実際の槍ヶ岳を見た者としては感動もの。(^_^)/
思わず写真ばかり撮ってしまった。
 また、富士山をはじめ、南アルプス、八ヶ岳などもきれいに遠望することができ最高。 しばらく行くと燕山荘や燕岳も視界に入ってきて、興奮のボルテージも上がって行くが、その分、疲労度もアップ。
なんとか頑張って燕山荘までたどり着くと目の前は大パノラマ。360度見渡せるが、その中でも圧巻なのは南から北まで広がる北アルプスの山々。こんなすごい迫力のある景色は今まで見たことがあるだろうか。稜線上は風が強くめちゃめちゃ寒かったが、それが気にならないほど興奮していた。

 さて、目指す燕岳は花崗岩の白とハイマツの緑のコントラストがきれいなところで、燕山荘から燕岳への縦走路は見渡しも良く気持ちがよい。 燕岳山頂は狭いうえに風も強かったので、早々に燕山荘へ戻った。燕山荘では宿泊の予約をされる方が多く、また、大きなリュックを背負い槍ヶ岳方面へ縦走される人も多いようだった。

 中房温泉から槍ヶ岳までは北アルプスでも表銀座コースと呼ばれる有名なコースで、燕岳から槍ヶ岳まで稜線上の縦走、 いつかはチャレンジしてみたいものだ。
この日は天気にも恵まれ、紅葉もきれいで期待以上に良い思い出となった。やはり北アルプスは特別でした。

アルバム

今回は写真が多いので2ページに分割しました。
第一駐車場にて
第一駐車場は満杯。ぎりぎりで停められました。(6:02)
最初は舗装された林道を進みます
400〜500mこんな林道を登ってゆきます。
中房温泉登山口にて
中房温泉登山口。ここでトイレを済ませます。(6:09)
登りはじめからいきなりの急登
登りはじめからいきなりの急登。気合を入れなければ
後半ばてるので、できるだけゆっくり
飛ばさないよう、できるだけゆっくりと行きます。
第一ベンチにて
第一ベンチが見えてきました。(6:44)
第一ベンチにて
ここまで1km歩いてきましたが、まだまだ序の口
階段ばかりです。
本当に階段が多いです。帰りが怖い。(^_^;
しらびその森を進みます。
しらびその森をガンガン登ってゆきます。
第二ベンチにて
第二ベンチに到着です。(7:08)
道はしっかりしています。
道はしっかりしていて歩きやすい。
疲れが溜まってきました
疲れがたまってきました。
第三ベンチにて
第三ベンチに到着です。(7:41)
まだまだ急登は続きます
まだまだ急登は続きます。
第四ベンチにて
第四ベンチに到着。ここからは富士山・八ヶ岳が見えました(8:15)
花崗岩が露出しています
花崗岩が露出している箇所が出てきました。
紅葉が見え出しました
登るにつれて紅葉が進行ているようです。
大天井岳が見えてきました。
大天井岳が見えてきました。↑ロールオーバーで拡大
だいぶ開けてきました。
周りの雰囲気も変わってきました。
紅葉がきれいです
紅葉が混じり始めてきれいです。
合戦小屋にて
やっと合戦小屋にたどり着きました。(8:52)
山頂方面はきれいです
山頂方面、きれいです。
景色は最高です
いや〜いい感じです。その場では疲れて景色を楽しむ余裕などありませんでしたが。(^_^;
槍ヶ岳が見えてきました。
お〜っと、あの穂先は??も、も、もしかして槍ヶ岳↑ロールオーバーで拡大。感動ものでした。
下には雲海が広がります
下のほうは雲海が広がり、こちらもいい感じ。
まだまだ登ってゆきます
まだまだ登ってゆきます。
槍ヶ岳がよく見えます
槍も良く見えるようになってきました。(9:24)
燕山荘が見えてきました。
燕山荘が見えてきました。↑ロールオーバー拡大
針ノ木岳がきれいに見えました
ここでしばし休憩。前にいるのが同僚のM氏↑ロールオーバーで針ノ木岳拡大
横岩にて
目指す燕岳も見えます。まだまだ遠い。。↑ロールオーバーで拡大
途中の休憩場にて
ここはベンチもあるちょっとした小ピーク
大天井岳からの稜線がきれいに見えます
大天井岳から常念岳への稜線がきれいに見えました。