四阿屋山 標高 772m
日 程
2007年2月25日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉県秩父群小鹿野町
コース
出発(6:00)→駐車場(両神温泉薬師の湯)(7:25)→登山口(7:33)→柏沢分岐(8:20)→両神神社(8:31) →四阿屋山山頂(8:48)→福寿草園(食事休憩)(9:20)→駐車場(10:30)→自宅(15:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
両神温泉薬師の湯
ここは道の駅になっており、かなり広いです。下山後はそのまま温泉にも浸かれます。
温泉他
両神温泉薬師の湯 に行ってきました。以前、両神山へ行ったときにも寄りましたが、今回は早いうちに下りて来られたので、午前中から温泉三昧で最高でした。
リンク

山行記

久しぶりの山歩き。
今年は初めての山歩きとして埼玉県小鹿野町にある四阿屋山(あずまやさん)に行ってきた。
ここはこの時期、福寿草という花で有名なところで、今回の目的でもあり、春一番に咲き、福を招くという名前からして 縁起の良さそうな花を楽しみにしていた。
ただ全体的に蕾の状態が多く、ちょっと残念だったが、これからピークを迎えるのだろうか。

さて、山行のほうとしては、それなりに斜面は急なところも多く、山頂付近は岩場の連続でちょっとした緊張感があった。 岩場といってもクサリがあるので、気を付けていれば、なんてことはないと思うが、凍結などしていると途端に厳しくなると 思われるので、天候には注意が必要かもしれない。
ただし、コース的には分岐地点や所々に道標が多く設置されており、安心して歩けるコースだと思う。

山頂部は尖っており、山頂は狭く5〜6人もいればいっぱいになってしまうが、360度の展望がある。特に同じ山系にある 両神山を間近に見ることができる。その風格は堂々としており、圧倒的な存在感で迫ってくる感じである。

山頂を少し下ったところに福寿草園というのがあり、そこで福寿草を見ることができる。
ここは車でも登ってくることができるので、人でいっぱいだった。 福寿草の方は、まだまだかなという感であるが、一緒に植えてあるロウバイ(蝋梅)のほうはいい感じで、春の訪れを十分に 感じることができた。

また、今年は今の時期から花粉症に悩まされており、特にここ1週間くらいは最悪の状態だった。
そんな状況の中、わざわざ杉林の真っ只中で親子二人してマスクをしていると、「こんなところにわざわざ来るなよ」と 言われそうだが、意外と山の中は大丈夫なもので、今回も山の中では二人とも全然何ともなかった。
不思議なものである。
朝、目が覚めたときには最悪だったのに。。。
花粉症でどうしようもない時には山へ行くのはいいのかもしれない。

アルバム

「道の駅」両神温泉薬師の湯にて
両神温泉薬師の湯にて
車道にて
道の駅を出て薬師堂へ向かいます(7:25)。
薬師堂を左に
薬師堂を左に曲がり西へ車道を行きます
花しょうぶ園にて
花菖蒲園にて
花菖蒲園のロウバイ
ロウバイがきれいでしたので思わず1枚
登山口にて
登山口にて。「友好之林」と書いている物々しい門を
くぐり鳥居山コースを行きます(7:40)
観景亭の手前にて
登り始めてすぐに観景亭という展望台があります
ここから山道に
ここから山道になります。
鳥居山コースにて
杉林の中を登ってゆきます
鳥居山コースにて
何度かアップダウンを繰り返します。
鳥居山コースにて
結構急な斜面もあります。
鳥居山コースにて
目の前に小ピークがあります。
鳥居山コースにて
後ろを見下ろしたところ。かなり疲れました。
鳥居山コースにて
高圧線の鉄塔横を抜けて行きます。(8:15)
鳥居山コースにて
ちょっとした巻き道ですが、道が狭く結構危ないです。
滑らないように気を使いました。

柏沢との分岐(8:20)
鳥居山コースにて
苦手な階段が少し続きます。右前方に目指す山頂が見えてきます
鳥居山コースにて
ここは標識が多く安心して歩けます。
両神神社にて
両神神社にたどり着きました。山頂まであとわずか(8:31)
両神神社にて
山頂付近は岩場などがあるので、注意を促す看板に少しビビリます
山頂付付近にて
少し進むと山頂までの直登するコースらしきものがありますが、禁止の看板があり、左に迂回します
山頂付付近にて
迂回しながら岩場に向かいます。
山頂付付近の鎖場にて
岩場が始まりましたが、足場がしっかりしており、鎖もあるので登りやすい。
山頂付付近の鎖場にて
後ろを見下ろしたところ。かなり急峻な斜面をジグザグに進みます。
山頂付付近の鎖場にて
鎖場は10分足らずで終わります。ちょっとした緊張感が味わえた。
つつじ新道との分岐
つづじ新道との合流地点。山頂は目と鼻の先。(8:45)

途中で見かけた花たち

画像をクリックすると拡大表示します。

福寿草

福寿草

ロウバイ

名前不明