鼻曲山 標高 1,665m
日 程
2007年5月4日(金) 天気:晴れ
所在地
群馬県松井田町・長野県軽井沢町県境
コース
出発(5:40)→松井田妙義IC(6:50)→駐車場(きりづみ館)(7:35)→登山口(7:48)→十六曲峠分岐(8:10)→熊野神社分岐(9:17) →鼻曲山山頂(9:30 昼食休憩50min)→熊野神社分岐(食事休憩)(10:35)→十六曲峠分岐(11:23)→登山口(11:38)→きりづみ館(11:53)→自宅(15:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
きりづみ館
宿泊客も多く、きりづみ館の駐車スペースが満杯だったので、南側のスペースに停めさせていただきました。
温泉他
霧積温泉「きりづみ館」の溶岩風呂を堪能いたしました。 ここ山あいをしばらく行くと「霧積み温泉 金湯館」というのがあり、 こちらが元湯で加熱・加水もせず100%かけ流しだそうだ。 今度は趣深い金湯館に泊まりで行ってみたいと思う。
リンク

山行記

久しぶりの山歩き。
登り始めの駐車場は霧積温泉「きりづみ館」。
ここは、森村誠一氏の「人間の証明」で舞台となったところだ。

母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?...

で、始まる西条八十の詩「帽子」が有名だ。
mama , do you remember〜(違ったかな?)のフレーズが懐かしい。
そこは、細く曲がりくねった道を延々と走り県道が終わった山あいにあり、標高1,000mを超え、秘湯と呼ぶのに相応しいかもしれない。

下山後の入浴を楽しみに出発した。

さて、今回、息子はお休みで、初の単独行。
ここのところ息子は体力を付けてきたので、登りでは置いてきぼりにされていたが、今日は自分のペースで行けるので、どんな感じで歩けるか楽しみにしていた。

が、しかし。。。
久しぶりの山行、歩き始めからいきなり息が切れてきた。一人なのでついつい怠け癖も出て、ちょっと歩いては休んでの繰り返しとなった。いつもは息子の手前、 少しは気合を入れて頑張っているが、今日はそれが出ない。かなりダラダラしてしまった。
それでも、急なところばかりではなく、なだらな巻き道や尾根も多いため、疲れすぎるということもなく、コース的にはちょうど手ごろだったかもしれない。

十六曲峠付近を過ぎたあたりの巻き道で2箇所くらい危険なところがあったが、それ以外は特に問題もなく、 山頂部の独特な形から名づけられた鼻曲山も途中から顔を出し、2時間くらいで山頂へたどり着いた。

山頂は360度のパノラマが展開され、浅間山が綺麗に見えたが、風が強いため、早々に昼食を取り、復路も同じコースを下った。
本来、復路は別コースを取って、周回することを考えていたが、トータル16kmほどになり、同じコースを下りるよりも3時間くらい余計に歩かなければならず、 GWの時期を考えると、渋滞を避けるために早めに下りたほうが得策かな、ということで諦めた。(足のほうもかなりバテぎみだったので。。。)

山腹ではこの時期でさくらが咲いており、山深さをあらためて認識したが、新緑の澄んだ空気の中、ひさしぶりの山歩きは気持ちが良く最高だった。

さあ、下山したら温泉に直行だ!ということで情緒あふれる「きりづみ館」の溶岩風呂に浸かった。だれもおらず、明るいうちから入る温泉は最高だった。

帽子 西条八十先生作

画像をクリックすると拡大表示されます。

アルバム

駐車場にて
これから出発(7:35)
きりづみ館
きりづみ館。風車があり情緒あふれる佇まい
駐車場にて
とりあえず金湯館方面へ向かいます。
駐車場にて
泊り客もあって、駐車スペースはご覧の通り満杯
金湯館に向かう路上にて
歩き始めは新緑の中、金湯館方面へ向かいます
金湯館に向かう路上にて
金湯館までは沢沿いに進みます。
林道にて
しばらくすると林道へ。電信柱の所が登山口。
まっすぐ行くと金湯館へ
登山口にて
ここが登山口(7:48)
コース上にて
しばらくはこんな感じで、徐々に傾斜がきつくなってきます。
鼻曲山山頂部
目指す鼻曲山の山頂部が峠の向こう側に見えてきました。
山腹の桜
この時期に所々で桜が咲いてました。
十六曲峠の分岐にて
十六曲峠の分岐にて。ここを左に進みます。(8:10)
危険箇所その1
危険箇所その1。写真左上の道が土砂で一歩分埋まっており山側を慎重に通過。
↑ロールオーバーでそこからの谷部分が見えます。落ちたら戻れない。。
鼻曲山山頂部が顔を出しました
その名の通り、鼻が曲がったような山頂部がよく見えるようになりました。まだまだ遠い。。
巻き道上にて
しばらくは斜面右側の巻き道を行きます。
巻き道上にて
途中から斜面左側の巻き道に変わります。
尾根上にて
しばらくすると平坦な尾根道に変わります。
尾根上にて
このあたりから急な登りが始まります(後ろを見下ろしたところ)。
熊野神社分岐にて
熊野神社分岐にて。ここを左に山頂まで20分の標記(9:17)
熊野神社分岐にて
分岐から少し下って小ピークを横に巻いて行きます。
角落山方面
角落山方面。遠くに榛名山が見えます。
鼻曲山山頂部
山頂ももう少し、ここから急登になりますが、あともう少し。
鼻曲山山頂にて
やっと、山頂にたどり着きました。(9:30)
鼻曲山山頂にて
山頂にて(1,654m)。こちらは大天狗とも呼ばれている。
鼻曲山山頂にて
山頂の奥が少し高くなっており、こちらには1,655mの標識がある
小天狗にて
山頂から西へ少し進むと三角点の立つ小天狗と呼ばれる場所があり、こちらは360度の展望が望める。
浅間山
西側に見える浅間山は見事です。
↑ロールオーバーで山頂部拡大
浅間隠山
北のほうには浅間隠山
↑ロールオーバーで山頂部拡大
小天狗からの展望
白根山などのパノラマが広がります。
帰路にて
さあ、これから下ります。急な斜面なので気を付けねば。(10:23)
帰路にて
滑りやすいので、ロープを使って慎重に
帰路の尾根上にて
急な斜面も終わり、緩やかな尾根道にしばらく進みます。
帰路の巻き道にて
ここも低い位置に木が突き出ているので、リュックを引っ掛けないように慎重に進みます。
霧積のぞきにて
「霧積のぞき」と呼ばれる箇所。思いっきり切れ落ちてます。
その名のとおり、遠くの方に金湯館の屋根が望めました。
十六曲峠分岐にて
十六曲峠分岐にて(11:23)
馬頭観音にて
馬頭観音(大正三年建立)が。登りでは気づかなかった。
桜が咲いていた
近くで咲くさくらが見事でした。
帰路にて
急な下りが続きます。膝がやばくなってきました。
登山口にて
やっと登山口までたどり着きました。(11:38)
きりづみ館が見えてきました
きりづみ館が見えてきました。
駐車場にて
駐車場まで到着。今日も無事に下りられました。(11:55)
めがね橋にて
帰りに寄った旧軽井沢線のめがね橋。大きさに圧倒されましたが橋の上に人がいた。

途中で見かけた花たち

画像をクリックすると拡大表示します。

コキンバイ

スミレの一種