籠ノ登山 標高 2,227m
日 程
2007年6月17日(日) 天気:晴れ
所在地
長野県東卸市
コース
出発(6:10)→駐車場(池の平駐車場)(8:24)→登山口(8:39)→山頂・休憩(9:40)→登山口(10:10)→池ノ平湿原周回(昼食)→池ノ平駐車場(12:45)→高峰温泉→自宅(16:50)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
池ノ平駐車場 500円/日 約100台 
温泉他
高峰温泉「ランプの宿」に寄ってきました。標高2,000m雲上の温泉。
ここはランプの宿として有名で、お風呂は狭く5〜6人も入るといっぱいになってしまうが、ヒノキ風呂にランプがぶら下がっており、夜は情緒があっていいかもしれない。
白濁色の温泉は飲用することもでき、ちょっと飲んでみた。
ちょっとしょっぱい温泉卵のような味だったが、悪くはない味だった。
他のお客さんは20リットルのポリタンク2つに飲用の温泉を入れていたけど、浴用それとも飲用?
ロビーには暖炉があって、ところどころにランプがぶら下がっており、夜は天体観察などもできるようで今度は家族で泊まりに来ても良いかもしれない。
まわりはハイキングできるようなコースも多く、いろいろ楽しめる。
リンク

山行記

今回は会社の先輩と籠ノ登山(かごのとやま)という長野県と群馬県の県境にある山に行ってきた。

この山は浅間山の西側に位置し標高は2,227mあるが、駐車場自体が2,000mの高地にあるため、長野県小諸市から北の方へ向かって車で登って行く。

池の平駐車場に着くと、空は青々としており、外は涼しく空気は澄んでいる。絶好の山歩き日和。周りはカラマツ林で高地に来たという実感が湧いてくる。
駐車場からの標高差は200m程度しかないが、久しぶりの2,000mオーバーの山、非常に楽しみだ。
晴れれば山頂から北・中央・南アルプス・富士山なども見渡せる360度の展望と高山植物も期待していた。

籠ノ登山は双耳峰のように東西、2つのピークがあって、東側を東籠ノ登山、西側を西籠ノ登山という。
今回は駐車場から近い東籠ノ登山を目指す。

登り初めはカラマツ林を進むが、じきに森林限界を超え、ハイマツと岩場に変わる。 岩場は勾配がきつくなるが、すぐに東籠ノ登山の山頂に到着する。
途中、森林限界を越したあたりから、後ろを振り返ると、北アルプスの雄大な山群が横一杯に広がり、中央アルプス、八ヶ岳、その後ろには南アルプス、南を向くと富士山があり、目の前に広大なパノラマが広がる。
あまりの感動的な風景に、しばし北アルプスの山座同定(山を識別する)に夢中になり、先輩と写真を撮りまくっていると、上から下りてきたハイカーさんに、「こんなところで撮っている場合じゃない。山頂はもっとすごいぞ!」と言われてしまった。(^^;
また、足元に目を転じると、そこには高山に生殖するイワカガミという小さく可憐 な花が咲いている。そちらも写真に撮ったりと大忙しである。

まあ、それでも40分程度で山頂に到着した。
一等三角点がある山頂の見晴らしも素晴らしく、浅間山も間近に見え、下を見下ろすと佐久市や小諸市も一望の下に見下ろせる。
富士山、南・中央・北アルプス、といった3,000m級の山々は未だ雪に覆われており、どれも威厳のようなものが漂わせているが、その中でも北から西の方へと延々と広がる北アルプスは悠然と聳え立っているようであり、その雄大さと風格に圧倒されてしまう。

この山頂から稜線伝いに30分程度の距離に西籠ノ登山があるが、そちらには向かわずに次の目的である池の平湿原に向かうため、休憩もほどほどにして往路を下山した。

今年こそ!槍ヶ岳へ行くぞ!と決意(???)を新たにした一日でした。

池の平湿原については、番外編にて。。。

アルバム

池の平駐車場にて
これから出発(8:24)
右側が東籠ノ登山で左側が西籠ノ登山。
東籠ノ登山
これから目指す東籠ノ登山。すぐそこって近さです。
西籠ノ登山
こちらが西籠ノ登山。空気が澄んでいるのか、今日は山が近くに見えると駐車場の人が言っていた。
池の平駐車場にて
駐車場も広くてトイレなどの設備もしっかりしてます。
ハイキングガイド
周りにはいろいろなハイキングコースがあるようです。
画像をクリックすると拡大表示します。
登山口前にて
駐車場の前が登山口です。(8:39)
コース上にて
最初は気持ちの良い陽だまりの中を進みます。
コース上にて
歩き始めて5分。山頂がますます近くに。
コース上にて
山頂部のアップ。コース上を進む人の群れが見えます。
コース上にて
カラマツ林を進みますが、ひぐらしのようなセミの大合唱。
コース上にて
ここに写っているのは、誰だ??
心なしか緊張しているようだ。
コース上にて
だんだんと傾斜がきつくなってきました。
コース上にて
後ろを振り向くと八ヶ岳が遠望できます。
コース上にて
こちらは八ヶ岳山群。一番高いのが赤岳
コース上にて
八ヶ岳の後ろに南アルプスが。北岳と間ノ岳かな
コース上にて
森林限界を突破。いきなり展望が開けてきました。
先輩もへばってきました。頑張れ!
コース上にて
うぉ〜!左右に広がる雄大な北アルプスにしばし感動
o奥穂高岳
日本で3番目に高い奥穂高岳のアップです。
槍ヶ岳
真ん中にちょこんと突き出ているのが、槍ヶ岳。
今年こそ、あそこへ行くぞ!!
富士山
南に目を転じるとそこには富士山が。
↑ロールオーバーで富士山の拡大。。
イワカガミ
足元に目を向けると、そこには小さなイワカガミが可憐に咲き誇っていた。
山頂直下の岩場にて
山頂直下の岩場。最後の踏ん張りどころ。
山頂が見えてきた
山頂が見えてきました。
山頂にて
山頂(2,227m)に到着。(9:43)
一等三角点が設置されているだけあって、展望は言うことなし。
黒斑山・浅間山
東の方に黒斑山。上の方にちょっと頭を出しているのが浅間山
四阿山
北には四阿山
西籠ノ登山て
すぐそばに西籠ノ登山が。
山頂にて
息子がいないので、代わりに自分がモデルに(^_^;)
富士山
山頂の南からの展望。まずは富士山。
ここから直線距離で約120km離れている
八ヶ岳
次は八ヶ岳
南アルプス
八ヶ岳の後ろに南アルプス。右奥が甲斐駒ケ岳で、
真ん中が北岳(日本で2番目に高い山)
中央アルプス
そして、次は中央アルプス
御岳
こちらは御嶽山
乗鞍岳
こちらは北アルプスの乗鞍岳?
槍ヶ岳
そして日本で5番目に高い槍ヶ岳(3,180m)。
ここから直線距離で72kmほど離れている
コース上にて
さて、下りは往路をそのまま下ります。
コース上にて
下りは20分程度です。
駐車場にて
帰りの駐車場にて(12:46)。一般の観光客が多かった。
駐車場にて
駐車場からの籠ノ登山。
ランプの宿にて
帰りに立ち寄った高峰温泉にて。