鐘撞堂山 標高 330m
日 程
2007年7月1日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉県寄居町
コース
出発(8:00)→駐車場(少林寺)(9:13)→少林寺(9:18)→羅漢山山頂(9:33)→登山口(9:39)→円良田湖分岐(9:41)→鐘撞堂山山頂(10:09/休憩)→円良田湖分岐(10:47)→登山口(10:48)→羅漢山山頂(10:54)→少林寺(11:07)→駐車場(11:13)→自宅(13:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
少林寺・第一駐車場
温泉他
リンク

山行記

今回は久しぶりの息子との山歩き。
関節炎になって、まだ本調子ではないという息子を、ハイキング程度なら大丈夫!、リハビリだと言って半ば強引に引っ張り出した。(^^;
梅雨の真っ只中だというのに、雨らしい雨もなく、この日も晴天の空模様。

さて、歩き始めは少林寺から。
とりあえず、お賽銭を済ませ、羅漢山を登り円良田湖を目指す。
羅漢山を越え下ったあたりから、指導標に鐘撞堂山の案内がでるようになる。 円良田湖へ向かう林道を右に折れ、鐘撞堂山へ真っ直ぐに向かう。 なだらかな林道をしばらく進み、舗装された道が切れるあたりで傾斜も出てくるが、すぐに稜線に出て、じきに山頂に到着する。

山頂は広く、あずまやと展望台があり、里山ハイキングにはもってこいの雰囲気がある。
この日は人が少なかったが、シーズン(春か秋かな?)になると大勢の人に賑わうのだろうか。
山頂に鐘撞堂山の由来に関する説明があったが、見晴らしが良いため、戦国時代には荒川の対岸にある鉢形城への敵の襲来を鐘を突いて知らせたという山のようだ。
そして豊臣秀吉の小田原征伐の際、前田利家や本多忠勝らの軍勢によって落城した折に鐘が取り払われたと伝えられている。
 見張り台があったに相応しく見晴らしはよく、眼下に広がる寄居の町並みから関東平野の展望が広がる。
当時を偲ばせるものはないが、山頂から見渡していると同じ場所で見張りをしていたという400年を越す時代の流れに悠久の歴史を感じさせるものがある。

 さて、返りは往路をそのまま戻るが、羅漢山山頂と少林寺まで山道にはコースが2つに分かれており、510余体の石像が並ぶ五百羅漢コース、もう一方が千体荒神といって960余の石碑が並ぶコースがある。
往路に五百羅漢コースを通ったので、返りは千体荒神コースを下った。
どちらのコースも石像・石碑の多さについては圧巻だが、五百羅漢はどれも喜怒哀楽の表情豊かなで、時を忘れて見とれてしまうものがある。
五百羅漢は亡くなった親しい人の面影を見出せるといわれているが、ゆっくり眺めながら歩くのも良いかもしれない。

 コース上厳しいところはなく、里山の雰囲気や歴史的な情緒もあり、休憩入れても2時間程度で行って帰ってこれるのでハイキングにはちょうどよいかもしれない。

アルバム

駐車場にて
少林寺の駐車場にて(9:13)
とりあえず少林寺に向かいます
とりあえず少林寺に向かいます。
コース上にて
真っ直ぐ向かった先に少林寺があります。
少林寺にて
少林寺に着きました。とりあえずお賽銭を(9:18)
少林寺にて
少林寺の説明↑画像をクリックすると拡大表示されます
少林寺にて
しばらくは案内に従って、円良田湖に向かいます。
五百羅漢の沿道にて
水子地蔵尊から登っていきます。
五百羅漢の沿道にて
五百羅漢と千体荒神と左右二つのコースに分かれますが、登りは五百羅漢の方へ進みます。
五百羅漢の沿道にて
雨上がりで少し鬱蒼とした道を進みます。
五百羅漢の沿道にて
こういった石像が五百余像並んでますが、それぞれ顔の表情が異なります。
五百羅漢の沿道にて
細かな蚊のような虫も多く、
じめじめして暑くてたまらない。。
五百羅漢の沿道にて
それぞれの表情をゆっくり眺めてゆくのも良いかもしれない。
山頂にて
釈迦三尊が祀られている山頂に出ました。(9:33)
山頂にて
五百羅漢と千体荒神の説明↑画像をクリックする拡大表示されます。
山頂にて
引き続き円良田湖へ向かいます。
コース上にて
しばらくは下りです。
コース上にて
反対側の登山口に着きました。(9:39)
コース上にて
しばらくは林道を進みます。
円良田湖分岐にて
この分岐を右に進み鐘撞堂山方面へ向かいます。(9:41)
コース上にて
緩やかな舗装された道を進みます。
コース上にて
しばらく右側に小さな沢が続きます。
コース上にて
それにしても暑い。熱中症に気を付けなければ。
コース上にて
舗装された道が終わる辺りから、少し勾配がきつくなります。
コース上にて
ちょっとしたピークを左に曲がると山頂も目前に
コース上にて
山頂直下は階段。最後の踏ん張りどころ。
鐘撞堂山山頂にてにて
山頂に到着(10:09)
鐘撞堂山山頂にてにて
山頂は結構広いです。
真ん中に三角点がある。
鐘撞堂山山頂にてにて
鐘撞堂山の由来↑画像をクリックする拡大表示されます。
鐘撞堂山山頂にてにて
山頂での恒例の一枚(330.2m)
鐘撞堂山山頂にてにて
展望はなかなか。
鐘撞堂山山頂にてにて
竹筒を覗くと筒に書いてある山の山頂部が見えます。今日は晴れたけど秩父以外の山は見えなかった。
鐘撞堂山山頂にてにて
空気が澄んでいれば、左側に両神山が見えるようです。
鐘撞堂山山頂にてにて
あずまやと奥に見晴台があります。
コース上にて
さあ、これから戻ります。(10:25)
コース上にて

稜線は杉林を進みます。
コースにて
舗装された道を1km程度下って行きます。
コース上にて
円良田湖の分岐が見えてきました。
コース上にて
分岐を左に曲がり少林寺方面へ向かいます。
登山口にて
少林寺へ向かう登山口にて(10:48)
コース上にて
しばらく登りますが、階段はきつい!
山頂にて
山頂へ到着。今度は千体荒神コースへ進みます。(10:54)。
山頂にてにて
山頂に祀られている釈迦三尊
コース上にて
今度は石像ではなく石碑が並びます。
コース上にて
こちらの石碑の数もものすごいものがあります。
コース上にて
五百羅漢コースと千体荒神コースの分岐にて
少林寺にて
少林寺まで戻りました。(11:07)
少林寺にて
少林寺にて
駐車場にて
駐車場まで戻ってきました。