大持山 標高 1,294m
日 程
2007年11月4日(日) 天気:晴れのち曇り
所在地
埼玉県飯能市
コース
出発(10:50)→駐車場(名郷)(12:00)→大場戸橋(12:10)→白岩採石工場登山口(12:30)→集落跡(12:45)→ 鳥首峠(13:23)→大持山山頂(14:35・食事休憩(20分))→妻坂峠(15:35休憩)→山中→名郷駐車場(16:45)→自宅(18:30)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
名郷駐車場(休日:700円 平日:500円)料金袋がフロントのワイパーに挟み込まれるので、料金を入れて料金箱へ
温泉他
リンク

山行記

衝動的に山へ行きたくなり、昼に近い時間帯から出かけた。
時間的な余裕もなく近場ということで、前回に行った武川岳と稜線で繋がる大持山へと向かった。
前回と同様、スタート地点も名郷である。今回は車を名郷の駐車場に停め、準備運動の後、出発。少し肌寒いが空は晴れ、秋らしい天候の中、登山口まで40分程度林道を登ってゆく。 少し汗をかいてきたところで、白岩の採掘工場が見えてきた。
工場横に登山口があり、ここから山道となり、工場の裏に回り込みながら登ってゆく。しばらくは日当たりの良い山肌を巻きながら進む。平行してトロッコの軌道があり、トロッコに乗って登るってというのもなかなか乙なことかもしれないと考えながら、高度を稼いで行くと、突然、開けた場所に出る。
ここは元集落のあった場所のようで、朽ち果てた廃墟があり閑散としていた。かなりの荒れ具合と生活用具などがそのまま捨てられている状況は、かなり不気味な雰囲気がある。 ここが賑わっていた頃を想いつつ、休憩もそこそこに西に進む。

薄暗い針葉樹林の中、鳥首峠に向かっていると地図に出ていない作業道との分岐が何箇所かあった。
ちょっと紛らわしいが、気を付けながら進む。急坂を九十九折に登ってゆくと鳥首峠にたどり着く。ここまでで約1時間半、600m程度登ってきた。あまり休まずに登ってきたので、足が重くなってきた。(^^;
リュックを下ろし小休止。ここの峠には祠も祀られており、江戸の時代までは東西南北を結ぶ要所とされてきたのであろう。

さて、ここからは稜線上で上り下りを繰り返しながら進んでゆく。
稜線上に出ると植生も変わりブナなどの落葉樹が広がり、落葉の敷き詰められた尾根道は非常に歩き易くて気持ちが良い。
ウノタワと呼ばれる分岐箇所では一面にカラマツ林が広がるちょっとした窪地になっており、突然、違う場所に来てしまったのではといった違和感があった。
尾根上をしばらく進むと目指す大持山も眼前に迫ってくる。 いくつかのピークを過ぎと山頂手前で最後の急登が待っている。何とか踏ん張って登りつめると妻坂峠との分岐に出る。
ここから大持山山頂まではすぐの距離であるが、ここは東から南への見晴らしがよく、ちょっと息を整えながら、展望を楽しむ。

そして山頂へ向かう。山頂にはすでに4名の先客がいたが、なんと皆さんMTBを担いで登ってきたみたい。高級そうなMTBはどれも軽そうだったが、それにしてもこんなところまで登ってくるとは。。。すごい!の一言。
狭い山頂は4台のMTBもあって、ますます狭くなっていたが、直にMTBのグループは先へ移動したので、一人でひっそりと展望を楽しみながら遅い昼食を取る。 山頂では、じっとしていると肌寒く、また、帰りの時間を考えると日没まで、あまり余裕がないので、早々に下り始めた。

見晴らしの良い妻坂峠との分岐でMTBの人たちが休憩していたが、こちらはそのまま妻坂峠に向かう。そのうちMTBの人たちが抜かして行くんだろうななどと思いながら、進んでゆくとものすごい勢いで上の方からやってきた。 非常に気持ちが良さそうである。
考えてみるとここのコースは道が広く、木の根っこが浮いているような段差も少なくMTBでのダウンヒルには良いのかもしれない。

途中、急な下り坂を延々と下ってゆくと、目の前に前回上った武川岳が見えてきて、直に妻坂峠に到達する。
ここでもMTBの人たちが休憩していたが、武甲山への登り口のある生川方面に下っていった。
他にも一人で休んでおられるハイカーさんがいたが、私と同じコースをなんと朝の8:30から登っていたようである。普通に考えるとそんな時間が掛かるはずはないのだが、よくよく聞いてみると、鳥首峠へ向かう途中にあった分岐を間違えて作業道へ進んでしまったとのこと。かなり登ってから途中で道がなくなっているのに気付き引き返されたとの事。 ここでかなりのロスタイムをしてしまったようだ。
話をして間もなく、1時間半後のバスに間に合わせるため、ハイカーさんは早々に下山していった。

この妻坂峠の地名の由来は、その昔、畠山重忠が鎌倉に出仕するとき、その妻がいつもこの峠まで見送ってくれたということかららしい。本当かどうかはよく分かりませんが。。
また、上杉謙信も軍勢を引き連れてこの峠を越えたとか。
道路など存在しないころは、このような峠は交通の要所として重要な役割を担っていたのだろう。1747年に建立されたお地蔵様が祀られているが、260年の時を経て当時の往来が盛んだった頃の面影を今に伝えているような気にもなる。 今は淋しいが鎌倉時代からも人々が行き来していた同じ所に佇んでいるものなかなか感慨深いものがある。

さて、ここで既に15:30を過ぎている。名郷までは1時間程度の距離。
ここからは前回も通っており半分以上は林道を進むのでそれほどの心配はしていないが、やはり日没まで時間的な余裕は少ない。休憩もそこそこに名郷を目指して下山を開始する。途中で先行したハイカーさんを追い越すが、時間的には十分バスには間に合うだろう。

林道に出てから少し日が陰り出すが、なんとか暗くなる前に名郷の駐車場にたどり着いた。

アルバム

名郷駐車場にて
名郷駐車場にて(11:55)
うちの車1台だけ
これからスタート
今日も秋晴れ。気持ちも引き締まります。
しばらく行くと左側に大鳩園キャンプ場が現れます
しばらく行くと左側に大鳩園キャンプ場が現れます。
大場戸橋にて
大場戸橋にて(12:00)
登山口のある白岩採石工場にて
林道を淡々と登ってゆくと登山口のある
白岩採石工場にたどり着きます。

事務所右側にある登山口を進みます(12:30)

工場の裏手を廻り込むように進んで行きます。

今日は工場もお休み。静かでした。

植林の中、山道らしくなってきました。

しばらくはトロッコ軌道の脇を進んで行きます。

不気味な集落跡を通過。

途中で沢を渡渉します。

植林の中、西に向かって巻き道を進んでゆきます。
鳥首峠にて
鳥首峠にて到着(13:23)
ここで標高935m。すでに600m程度登ってきました。

小さな祠が祀られてます。
ここから進路を北へ変え大持山へ向かいます

尾根に出るといきなり急登が待ち構えてます。
この辺りから足がへばってきた。見上げるだけでげんなりします(^^;

稜線上の道は所々開けていて、西側の展望が開けます。

左奥に目指す大持山が見えてきました。

西側の展望。

しばらくは登っては下りの連続。
汗でびしょびしょ。

送電線の鉄塔を通過。現在地の把握には重要なポイント

広くて平らなピークを通過。落葉が敷き詰められていて歩き易くていい感じです。

左奥が大持山。右側のピークを越えなければならず、まだまだ先。。。

北の方に武甲山の頂が見えてきました。
所々に見える紅葉もなかなかきれいでした。

周りの植生もブナなども増え、明るい稜線上は気持ちが良い。

ウノタワのコル(鞍部)にて。目の前に突然広いカラマツ林が広がります。
ウノタワの分岐にて
ウノタワの分岐にて(14:03)。

またまた登りです。この先もう一度下って、登り返さなければなりません。足も重たくなってきた。。。

大持山山頂も間近に迫ってきました。

妻坂峠との分岐にて(14:32)。ここから山頂まではすぐですが、こちらの方が見晴らしが良い。

真ん中左寄りに見えるのが、登り始めた名郷の集落
かなり登ってきたことが分かります。

やっと大持山山頂(1,293m)に到着(14:40)
いや〜疲れた。^^;

東に目を向けると中央に見えるふたつのこぶの左側が前回、登った武川岳。右側が前武川岳

こちらは西側の展望。中央ちょっと左寄りのちょこんと高い部分(一番奥)が雲取山かな

山頂の広さです。MTBのグループが山頂まで登って来ていた。すごいの一言!

山頂は寒く、暗くなるまで時間的な余裕もなさそうなので、早々に下り始めます。

妻坂峠との分岐(15:00)。帰りは妻坂峠へ向かいます。

MTBで爆走する人たち。気持ち良さそうだ。

長くて急な下り。一番膝に負担が掛かります。写真よりも険しいのですが、ここをMTBで下ってゆくとは、只者ではない。。。(^^;

前方に武川岳が見えてきました。
妻坂峠まであとわずか。

妻坂峠(839m)に到着(15:37)。ここからは前回と同じコース

しばらくは植林の中、つづら折に下ってゆきます。

林道まで下りてきました。ここから林道を50分程度下って行きます。

大鳩園まで下りてきました。

名郷の集落にて。暗くなる前にたどり着きました。(16:40)

無事に駐車場に到着(16:45)。