秩父御岳山 標高 1,080m
日 程
2007年5月27日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉県秩父市
コース
出発(5:30)→駐車場(大滝温泉・遊湯館)(6:50)→登山口(7:05)→林道出合(7:56)→ 御岳山山頂(8:27)→登山口(09:45)→三峰口駅(9:55)→西武バス→駐車場(11:40)→自宅(13:30)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
大滝温泉・遊湯館
温泉他
大滝温泉「遊湯館」に寄ってきました。 ここは1Fが桧風呂、B1Fが岩風呂と2種類あり、露天はないが眼下に荒川の清流を見ながらのんびり浸かれました。 以前、西沢渓谷に行った帰りにも寄ったことがあります。
リンク

山行記

またまた、息子抜きの単独行。
前日にガイドを見てて、衝動的に山へ行きたくなり、埼玉県・秩父にある秩父御岳山(おんたけさん)に向かったのである。
今回はスタートとゴール地点が異なるコースを考えており、ゴール地点からはバスでスタート地点まで戻ってくる予定であるが、バスの日中の本数は少なく1時間に1本しかない。
時間が合わないと1時間以上、バス待ちの状態に陥る。できればAM10:15のバスに乗りたい。
そこでガイド上の歩行時間を参考に、山頂までのペースから10:15に間に合わないようであれば、山頂からそのまま往路を戻ろうということで出発した。

大滝温泉・遊湯館を出発し、落合から王滝沢を登ってゆく。しばらくは鬱蒼としているが、沢を離れるあたりから明るくなると共に傾斜が急になってくる。
稜線上に出るとクサリ場などもあるが、山頂まではすぐである。
山頂は狭く南側は木が邪魔で展望はなく雲取山は見れなかったが、両神山や二子山ははっきりと望めた。

さて、ガイドブックには登りで2時間10分とあったが、ここまで約1時間半でAM8:30。
山頂から三峰口駅まではガイドで1時間55分。ガイドの通りだと駅への到着がAM10:30ごろ。
1時間に1本しか出ていないバスが10:15出発予定。
登りのペースからすると1時間半もあれば、下れるかなということで、山頂に祀ってある神社にお賽銭を入れ、願を懸けて早々に出発。
下りは稜線上を進む。途中で何箇所か分岐があるが、標識がしっかりしているので迷う心配ない。ただ、山頂も含め稜線上は風が強かった。
最初は少し急いだが、しばらくして町も遠望できるようになるとペースを落とし、何とかAM10:00に三峰口駅にたどり着いた。

奥武蔵の山は、近場という親近感もあるが、雑木林と杉・桧の植林が織り成す鬱蒼とした雰囲気がなかなか好きだ (秩父御岳山は場所的には奥秩父かな?)。
御岳山は下りで3人とすれ違っただけで、他に誰とも会わなかったが、人も少なくひっそりとしている佇まいもなかなか良い。

帰りのバスでは、これから同じコースを行かれる予定の人とおしゃべりをして帰ってきた。その方は16:00までに戻ってきて秩父鉄道のSLに乗って帰るとのこと。 それもいいな〜。

で、家に帰ると
「一人で山に入って楽しいの?」

って、聞かれて
楽しいって言えば、楽しいけど、それだけではないんだけどなぁ。。。
でも、山の中を一人でずっと歩いていても不思議と「寂しい」という感情は起こらないなぁ。

山の中で立ち止まると、そこは風の音だけしかなく、人工的な音が全く聞こえない静寂の世界が広がっている。
その中で佇んでいる時間は何物にも換え難い貴重なものにも思えてくる。

こういう瞬間も味わいたくて、また、衝動的に山へ行ってしまうのだろうな。。

アルバム

駐車場にて
これから出発(6:55)奥の右側に高くなっているのが、目指す御岳山
R140上にて
しばらくはR140を歩きます。
R140上にて
普寛神社へ向かいます。
普寛神社にて
普寛神社の案内標識。
画像をクリックすると拡大表示されます。
普寛神社にて
始めは民家の間を進みます。
登山口前にて
しばらく行くと荒れた元集会場のような所が見えてきます。
登山口にて
その横の登山口にて(7:05)
沢沿いの道にて
鬱蒼とした沢沿いの道を進みます。
沢沿いの道にて
しばらくはこんな感じ。
沢沿いの道にて
沢を何度か渡りながら、上ってゆきます。
所々に紙垂が垂れてました。
コース上にて
沢から離れ、徐々に傾斜がきつくなってきます。
コース上にて
歩き始めて1時間近く経過。
このあたりの傾斜が一番きつかった。
コース上にて
白石山や飛龍山が南に見えます。
コース上にて
谷を進みますが、かなり開けた場所に出ます。
普寛トンネルにて
林道と出合う(7:56)。ここでしばし休憩。
コース上にて
まだまだ植林の中を進みます。
コース上にて
やっと山頂直下の尾根が見えてきました。
尾根上にて
ワラビ平(鞍部)に到着
山頂まであとわずか(8:21)
尾根上にて
あとは稜線上を行きます。
尾根上にて
山頂直下。唯一のクサリ場。
尾根上にて
山頂付近のみでつつじが咲いてました。
山頂にて
山頂に到着。(8:28)山頂部はご覧のとおりの狭さです。
山頂にて
山頂には小さな神社が祀られてます。
とりあえずお賽銭を。
山頂にて
北西の方向には両神山。↑ロールオーバーで拡大
コース上にて
さあ、三峰口駅へ向かい、これから下ります。
強石分岐にて
強石分岐にて。まっすぐ三峰口方面へ向かいます。
尾根上にて
しばらくは稜線上を進みます。
結構、風がきつかった。
右側の巻き道上にて
右側斜面を少し巻きながら進みます。
尾根上にて
そして、また稜線上に戻ります。
古池分岐にて
古池分岐にて。ひたすら三峰口駅へ向かいます。
コース上にて
あとは植林の中、尾根を進みます。
コース上にて
下りは何箇所か分岐がありますが標識が
しっかりしているので助かります。
コース上にて
開けた場所にて武甲山が遠望できます。↑ロールオーバーすると目指す三峰口駅が見下ろせます。
コース上にて
人里も近づき、あともう少し。
鉄塔にて
鉄塔にて(9:35)。ここまで来れば駅まであとわずか。とりあえず休憩。
コース上にて
駅も近くに見えてきました。周りはお墓だらけ。
コース上にて
人里まで下りてきました。
登山口にて
登山口に到着(9:48)
コース上にて
駅まで900m(9:48)。10:15のバスには間に合いそうだ。
コース上にて
舗装された林道を進むとR140に出ます。
コース上にて
橋を渡って駅へ向かいます。
三峰口駅にて
駅に到着(10:00)。ちょうどよい時間に着いた。
遠くには武甲山が見える。
駐車場にて
バスを下り、遊湯館に到着(10:45)。
めがね橋にて
振り返ると右奥に御岳山がひっそりと佇んでました。