武川岳 標高 1,052m
日 程
2007年10月14日(日) 天気:曇り
所在地
埼玉県飯能市
コース
出発(5:30)→駐車場(さわらびの湯)(6:50)→さわらびの湯バス停→(バス)→名郷バス停(8:00)→登山口(7:05)→天狗岩(7:56)→ 前武川岳(8:27)→武川岳(09:45)→妻坂峠(9:55)→山中→名郷バス停(11:40)→バス→さわらびの湯→自宅(13:30)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
「さわらびの湯」駐車場に停めた。
名郷駐車場(休日:700円 平日:500円)←実際はこちらの方が良い
温泉他
さわらびの湯 に行ってきました。
リンク

山行記

一人でふらりと奥武蔵の武川岳に行ってきた。
武甲山、大持山、双子山、伊豆ヶ岳、蕨山、棒ノ折山に囲まれた奥武蔵でも中央?に位置している山だ。
そのためコースバリエーションも豊富。今回は名郷から天狗岩・武川岳・妻坂峠・山中・名郷というコースを選択。標高差も700m程度でお手頃である。

 さて、出発点である名郷に駐車場があるということで、車で向かうがそれらしい所が見つからない。
そのため、さらに林道を進んでみたが車を止められそうなところがない。ガイドには名郷バス停付近に有料駐車場があると記述されていたので、もう一度戻って探してみたが、空き地らしきものはあっても車が止まっていないのでよく分からない。
 そこで以前に登った蕨山と同じパターンでさわらびの湯まで戻り、そこからバスで名郷まで向かうことにした。
さわらびの湯まで戻り、駐車場で支度をしていると、1時間に1本しかない貴重なバスが来ているではないか。
やばいと支度も早々にバスへ飛び込む。何とか間に合いほっとしていると、デジカメを忘れたことに気がついた。。。
しまった〜!温泉セットに入れたままだ。いつも下山後に温泉に入るためのタオルや着替えを入れておくカバンをそう呼んでいるのだが、この日に限ってリュックではなく、温泉セットに入れていた。
なんてことだ!山でデジカメを忘れるなんて!今から引き返しても時間的に大幅なロスとなる。
あ〜ヘマコイタ(小島よしお風)と悔やんでみても後の祭り。(^^;;
初の画像無しページもいいかな等と考えていたところ、携帯に200万画素のデジカメ機能があるということに気がついた。
今まで高画素モードなど使ったことがなかったのですっかり忘れてた。どうやって設定するんだと試行錯誤したところ何とか設定でき、メモリカード側に保存する設定に切り替えた。
以前、秋葉原で衝動買いしたMicroSDカード。一度も使ったことがなく存在自体も忘れていたが、やっと日の目を見るときが来た(^_^)。バスを下り、帰りのバスの時刻表を試しに取ってみた。う〜む、悪くはないぞ。

と、だいぶ話がそれてしまったが、準備運動をして早速出発。
登山口までは民家が連なる林道を登る。登山口までは標高差200mくらい。1/4程度は登ったことになる。
いつものパターンで登り始めの30分は、そこそこの斜度があると必ずといっていいほど息が続かなくなるが、それを過ぎると体が慣れてくるのか、息切れはなくなってくる。不思議なものだ。
そんなことで、しばらく登ってゆくとそこかしこに石灰岩が露出してくる。
近くの武甲山と同じような感じだなと思いながら進んで行くと、登りコースのハイライトである天狗岩に到着する。天狗岩といっても一枚岩ではなく大きな石灰岩がごろごろした尾根であり、それなりな急坂で岩登りとなる。 男坂、女坂と2つのルートがあったが、岩を直登する男坂へ向かう。直登とはいえ、3点支持で慎重に登れば、さほど問題はないと思う。 ここまでくるとかなり高度を稼いだことになり、直に前武川岳に到着する。

ここから武川岳までは700mとある。少し下って登り返すと武川岳山頂に到着。 山頂はそれなりに広く南側が開けていたが、曇っていたので展望は得られなかった。
山頂でAM10:00を迎えた。ここまで約2時間。帰りのバスを逆算すると10時台は35分発。これは絶対に間に合わない。 11時台と12時台が8分発で、それぞれ1時間に1本しかない。11時8分に間に合うかどうか。つまり登りの半分の時間で下りられるかどうか。微妙なところだが、急いで怪我したり、道を間違えては元も子もないので、12時8分発のバスに決めた。
これならば、ゆっくり下っても十分間に合うはずだ。ということで山頂で食事休憩。
それにしても、いつまで経っても誰も来ず、山頂は閑寂としていた。
ここまで、登山口手前で二人組みのハイカーさんを追い越したが、それ以外では誰とも会わず。人が少なくて良い。

さて、ここからは妻坂峠までは急な下りとあったが、これがなかなか侮りがたいものがあった。
膝に疲れが溜まり足で踏ん張りが利かないとコケルこと間違いないが、なんとか踏ん張れた。
途中からは舗装された山中林道を2.5km程度歩くことになる。舗装された林道の下りはどうも苦手だが、バスの発車時刻まで余裕があったので、林道歩きでかなりゆっくりと足を運んだ。

それでもバス停には30分前に到着してしまった。
やる事がないので、バス停周辺を歩いているとなんと有料駐車場があるではないか。
駐車場っぽくはないのだが、車が止まっていたので、よくよく見ると料金箱と駐車場の看板が設置されていた。(^_^;)
朝に駐車場の脇をしっかりと通っていたのに気づかなかった。。。

今回は4組くらいのパーティとすれ違ったが、まだ紅葉の時期でもないので人は少ないようだった。

あと、今回は携帯のデジカメ機能を使ったわけだが、想像以上に良く撮れたと思う。
林の中など薄暗い所では手ブレが多くなってしまったが。。。
山の中ではほとんど役立たずな携帯だが、この日は大活躍。改めて携帯の便利さを思い知らされた一日であった。

アルバム


名郷バス停付近にて(7:56)

バス停から林道に入ります

西山荘の看板を右に曲がって行きます(8:02)

しばらく林道を進みます

登山口にて。ここまで200m程度登ってきました。(8:23)

尾根に出るまでしばらく急登が続きます。

尾根に出ました。しばらくはなだらかな斜面

この辺りは楽だった。

ゴツゴツした岩場が現れてきました。

天狗岩に到着(8:53)。男坂へ進みます。

こんなところを3点支持で慎重に登ります。

斜面が急なだけあって高度を稼げる。

途中、東側の展望が開け、伊豆ヶ岳(左)と
古御岳(中央)が見えました。

天狗岩の頂上にて(9:01)

植林の中を進みます。

しばらくなだらかな尾根道が続きます。

前武川岳の手前、尾根の左側を巻きながら進みます。

前武川岳が見えてきました。

鹿の食害防止ネットかな。その横を登ってゆきます。

前武川岳に到着(9:37)。
ここから武川岳の山頂はあとわずか

武川岳まで700m

前武川岳の山頂部。展望はよくありません。

武川岳に向かって少し下ります。

そして最後の登り。あと一踏ん張り

武川岳山頂に到着(9:52)。山頂部は広いが曇っていたので展望は効かなかった。

山頂からは妻坂峠に向かいます。
急な下りで約30分とある。

山頂にて食事休憩。誰も来ず。。
寒いし、ちょっと物悲しい気分になる。

本当に急斜面。滑らないよう慎重に。登りは大変!
この辺りで初めて人とすれ違う。

妻坂峠に到着(10:18)

植林の中をたんたんと下って行きます。

涸沢との出合。これから沢沿いを進みます。

バスの発車時刻まで時間があるので、時間調整しながら進む。

山道はここまで(10:39)

ここから1時間程度、林道を下ってゆきます。

舗装された下りはどうも苦手です。足が痛くなる。

西山荘の入り口にて。バス停まであとわずか(11:32)

名郷バス停に到着(11:36)。中央の電柱の後ろ辺りが有料駐車場。白い屋根の建物は公衆トイレ。
ロールオーバーすると料金箱が表示されます。

バス停で30分程度待つ。中央奥に見えるのは、子供と以前に登った蕨山。山頂部はガスって見えず。