槍ヶ岳 標高 3,180m
日 程
2007年8月25日(土)〜27日(月) 天気:晴れ
所在地
長野県松本市・岐阜県高山市県境
コース
1日目
出発(0:00)→沢渡駐車場(5:45)→大正池(6:10)→上高地バスセンター(7:12)→河童橋(7:32)→明神館(9:22)→徳沢園(10:14)→横尾山荘(11:27 昼食)→槍見河原(12:54)→槍沢ロッジ(13:57)
2日目
槍沢ロッジ(6:00)→天狗原の分岐(7:55)→坊主ノ岩小屋(9:20)→殺生ヒュッテ(9:44)→槍ヶ岳山荘(11:08 昼食)→山頂(往復1時間程度) 大喰岳往復
3日目
槍ヶ岳山荘(6:07)→槍沢ロッジ(9:02 休憩)→横尾山荘(10:27 昼食休憩)→徳沢園(11:56 休憩)→明神館(13:07 休憩)→上高地ビジターセンター(13:57)→沢渡駐車場(14:37)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
沢渡市営第二駐車場 500円/日(足湯があってお得)
温泉他
白骨温泉「煤香庵」に寄ってきました。
リンク

山行記

とうとう、念願の槍ヶ岳に行ってきた!
日本のマッターホルンと呼ばれ、山を登る者にとっては憧れの的。 だれもが一度は登りたいと思ってやまない名峰だ。
(そんなことを思っているのは私だけ?)
深田久弥氏は「どこから見てもその鋭い三角錐は変わることがない。悲しいまでにひとり天をさしている」と孤高の面影を表現しているが、実際に目の当たりにした存在感は北アルプスの中でも一際、目立つ存在でもある。

今回は2泊3日で片道約20km・往復約40km、標高差1,500mという辛い旅である。
そして、日帰りでは持つことのないやたら重いリュック。
果たして本当に登って降りてこられるのだろうか。などと弱気な気持ちを起こさせるのだが、苦労が多い分、山頂での感動は格別なものになるに違いない。。
期待は大きく膨れ上がり、気持ちも大いに盛り上がる。 こたびのメンバーは会社の有志一同。
おいて行かれないか心配だったが、とりあえず皆さん経験者ばかりなので安心。 槍ヶ岳行きが実現できたのも、皆さんのお陰。

さて、初日の行動としては、
暗い内から沢渡の駐車場に到着し、1時間程度仮眠を取る。市営第二駐車場に停めたが、ここには一晩中浸かれる足湯もあった。車の移動で疲れた体に休めるにはちょうどよいかもしれない。
明るくなりだすと周囲があわただしくなり、我々も遅れまいとタクシーにて出発。
最初の行程は、それほど大変ではないので、上高地を探索しようということで、バスセンターの手前、大正池で降りた。
上高地は初めてだが、朝の雰囲気は最高。3,000m級の山々、梓川、周りの森林が織り成す景観はなかなかもので、大正池の周りはちょっと神秘的な雰囲気が漂っている。
朝の上高地は人もそれほど多くなく、しかも涼しいので気持ちがよい。 帰りの河童橋は日中で暑く人もすごいことになっていた。。(^^;

この日の行程は、最初、なだらかな道を10km以上進み、残る5kmほどで200m程度の標高差を登るだけなので、前夜、ほとんど眠れなかったが、高度に慣れる意味においてもちょうどよい。 また、宿泊予定の槍沢ロッジにはお風呂があると聞いているので、疲れを取るのにももってこいかもしれない。

あと今回は山小屋デビューになったわけだが、噂に聞いていた状態を味わってしまった。。
60cm幅くらいの布団を2人で使うような感じだった。体を横にしないと両サイドの人にぶつかってしまう。あの状態では疲れているといえども、とても寝れたものではなかった。これは山小屋では仕方のないことなのだが、
でも、辛かった。。。
特に寝相の悪い私としては、周りのみんなに迷惑を掛けてしまった。
ごめんなさい。m(_ _)m
それにしても、あれは聞きしに勝るものがあった。
もう二度と経験はしたくないかな。。
という気持ちもあるが、ご飯はおいしく、17頃に食事して就寝までの20時半までやることがなく、ぼけ〜と過ごすということが、非常に貴重な体験となった。

アルバム

沢渡駐車場にて
沢渡駐車場にて。足湯(中央奥)があり1晩中浸かれます。
大正池にて
タクシーで大正池まで。これから歩きます。(6:10)
焼岳
おっと、いきなり焼岳の姿が。。ここもいつか登りたいな
焼岳
焼岳山頂部のアップ
上高地にて
梓川沿いの木道。涼しくて気持ちがよい。
田代橋にて
田代橋にて(6:45)
梓川沿いにて
すばらしい景観の連続
上高地にて
目の前に奥穂高岳が。。。
上高地にて
山に見惚れながら歩きます。
バスセンターにて
バスセンターに到着。ここで山岳保険に加入(7:12)
河童橋にて
これが有名な河童橋。(7:33)
河童橋にて
奥穂高方面。普段見ることのできない感動的な景観が目の前に広がります。
上高地
森林浴。いや〜最高。荷物は重いけど。。。
上高地にて
水も冷たくて、心が洗われるようです。
上高地にて
河童橋から木道コースを進みます
上高地にて
明神橋が見えてきました。
明神池にて
明神池にて。入場料300円払って入ります。(8:44)
明神池にて
ここもなかなか神秘的な雰囲気がある。
明神橋にて
明神橋。明神岳をバックに。。(9:03)
明神館にて
明神館にて。今日の目的地はまだまだ先(9:22)
明神岳
明神岳を左側に見ながら進みます。
徳沢園に向かうコース上にて
だんだんと山道らしくなってきましたが、アップ・ダウンはあまりなし
明神岳・前穂高岳
前穂高岳が見えて着ました。
徳沢園にて
「氷壁」の舞台にもなった徳沢園にて。
ここでソフトクリーム休憩(^_^)(10:14)
新村橋
新村橋にて(10:46)
コース上にて
この辺りから観光客がほとんどいなくなりました。
コース上にて
目指す槍ヶ岳は左奥の遥か彼方にあるが、その姿はまだ見えず。。。
横尾山荘にて
横尾山荘にて。ここで昼食休憩(11:27)
横尾大橋
ここが槍ヶ岳と穂高連峰の分ける分岐地点。
穂高方面は横尾大橋を渡って行きます。
コース上にて
我々は一路、槍ヶ岳を目指します。
槍見河原にて
槍見河原にて。目指す槍ヶ岳の穂先が見えたぞ!(12:54)
槍見河原にて
でも、穂先は遥か彼方。まだまだ先である。
槍見河原にて
今回のメンバーでの記念ショット
一ノ俣橋にて
一ノ俣橋を通過(13:15)
コース上にて
だんだんと山道らしくなってきました。
二ノ俣橋にて
二ノ俣橋を通過(13:21)
コース上にて
この日のラストで高度を稼ぎます。
槍沢ロッジにて
槍沢ロッジに到着。今日の行動は終了(13:57)