甲武信岳・三宝山 こぶしだけ・さんぽうざん
標高 2,475m・2,483m
日 程
2008年10月13日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉・長野・山梨県境
コース
出発(4:30)→毛木平(もうきだいら)駐車場(7:10)→ナメ滝(8:25)→千曲側・信濃川源流地(9:30 休憩)→甲武信岳(10:20 休憩)→ 三宝山(11:12 昼食休憩)→尻岩(12:13)→武信白岩(12:40)→大山(13:20)→十文字小屋(14:00 休憩)→毛木平駐車場(15:15)→自宅(21:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
水洗トレイ・あずまやのある駐車場・40台程度、車が停められそうだ。
温泉他
長野須玉IC近くのたかねの湯へ行ってきました。
リンク

山行記

半年ぶりの山行。
相変わらずの運動不足の状態で、向かった先は日本百名山の甲武信岳と埼玉県で一番高い山である三宝山。
甲武信岳はその名のとおり、山頂が3県、山梨(甲州)、埼玉(武州)、長野(信州)の県境であり、埼玉では最奥の地にある。
ここは以前から行きたかったところであったが、日帰りできないという認識があり、躊躇していた。ところが、日帰りできるルートを発見。 発見というと大袈裟で、ただ単に気付いていなかったのだが。。
ただ、埼玉側には日帰りできるルートはなく、山域の反対である長野県側にコースがあるので、そこまで行くのが大変。(^^;
駐車場までは峠道を時間かけて真っ直ぐに向かってゆくか、高速使って大回りするかなのだが、早朝の暗いなか峠道では神経使って山に登る前から疲れそうなので、楽な高速で大回りするルートで向かった。
ETCの深夜割引を狙っていたが、適用時間帯を勘違いしており4時までに入れなかった。残念。
高速は長坂ICでおり、清里、野辺山を抜け毛木平駐車場に到着。すでに駐車場も半分以上埋まっていた。
この日は天気も良く絶好の山行日和。気温は10℃未満で少し寒いくらいだったが、歩き始めるとちょうど良くなるのであろう。

さて、今回は甲武信岳に向かって直登し、そこから稜線上で三宝山を通過し駐車場に下りるという周回コース。
登り始めは林道を行く。しばらくすると千曲川沿いの登山道となる。緩やかな傾斜を2時間程行くと千曲川・信濃川の水源地に出る。
ここからの一滴が日本一長い川の始まりとして、367Kmの道程を長い時間かけて流れて行く。。なかなか感慨深いものがある。
そんな思いに浸りながら休憩もそこそこに甲武信岳山頂を目指す。
この辺りから急登となり、息を切らしながら山頂を目指す事となる。山頂手前は岩場になっており、ここまでくればもうひとふんばり。だれた体で石を落とさないよう注意し山頂まで登る。

さすが百名山だけあって、コース上も山頂も人が多かった。見晴らしも良く稜線上に続く金峰山や南アルプス、八ヶ岳が良く見える。ここまで順調に来れたからゆっくりと展望を楽しむ。
さて、次は埼玉で一番高い三宝山に向かう。三宝山は山頂が広く丸い山。あまり特徴はなく展望も良くないが、一等三角点がある。ほとんどの人が直登コースのピストンで、こちらに向かう人はほとんどいないようだった。ここでゆっくりと昼食休憩。行動中は汗をかいても、じっとしてるとこの時期2,500mに近い高地はさすがに寒い。
食後はコーヒーでまったりとした時間を過ごす。
一緒に休んでいた単独行のかたは大宮から中津川林道を抜けて来たとのこと。すごいの一言。中津川林道から三国峠を抜けるのはモトクロスなどなければダメだと思っていたので。。。65才といわれていたが尊敬してしまった。林道はある意味で恐怖症があるので。。
これ以上、休んでいると歩くのがいやになりそうなので、コースを先に急ぐ。
ここから十文字峠まで稜線上を進んでゆくのだが、とにかく疲れた。。(T_T)
道は木の根が浮き出て歩きにくく、小ピークの連続。おまけにピークは狭い岩稜となっているので神経を使うし。。。
こちらの稜線に人が少ないのが分かる気がします。(;^_^A
楽して甲武信岳に行くのであれば、直登コースをピストンすれば良いと思う。
ただし、所々で見晴らしは良く気持ちがいい。しゃくなげも多いので、花が咲く頃はさらに良さそうだ。
さて、大山を過ぎると十文字峠を目指して、ひたすら樹林帯を降りるだけ。膝もかなりやばいことになってきた。運動不足が効いている。。。
しばらくして十文字小屋に到着。ここで休憩。かなり疲れてきた。。。
さあ、あとは駐車場まで2km程度の道のり。頑張るぞ!と気合を入れ重い腰を上げる。
途中、九十九折の急な道を下ってゆき、沢の水音が聞こえ出し、直に駐車場に到着した。
泣き言ばかりで本当に疲れたが、久しぶりに味わう感覚に大変満足!!

ゆっくり温泉に浸かり、高速に乗り一路家路に向かったが、この日は3連休最後の日で、高速は30kmの大渋滞。。。( ̄▽ ̄;)!!ガーン
30km抜けるのに、3時間以上掛かるとのこと。そんな待ってられないし、高速代ももったいないということで速攻で高速を下りる。そして、甲府から山道ルートであるR140を秩父方面に向かい、R299を抜けて帰宅した。 雁坂あたりで、暗い中、鹿を轢きそうになりながらも、山道が延々と続く中、神経を使いながらの走行だったので、疲れている割には全く眠くはならなかったが、帰宅後、爆睡したのは言うまでもない!

アルバム

毛木平駐車場にて
毛木平駐車場にて(7:01)
駐車場にて
ここの柵を越えて行きます。
十文字峠との分岐にて
十文字峠との分岐。往きは右へ向かう(7:13)。
千曲川のほとりを進みます
千曲川のほとりを進みます。。
林道にて
紅葉も色付き始めている様子です。
登山道にて
30分も歩いていると登山道に入ります。
登山道にて
しっとりとした雰囲気が良いです。
登山道にてにて
なだらかな沢沿いを進みます。
ナメ滝にて
ナメ滝にて(8:28)ここから甲武信岳まで2時間表示
ナメ滝にて
ナメ滝とはこんな滝です。
登山道にて
周りはコメツガの針葉樹が多くなってきました。
登山道にて
千曲川も水量が減り水源に近づいてきました。
登山道にて
鬱蒼とした雰囲気が奥秩父的で良いです。
千曲川・信濃川水源にて
千曲川・信濃川水源にて(9:30)。
日本一長い川の始まりです。
千曲川・信濃川水源にて

水源の様子。ここで生じた一滴が367kmの長い旅をしながら日本海へと向かう。
登山道にて
水源あたりから急登となります。
登山道にて
しばらく行くと稜線に出ます(9:56)。
ここを左に向かいます。
登山道にて
稜線上は明るく甲武信岳山頂まではもう少し。
登山道にて
甲武信岳山頂直下の岩場。最後のひと踏ん張り
山頂直下にてにて
山頂直下で後ろを振り返ったところ。石を落とさないよう注意して登ります。
甲武信岳山頂にて
きた〜!日本百名山・甲武信岳山頂に到着!(10:20)
甲武信岳山頂にて
山梨百名山の標柱 2,475m
山頂にて
国師ケ岳と朝日岳・金峰山の間に南アルプス・白根三山がかろうじて見えた。
山頂にて
少し左に目を転じると八ヶ岳が
山頂にて
山頂も登山道も人が多かった。さすが百名山。
北アルプスはよく分からなかった。
山頂にて
さて、休憩の後は十文字峠(写真奥の方)へ向かいます。