蕎麦粒山 標高 1,472m
日 程
2008年3月30日(日) 天気:晴れのち曇り
所在地
埼玉県飯能市
コース
出発(5:30)→駐車場(7:00)→登山口(7:12)→鉄塔(7:23)→中央峰(7:37)→ 南峰(7:45)→蕎麦粒山頂(8:25・食事休憩(20分))→中央峰(9:00休憩)→鉄塔(9:10)→登山口(9:20)→駐車場(9:33)→自宅(12:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
有間峠の路肩に広くなっており、2〜3台程度、車が停められる。
温泉他
リンク

山行記

久方ぶりの山行。
前回の山行から半年近くのブランクがあるので、標高差の少ない楽な山に、ということで近場にある蕎麦粒山に向かった。

埼玉県飯能市はこれで3回連続となるが、お手ごろな山が多く、なにしろ家から近いので何かと都合が良い。
さて、今回の山は標高こそ高いが、車で間際まで登って行くことができるので、それほど労せず山頂に立つことができる。
まずは車で名栗湖から広河原逆川線という林道を延々と登って行く。距離は10km程度だが、屈曲が激しく、道も狭く、おまけに落石も多いので、けっこう神経を使う。 いつものことではあるが落石の危険にビクビクしながら進むのは精神衛生上良くない。。。^^;
そんな中、ビビリながらも登りきると秩父市と飯能市の境になる有間峠に差し掛かる。 やっと辿りついた感があるが、道の荒れ具合から、この林道は林業関係の方がたまに使うくらいで、一般人がここまで登ってくることは少ないのだろうか。
ここの路肩は少し広くなっており、数台の駐車スペースがあり、車を停めて、準備運動も程々に出発。

ここからしばらく未舗装の林道を向かう。途中、残雪の中、右手に山稜が近づいた所に登山口がある。 登りはじめから藪の中を進むが、道は明瞭で迷う心配はない。じきに鉄塔へ到達。進行方向である南に目を向けると県境尾根がすぐ目の前に見渡せる。
足場が悪い中、前進すると10分程度で都県境尾根の日向ノ峰中央峰に辿り着く。ここから右手に進んでゆくと目指す蕎麦粒山だが、あっさり着いてしまい時間に余裕がある。
そこで、進路を左に向け、ちょっと寄り道で南峰へと向かった。それでも10分程度で着いてしまったので、景色の良い南峰でしばし休憩。南には以前から気になっている川苔山が見える。ここからだと直線距離にして2km程度。高度はこことほとんど変わらず途中の標高差もあまりない。行って行けないことはないかな?と考えたが、結局のところ、次のような理由で止めた。
前日までに予定コースを確認し、大まかなイメージを作って山行に望むようにしているのと、もしもの備えで家に目的地と予定コース図を残しているので、当初の予定にないことを避けるためだが、このような判断は山歩きでは重要な事なのだと思う。
ついついわき道に逸れたくなる場合があるので。。。
特にこのような人が少ない場所で、かつ、単独行の場合、遭難ということに気を付けないといけない。。。

さて、川苔山は次の機会にと諦めて、蕎麦粒山へ向けて足を進めた。ここから山頂までは都県境の尾根は進むだけだが、この尾根は防火帯になっており、切り開かれて明るく歩いていて気持ちが良い。また、蓄積された落葉のクッションも足に優しく歩きやすい。
アップダウンも少ないが、山頂手前に急坂があった。ここは日当たりも悪く、この時期は残雪が凍っており非常に滑りやすく注意が必要。
と考えつつも滑ってしまった。。。(^^;
体力のなさが出てしまった。たまにやってしまう。。
都県境尾根に出て1.5km程度、30分程度で山頂に着いてしまった。 山頂で軽く休憩をし、来たルートをそのまま戻り、小一時間で駐車場に到着。 この日は全く誰とも会うことはなく、少々物悲しい気もするが、このような山行もなかなか良い。
終わってしまうとかなり物足りない気もしたが、久しぶりの山行なので無理をしてはいけないと言い訳もしつつ、早く温泉に入りたい気持ちにも負けて、そのまま下山した。

アルバム

林道にて
駐車場からしばらく林道を進みます(7:01)
林道にて
日陰には所々雪が残ります。
登山口にて
登山口が見えてきました(7:12)。
藪を進みます
稜線上、藪の中を進みます。
鉄塔にて
鉄塔にたどり着きました(7:23)。
しばし休憩。

これからの進行方法。左右に広がる稜線に向かいます。

足場の悪い中、登って行きます。
中央峰にて
最初の分岐点である中央峰が見えてきました。

中央峰にて(7:37)

進行方向とは逆方向の南峰を目指します。
南峰までは10分程度

棒ノ折山との分岐にて(7:44)
南峰にて
南峰にて(7:45)
南峰にて
目指す蕎麦粒山の山頂が見えます
南峰にて
西の方に目を転じると


中央峰にて
中央峰(分岐)まで戻ってきました。
防火帯にて
中央峰を抜け、防火帯をそのまま真っ直ぐに向かいます。
防火帯にて
防火帯とは尾根に人為的に作られた山火事の延焼を防ぐためのものです。
防火帯にて
蕎麦粒山の山頂も近づいてきました。
所々に雪が残ってました。
防火帯にて
所々に標識があり、ルートが防火帯となっているので迷う心配は少ない。
防火帯にて
何度かアップダウンがありますが、山頂手前の急な下り。
都県境尾根にて
この防火帯、左側が東京都で右側が埼玉県。都県境
山頂にて
蕎麦粒山山頂に到着1,472m(8:25)
山頂にて
山頂の広さはこんな感じです。それほど広くない
山頂にて
南側、中央ちょい右が川苔山
山頂にて
山頂からの下り。かなり急です。
山頂にて
真ん中に白く見えるのが、歩いてきた防火帯で都県境尾根。
都県境尾根にて
左の写真中央に見えた白い防火帯です。
かなりの急登です。
都県境尾根上にて
往路を戻ります。明るくて歩きやすい。
右が東京都。左が埼玉県
日向沢ノ峰中央峰にて
日向沢ノ峰中央峰まで戻ってきました。(9:00)

都県境の尾根を離れ藪の中を下ってゆきます。
鉄塔にて
鉄塔に到着(9:10)遠くに名栗湖が見える
ロールオーバーで名栗湖が拡大で見れます。
鉄塔にて
東に高く見えるのは有間山
ロールオーバーで山頂部が拡大で見れます。
鉄塔にて
北東部に見える一番高い山が昨年登った大持山
ロールオーバーで山頂部が拡大で見れます。
鉄塔にて
北に目を向けると遥か向こうに秩父湖が見えます
鉄塔にて
ここから急斜面を下ってゆきます。
登山路にて
少し急な木段を下ります。
登山路にて
登山口まで戻ってきました。(9:20)
林道にて
あとは林道を進むだけ。
林道にて
彼方に名栗湖が見下ろせます。
有間峠にて
車を駐車した有間峠に到着(9:33)
有間峠にて
有間峠にて。ここが飯能と秩父の間だが、秩父側は通行禁止になっていた。
有間峠にて
有間峠にある林道の説明書き。
ここまで車で登ってくる人はほとんどいないのでしょうか。かなり大変だから(^^;

名栗湖から見た蕎麦粒山。真ん中で少しとんがった山
ロールオーバーで山頂部が拡大で見れます。通過した鉄塔も見れます。