富士山 ふじさん
標高 3,776m
日 程
2009年8月29日(土)30日(日) 天気:晴れ
所在地
静岡県・御殿場市
コース
出発(19:30)→(食事)→五合目駐車場(23:50)→須走口五合目/1,970m(12:21)→新六合目・長田山荘/2,420m(01:29)→六合目・瀬戸屋/2,630m(02:28)→七合目・太陽館/2,930m(03:37)→本七合目・見晴館/3,140m(04:42)→八合目・江戸屋/3,270m(05:05)→九合目/3,570m(06:29)→須走口頂上/3,710m(07:25)→七合目砂走り入口/2,890m(09:38)→砂払五合目/2,230m(10:12)→須走口新五合目(10:56)→自宅(15:30)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
第一・第二駐車場が満車のため、路肩に縦列駐車。1kmくらい歩く羽目に。。(^^;
温泉他
山中湖温泉 紅富士の湯へ行ってきました。
リンク

山行記

久しぶりの山行。そして、2回目の富士山
今回は、夜行・日帰りご来光登山ということで、近所の人と夕方から出かけることになった。
私が車を出すことになり、いざエンジンを、え??掛からない。。。(汗)
え!何で???
アクセルを吹かしながら、やっと掛かったがバッテリが怪しい。 そこで、早速、スタンドで見てもらうと電圧降下を起こしているとのこと。
こんなことでは5合目に登る前に停まってしまう恐れもあるので、有無を言わさずバッテリ交換実施。痛い出費だ!
そんなことで予定より遅れて出発。そして圏央道から中央高速を順調に進むも、大月JCであろうことか、河口湖方面ではなく、甲府方面に向かってしまった。。。
次の勝沼ICで下り、気を取り直して中央高速へ。せっかくのETC割引が。。。何たることだ。。。
河口湖で夕食をとり、須走口インターから「ふじあざみライン」に入り、あとはひたすら勾配のきつい道を5合目を目指して登るが、23時過ぎにしてに一番奥にある5合目の駐車場はすでに満杯とのこと。愕然としたが、さすが8月最後の土日だけのことはある。
5合目付近にある駐車場に停められない場合には「ふじあざみライン」の下り側の路肩に縦列駐車をすることになるが、結局、1km近く下ることになった。

さて、霧が立ち込める暗い中、準備運動もそこそこにとりあえずゆっくりと5合目からスタートする。 人が多く、道が整備された富士山ということもあるが、ヘッドライトは思いの外明るく、道も明瞭に判断でき、安心して歩けた。
富士山は過去に登ったなかで、ここ独特ともいえるいくつか辛いことがあるが、そのひとつには登り始めから山頂付近が見えることだ。
標高差もあるし、距離もあるので、当然のごとく、山頂部分は遥か彼方にあり、登っても登っても一向に近づいている感じがしない。。
これは精神的にものすごく辛い。
だけど夜行の場合は、それが全くない。暗い中を淡々と登れるので、これは楽だ。
また、上を見上げると素晴らしい星空が広がり、流れ星がいくつも見ることができ、休憩時などは気分転換に持ってこいだ。

そして、標高3,000mの手前、7合目の太陽館でトラブル発生!
同行している小学生に高山病の兆候が表れた。かなり気分が悪そうで、動けそうもない。 そこで、お父さんと一緒に下山することにしてもらった。
体力はあるのに、お父さんも含めて非常に残念なことになってしまった。
そこで、この先は私とH氏の二人で登ることにした。我々も体調に気を付けながら、途中の山小屋で休憩しながら登ってゆくと直に明るくなってくる。 AM5:00を過ぎ、ご来光が近づくと皆、立ち止まり、その時を待っていた。 そして、雲の端から太陽が顔を出した。
やったー!ご来光だ!!
やはり富士山で見るのは格別の想いがある。
さて、ご来光を拝んだら、あとは山頂へ向かうのみだが、さすがに8月最後の土日だけあって、9合目あたりから大渋滞。全然進まなくなった。
8合目あたりから登山道の脇で寝ている人が多くなってきたが、寝不足(徹夜)の状態で、しかも酸素の薄い3,000mを越した所で立ち止まっているとなんとなく体もだるくなり、高山病に罹ったような気になりだす。 そんなことを感じながら、ちょびちょび進んでゆくとようやく山頂にたどり着いた。
さあ、あとは前回諦めた日本最高地点である剣が峰を目指すのみである。。。
が、なんとも今回もあっさり諦めてしまった。(^^;;
山頂手前の渋滞に巻き込まれていた時から、すでに諦めムードに入っていた。
何たることだ!寝不足はあるが、前回に比べそれほど疲れは感じていなかったのに、須走口頂上で妥協してしまった。
標高差も大したことがなく、少し無理しても登ってしまえばよかったんだが、後の後悔、先にたたず。。。
お鉢(火口)の反対側に見える剣が峰があまりに遠く感じられて、などと言い訳ばかりである。
さて、同行したH氏は剣が峰を目指すとの事なので、待っていることにした。 1時間程度寝られると思い、横になるも寒くて寝れず、待っているとH氏が途中で諦めて戻ってきた。時計回りで剣が峰に向かったようだが、最初のピーク(大日岳)でいやになってしまったとのこと。 体力的には問題ないはずに見えたが、私に気兼ねして戻ってきてしまったのだろう。
それはさておき、戻ってきたら酸素の薄い山頂に長居は無用だ。それに先に下りた人を待たせるのも悪いので、さっそく下山することにした。

そして、これからが恐怖の下山である。。。
これが一番辛い。
長いザレ場の下りは足の踏ん張りが効かず、膝にも負担が掛かる。 下れども一向に進まないような錯覚に落ちて飽きてくる。
それにこの日は風が強く砂埃が最悪だった。マスクをもっていたのでかなり楽であったが。
さて、このコース7合目から砂走りというところを下りることになる。 この砂走り、慣れてくると結構スピードを出て、しかも膝にもそれほど負担が掛からずに下れるようになり楽しめた。
あっという間に砂走りが終わり、その先の山小屋に到着すると、ザックや頭から足まで全身砂だらけになってしまった。 山小屋の位置は砂払五合目となっており、文字通り砂払が大変だった。
ここでは洗顔用として洗面器の水が売られていた。
ここまで来ると須走口五合目もあとわずか。何とか気を振り絞って五合目にたどり着いた。

前回の吉田口に比べると、400mの標高差がプラスされるが、下りの砂走りのおかげで、多少は楽に感じられたが、やはり富士山は大変な山である。
それにしても、ゴミが多かった。他の山の登山道ではゴミを見かけることはほとんどないが、たばこの吸殻やゴミなどがとにかく多かった。他の山ではありえない有様で、普通の観光地の様相であった。これも日本一の山の宿命か? 前回の時も感じたが、今まで体験した山では一番つまらない所だという印象があるのは、コース上の景観だけではなく、こんなところも影響しているのだろうか。。
もう、富士山はいいかな〜という気もするが、今回も剣が峰(日本最高地点)に行けず後悔しているので、もしかしたらリベンジがあるかも。(^_^)

アルバム

須走口新五合目にて
須走口新五合目にて。1,970m(0:14)

雨上がりの中、白いのは霧です。
新六合目にて
新六合目・長田山荘に到着。2,420m(1:29)
新六合目・長田山荘にて
ここでしばしの休息を。
六合目・瀬戸館にて
六合目・瀬戸館にて 2,630m(2:28)
六合目・瀬戸館にて
まだまだ余裕です。

樹林帯も抜け、道も分かりやすくヘッドライトの灯りで迷う心配もありません。

休憩タイム。流れ星もよく見れて気分最高!
七合目・太陽館にて
七合目・太陽館にて 2,930m(3:37)
七合目・太陽館にて
風も出てかなり寒くなってきました。(>_<)

だんだんと明るくなってきました!(^-^)/

明るくなって山頂も見えてきました

そろそろご来光の時間が迫ってきました!
八合目にて
八合目・江戸屋 にて 3,270m (5:05)

空も明るくなりました

下には雲海が広がり壮観な眺めです。

駐車場が遥か彼方に遠望できますが、良く歩いたな〜

おぉ〜と!出ました!!\(^o^)/ (5:26)

上を見上げると、皆、立ち止まってご来光を迎えてました。

う〜む!素晴らしい。格別だ!!

これを見れただけでも来た甲斐がある!

さて、あとは山頂を目指します。

すでに山頂手前は九合目あたりから渋滞が始まっているようです
御来光館にて
御来光館にて (5:58)

山頂まであと少し。3,400mを超え、ふんばりどころです。

下からも続々と登ってきます。

九合目の鳥居が間近に迫ってきました。

九合目にて 3,570m(6:29)

山頂の鳥居も目前に!だけど、渋滞のため、九合目からここまで1時間近く掛かった。(^^;ゞ
須走口頂上にて
須走口頂上到着 3,710m (7:25)
それにしても疲れた。。。眠い!!!

今回も疲労困憊のため、剣ケ峰はリタイヤ。(^^;;

剣が峰が遥か彼方に!残念!!
それにしても山頂は非常に寒い。。

さあ!これから長くて辛い下りが始まります。(8:08)

駐車場は遥か彼方に!風が強く砂埃でまともに目が開けられない。(T_T)

ここから砂走りが始まります。
600mくらいを一気に下ります。(9:38)

30分程度で下ってきました。
コツが掴めると案外楽かも。 (10:08)
砂払五合目にて
砂払五合目にて 2,230m (10:12)
まさに砂払い!全身砂だらけ(^^;

新五合目手前の古御嶽神社にて (10:46)