二子山 ふたごやま
標高 西岳:1,166m/東岳1,122m
日 程
2009年11月29日(日) 天気:曇り
所在地
埼玉・小鹿野町
コース
出発(4:00)→駐車場→股峠→東岳山頂→股峠→西岳山頂→股峠→駐車場→(諏訪山へ)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
北登山口駐車場
R299を坂本の部落を抜け民宿登人の先を右折し林道西秩父線に入る。北登山口を過ぎた右路側帯に駐車スペースがあり、7〜8台位は停められそう。
温泉他
両神温泉薬師の湯へ行ってきました。
リンク

山行記

向かった先は埼玉県は最西部の群馬県との県境。
同じ県内といえども距離が離れているので、なかなか来ることができない。そこで、せっかくなので二つの山に行くことにした。疲れはするが楽しみも倍加するというものだ。
最初に目指す山は二子山。群馬県との県境に近い山深い所に位置する岩峰。ロッククライミングでは有名なようだ。

早朝、真っ暗の中、4時ごろに出発したが少し早過ぎたようだ。小鹿野町に入っても夜が明けない。 R299を高度を上げながら、ひたすら西に向かうがお腹が痛くなってきた。。。やばい!
二子山の麓にバイオトイレがあるらしいので、それまで我慢しよう。
さて、ひたすら西に向かっていると行く手に双耳峰である二子山の東岳と西岳の天に向かって聳え立つ雄姿が目の前に突如として姿を現した。
否が応でも気持ちが盛り上がってくる!!
ここは秩父や小鹿野の町から見ることができない。奥秩父のどっしりとした重厚な山々とは雰囲気が異なる岩峰でどちらかというと西上州の山といった感じだろうか。

旅館登人を過ぎ右折した所にくだんのトイレを発見。まだ、夜は明けきれておらず、あたりは暗い。ライトのつけ方も分からず、ヘッドライトを装着して用を果たした。結局、センサーライトがオフになっているだけだった。外見はただの仮設トイレのようだが、中は匂わず清潔だった。本当に助かった。。。
ここからはR299を離れ、林道西秩父線を進んで行く。舗装されて走りやすく直に北登山口駐車場に到着。 まだ、だれも着いていないようだ。ちょうど周囲も明るくなったので、準備運動もそこそこにさっそく北登山口から登り始める。

歩き始めて5分程度で東岳と西岳の間のコルにあたる股峠に到着。 ここに西岳のコース案内がある。一般と上級コースがあり、上級は岩峰を直登するようだ。 ここを起点として、まずは目の前に聳え立つ東岳に向かう。
いきなりの急登。少し左に巻くように登りつめると、最初のクサリ場にたどり着く。ここは岩場で少し左に一歩トラバースしてから登るようになっており、トラバースした所に足を掛けるステップが埋め込まれている。そのため安定感はあるのだが、間に岩が張り出しており、その一歩が出しづらく少し躊躇してしまった。あまり高度感はないのだが、ここが一番怖かった。。。
このクサリ場の下りは「やだな」などと思いながら、登り進めると岩場も多くなり楽しくなってくるが、直に稜線に出る。後ろを振り返ると西岳の岩峰が眼前に広がる。 見えるのは、ほぼ垂直に近いような岩壁。上級者コースはあの岩壁を進むようだが、見ている限りでは登れそうなコースが全く分からない。これは本当にやばそうだ。
とりあえずは東岳山頂を目指して、岩稜を進む。両サイドは切れ落ちてなかなか迫力はあるが、それほど怖くはなく、慎重に進むと山頂にたどり着く。
山頂から360度の展望が望めるが、あいにくの曇り空のため、遠方までは望めなかった。 山頂で少し休んで股峠まで戻る。下りでは所々でクライムダウンで降りてゆく。くだんのクサリ場も緊張しながら、慎重に進むと直に股峠に到着。

続けて西岳に向かう。
さて、一般コースと上級コースのどちらに進むか? 実は前日、ネットで二子山を調べていると滑落事故に遭遇した方の記事を読んでおり、それで少しびびっていたのと、一人で登るのはちょっとやばいかな。などと臆病風に吹かれて一般コースを進むことにした。
こちらは山肌を右に巻くようにしながら登ってゆく。こちらも急だが怖さはない。岩場が多くなりしばらくすると稜線上に出る。 左からの上級コースとの合流点でもある。ここを右に進むと西岳の山頂にたどり着く。 東岳と同様に高度感はある。ここから西の方へ岩稜を進み周回して股峠に戻るコースがあるので、西岳山頂から眺めてみると、ちょうど人の肩幅くらいで両サイドがばっさりと切れ落ちたナイフリッジが延々と連なっている。 次の山に行くので、西岳山頂からそのまま戻る予定でおりここで引き返したが、正直、このまま進みたい気持ちと怖さが入り混じった感じになっていた。 慎重に下ってゆくと股峠のあたりで他の登山者たちと出会った。

いつものことだが、車に乗ってから西岳の岩稜を途中で引き返してしまったことを後悔し始めた。^^;
次に登れる機会があれば、西岳の上級コースを進む周回コースを行きたいものだ。

アルバム

北登山口駐車場
北登山口駐車場にて。まだ、誰も来ておらず(6:37)

見上げると東岳の北壁が聳え立ってます。
北登山口にて
北登山口。ここから山道へ
北登山口にて
登山口から見た駐車場。一杯になると林道沿いに路駐になるようです。
股峠にて
股峠にて。登山口から5分程度。(6:43)
股峠にて
二子山の鞍部。右が東岳。左が西岳になります。
股峠の案内板
西岳には、一般コースと上級コースのガイドがある。
股峠にて
登山者への警告板。否が応でも緊張してきます。
股峠にて
始めは東岳に向かいます。

後ろを振り返ると西岳が目に前に迫ってきます。

のっけから急登です。

左側に巻きながら登り詰めてゆきます。

最初のクサリ場。ここの取り付き部が一番怖かった。^^;

だんだん岩場も増え面白くなってきました。

後ろには迫力のある西岳の全貌が眼前に広がります。

南側のふもとには坂本の部落が遠望でき、高度感があります。

さあ、これから東岳山頂まで、岩稜を進みます。

西岳の岩壁はほとんど垂直に見えるけど、上級コースは本当にあそこを登るのだろうか?

東岳山頂に到着(7:09)

山頂部の広さはこんなものです。360度見渡せますが曇り空で残念。

右側に見えるピークが次に向かう予定の諏訪山。

2,000m近い標高の両神山山頂部分は雲の中で見えず。

さあ、股峠に戻ります。下りは慎重に!

しばらく稜線上の歩きます。

稜線上にて。北側には岩稜を避ける巻き道がありました。

上級コースはどこを進むのだろうか。
上級コースはやばそうなので、一般コースを進むべきか?

ここが怖かったクサリ場。少しトラバース気味にステップに足を掛けるまで、少し躊躇しました。

股峠に到着。(7:41)