熊倉山 くまくらやま
標高 1,426.5m
日 程
2009年4月19日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉・荒川村
コース
出発(5:30)→城山駐車場(7:37)→熊倉山(9:48 昼食休憩40min)→官舎跡(11:25)→三又(11:36)→林道(11:58)→城山駐車場(12:20)→自宅(15:30)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
水洗トレイ・あずまやのある駐車場・40台程度、車が停められそうだ。
温泉他
大滝温泉白雲荘へ行ってきました。
リンク

山行記

またまた、半年ぶりの山行。
相変わらずの運動不足の状態で、メタボがかなり気になってきた今日この頃。
こんなことじゃいけないと、体に鞭を打って向かった先は秩父の熊倉山。
以前から行きたかった所で地形図は用意していた。 また、それほど難しい山でなさそうだけれども、遭難が多いらしいという認識があったので、慎重に行きたい。

さて、この山には3つコースがあるが、今回は城山コースといって、山の中腹(標高600m程度)の登山口まで車で登ってゆくことができる。一番時間を節約できるコース。 詳細はこちら→登山道案内図
車でR140を走り、武州日野駅から山に入り登山口へ向かうが、その途中、水車小屋がありそこにトイレがあるが、その先にはないので、トイレはそこで済ませたほうが良い。
私の場合、駐車場に停めてから腹痛になって、車で引き返したので、かなり時間をロスしてしまった。(^^;
そんなこんなで登山口まで戻ってきて準備をしていると、ここにも熊出没注意の看板が掲載されていた。最近、熊注意!って多いなと考えていると、後ろの斜面で物音が。。。
え!人?、それとも熊??
山の斜面で明らかに何かが動いている。。。
で、恐る恐る音の方を見てみると、お猿さんの群れでした。(^^;

今回は登りと下りでコースを変えてみる。 登りは城山コースで尾根を進み、下りの日野コースでは別の尾根を進み、途中から沢沿いに進むコースとなる。
なお、熊倉山には西側に林道コースというのがあるが、こちらはコースの一部が滑落しており、現在通行止めとのこと。これから向かう予定の方は注意が必要。 (平成21年4月14日付の「お知らせ」が掲載されていた)

登山口から少し進むと桧の植林の中、九十九折の急登となる。
へたばりながらも、この感覚は心地よいが、やはり久しぶりの山登りはきつい! 普通に歩く感覚で登っていたので、すぐにバテていたが、途中から歩き方を変えたので、それ以降はあまり休まないで進めた。 その歩き方はとにかく歩幅を狭く取る。足のサイズよりも小さいのがベター。そして腿を引っ張り上げるような意識で歩く。
こうするとスピードは落ちるが息切れが少なくなり、必要以上に休まなくて済むので、結果的に早くなる。運動不足の私には、ちょうど良い歩き方だ。かの岩崎元郎氏も言われていた。

しばらく登ってゆくと、尾根に出て広葉樹の自然林が広がってくる。 痩せ尾根に出るが、大きな岩などがコースを遮っている箇所があるので注意が必要。
所々でアカヤシオが咲いている中、アップダウンを繰り返しながら進む。 山頂手前の急登をこなすと細長い山頂に到着する。 疲れはしたが、最近、スポーツジムに行き始めたのが功を奏したのか、足はだるくない。ジムの効果はそれなりにあるのだろうか?
山頂からの展望は良くなく、日陰でいると肌寒いのでお湯を沸かしてコーヒータイム。 秩父の山も奥の方へ行くと、人工的な音がなくなり、静寂なとてもよい環境に浸れるのだが、ここでは時折オートバイの音(ツーリングには最高の季節かな)が聞こえてきて、少し残念。 それと一日中、鳴っていた花火の音にも閉口したけど。。。

山頂で少し早い昼食も済ませ、下りは日野コースへと向かう。 途中、笹平と呼ばれるカラマツ林の開けたところでは、バイケイソウ、ハシリドコロといったみずみずしい緑が満載で初夏の息吹も感じられ気持ちが良い。 しばらく進むと沢沿いを進むことになるが、小さな滝も多く水も冷たくて気持ちが良い。 沢も最高!改めて来て良かったと思う。
足元にニリンソウが咲き乱れる沢沿いを楽しながら進んで行くと直に林道へ移る。
林道から見える向かい山の斜面では、所々、桜が咲いていた。 そんな光景を楽しみながら進むとカメラを構えたおじさんがいた。
おじさん曰く、「林道の谷側の岩の上にカモシカが長い時間じっとしていたんだけど見た?」おじさんは至近距離でカモシカの写真を取っていたようだ。
おそらく私のリュックに取り付けた熊鈴がうるさくて、逃げてしまったのでだろう。見れかなったのが残念。
そして無事に駐車場へ到着。うちの車以外に2台停まっていた。
今日は天気も良く、期待していなかった花にも恵まれ、最高の一日だった。大変満足。

この山も登山者は少なく誰にも会わないかなと考えていたが、下りで3パーティとすれ違った。
それでも、人が少ないことには変わりがなく、人が少ない良さもあるが、単独行の場合、それだけ危険度も増すので、道を間違えないよう、足を踏み外さないよう、慎重が要求される。
だけど、この城山コースは標識も多く、目印のピンクのリボンが所々にあり、しかも危険なところや間違えそうなところには通行止めの黄色のテープが貼ってあるので親切すぎるくらいだ。 常にピンクのリボンを気にしながら歩いていれば、迷うことは少ないと思う。捻挫とか足を怪我しないように気をつけないといけない。

アルバム


熊倉登山道案内図
↑画像をクリックする拡大表示されます。
城山コースの登山口
こちらが城山コースの登山口です。(7:37)

猿を発見した。写真ではよく分かりません

登山口は広くなっており、車数台は停められそうです。
とりあえずはうちの車だけ。

歩き始めはこんな感じでゆるく進んで行きます。

桧の植林の中、だんだんと傾斜がきつくなってきた

標識が多く安心して歩けます。

トラバースするところでは、道が細い箇所も多く足を滑らせないよう注意が必要。

急登を九十九折に登ってゆきます。
ロールオーバーで見下ろした風景

登りきると広葉樹が広がる尾根に出ます。
コースNo.8の標識にて(8:31)

こんな感じの尾根を進みます。

コース途中からみた熊倉山山頂

だんだんと開けてきましたが、体はくたくた(^^;

所々でアカヤシオが咲いており心が和みますね。

しばらくは尾根上でアップダウンを繰り返します。

岩がコースを塞いでいる箇所があるので注意して進みます。

疲れているが、日も当たって気持ちが良いです。

アカヤシオ。思わず写真を撮ってしまいます。

途中、開けたところでは秩父盆地が見渡せます。

いや〜登りはきつい!!
ロールオーバーすると見下ろした図

痩せ尾根では足元に気を付けなければならない。

山頂も少しは近づいたようです。

尾根の右側が広葉樹で、左側が針葉樹できれいに分かれてます。

分かりづらいですが、真ん中奥に両神山が見えました。

さあ、そろそろラストスパート。
最後の急登を行きます。

日野コースとの分岐にて(9:42)。
帰りはここから日野コースへ行きました。

山頂に到着(9:48)。山頂は細長く広がってます。

1,426m。山頂までこれれば、ひとまずはほっとします。
疲れたけど。。

山頂の南側には祠が祀られていた。
この先(南側)は奥多摩に通じているが、山深く素人が立ち入るのは危険な感じがした。

西側には和名倉山が南北に大きく広がっている。秩父山地の"秘峰"とも呼ばれる難しい所。いつかはチャレンジしたい山だ。

山頂は肌寒く、沸かして飲むコーヒーは最高!

さあ!これから下り(10:26)
寺沢川沿いの日野コースに向かいます。