雲取山 くもとりやま
標高 2,017m
日 程
2009年9月26日(土) 天気:晴れ・曇り
所在地
埼玉・荒川村
コース
出発(4:00)→三峰神社駐車場(6:10)→登山口(6:22)→地蔵峠(7:18)→霧藻ヶ峰(7:28)→お清平(7:38)→白岩山(8:54)→芋ノ木ドッケ(9:04)→大ダワ(9:35)→雲取山荘(9:55)→雲取山(10:24 昼食休憩20min)→雲取山荘(10:52)→大ダワ(11:07)→芋ノ木ドッケ(11:49)→白岩山(11:57)→お清平(13:09)→霧藻ヶ峰(13:24)→地蔵峠(13:38)→登山口(14:28)→自宅
コース図
 地図はこちら→
駐車場
三峰神社有料駐車場
早朝の場合、通常の入口からは入れません。一番奥から駐車場に入れ、帰りに料金を支払います。
温泉他
大滝温泉遊湯館へ行ってきました。
リンク

山行記

前々からの念願だった雲取山。この山は百名山の一つで、西に伸びる奥秩父主脈の基点として奥多摩・奥秩父を代表する秀峰として知られる。山頂が埼玉・山梨・東京の一都二県にまたがり東京都では最高峰である。
奥多摩の盟主として君臨しているだけあり、山頂に向かうコースは多い。
奥秩父特有の原生林などの雰囲気を味わうため、一泊以上でゆっくりと楽しむのが一般的で、日帰りでは勿体無いようなところなのだ。特に雲取山荘には一度泊まってみたいと思っているのだが、また、今回も衝動的な日帰り山行。
東京側からであれば、それほど苦労なく日帰りできるルートもあるようだが、家からアクセスのし易さと、地元埼玉の山という意識もあり??埼玉県から登ることにした。
今回のコースは三峰神社からの往復で約20km、累計標高差が1,900mという今まで経験したことがない長丁場である。
果たして日帰りで帰ってこられるだろうかとの懸念もあったが、途中で厳しければ戻ってこようと気楽に構えて歩くことにした。
余裕をみて行程を10時間程度して6時ころから上り始められるよう家を4時頃出発。 駐車場では登山客はほどんど見られなかった。日帰りでなければこんな時間に来る必要はないので、やはり日帰りハイカーは少なそうだ。 などと考えながら、準備運動もそこそこに登山口に向かう。

登山口には雲取山まで10.2kmの表示が。。。(^^;
さあ、これからスタート。いくぞ!と気合を入れて出発!
このコースは自然研究路となっており道標も多く、道がしっかりいる。また、距離は長いが全体的になだらかで、一部、白岩山の手前が急登となっているくらいで、それほど大変だったという感じではなかった。
ある程度標高が上がると山道の装いも変わり、苔むした倒木とコメツガなどが織り成す原生林の雰囲気は素晴らしい。 鹿も異常繁殖しているようで多く見かけたが、休んでいると目の前まで来られたのは少々驚いた。このようなところも奥秩父ならではなのだろう。
そして4時間程で山頂に到着。思わず「やったー」と大声を出してしまい、他のハイカーさんを少しびっくりさせてしまった。(笑)
山頂ではガスっているため展望はなく、風も吹いていささか寒さをおぼえたので、早々と昼食を済ませ、復路についた。
往路では人とほとんど合わなかったが、復路では登ってくる多くの泊まりのハイカーさん達とすれちがった。 復路は少しあわただしく14:00過ぎくらいで下り、結局、8時間程度歩いたことになる。
コースは最高だったが、余裕を持ってゆっくりと泊まりを楽しむのも良さそうなので、機会があればチャレンジしたい。

それにしても我ながら良く歩いたな。
次回も体の限界にチャレンジしたいという衝動に駆られる自分は少し自虐的になっているのかなとの、と帰りの温泉に浸かりながら、そんな想いに耽っていた。
さて、次はどのコースにしようかな。

アルバム

駐車場にて
駐車場にて。真ん中の尖った山が雲取山(6:17)
駐車場にて
駐車場は広く、この時間帯はガラガラ
奥宮参道入り口にて
奥宮参道入り口が雲取山登山口。
ここからスタート(6:22)

雲取山まで10.5km。。。(^^;
気合が入ります
参道にて
しばらくは舗装された参道を進みます。

最初の鳥居。ここをくぐって先へ進みます。(6:27)

二つ目の鳥居。鳥居の先は妙法ヶ岳。
ここはくぐらずに真っ直ぐ進みます。(6:35)

しばらくは熊笹の平坦な道を進みます。

地蔵峠に到着。少し休憩(7:18)

中央奥に両神山。手前が妙法ヶ岳。
だいぶ登ってきました。

霧藻ヶ峰の手前に秩父宮記念碑があります。

霧藻ヶ峰休憩所に到着。(7:27)

霧藻ヶ峰にて。しばし休憩(1,523m)

霧藻ヶ峰からの見晴らし。少し曇ってきました。

お清平(コル)に到着

お清平にて。(7:38)

最初の鎖場。次のピークまで急登が続きます。

巻き道も道がしっかりしているから歩き易い。

前白岩の肩にて(8:08)

やっと半分くらいまで来ました。でもまだ半分。。。

シラビソ、コメツガ、苔など覆われた原生林が広がります。

前白岩山にて(8:23)

白岩小屋が見えてきました。(8:35)

白岩小屋にて

白岩山頂広場に到着(8:54)

白岩山にて(1,921)

ここで休憩していると目の前に鹿が。。。
コース上でも多くの鹿を目にします。

芋の木ドッケに到着(9:04)

芋の木ドッケの名前の由来について。

せっかく登ったのに、一気に下ります。。

鹿の食害を防止するため、木の幹に防護ネットが巻かれている。

コメツガと苔と、奥秩父の雰囲気を醸し出しています。

大ダワに到着(9:35)

この先、男坂と女坂に分かれます。

ここは距離の短い男坂を進みます。

今は廃止されている雲取ヒュッテが見えてきました。