諏訪山 すわやま
標高 1,207m
日 程
2009年11月29日(日) 天気:曇り
所在地
埼玉県秩父郡小鹿野町大字河原沢字志賀坂3081番地
コース
駐車場(09:25)→尾根・谷コース分岐(10:08)→山頂(10:28)→昼食休憩(10:30-11:10)→東屋(11:30)→駐車場(11:40)→自宅(15:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
志賀峠のトンネルを抜けた群馬側に7・8台停めるスペースあり
温泉他
両神温泉薬師の湯 に行ってきました。
リンク

山行記

本日、二つ目の山行。
二子山から群馬県との県境に位置する諏訪山へ向かう。こちらは二子山とは全く様相が異なり、物静かで目立たぬ山だ。 進路を更に西に向け県境にあたる志賀峠のトンネルを抜けた群馬側にある駐車場に車を入れた。
ここには案内板も設置されているが、この山にはもうひとつ群馬側から登るコースがあるようだ。こちらは志賀峠ルート、県境の尾根を進むコースと沢のコースがある。
歩き始めるとすぐに尾根と沢コースの分岐になる。往きは尾根コースを復路は沢コースということで、尾根コースに向かう。 植林の中、尾根まで九十九折に登ってゆく。約10分程度で尾根に到着。ここからは尾根沿いに進む。
コースは整備された安全で歩きやすいハイキングコースとなっている。 途中、苦手な木段が続く箇所もあり疲れはしたが、これだけしっかりと整備された道はなかなかないと思う。 山頂手前からは山腹をトラバースしながら進むと、すぐに山頂にたどり着く。
山頂には諏訪神社のお宮が祀られていたが、展望は良くない。山頂を少し下りたところにベンチがあり、そこまで下りて食事休憩をした。ベンチから二子山が正面に見え、右手は両神山方面。 両神山は目と鼻の先。八丁峠が近く、そこからのルートが岩場をアップダウンする、まさに両神山を満喫できるコースである。などとつかの間の休憩時間を地図を眺めながら山登りのイメージを楽しんだ。
さて、下りは沢コースを進む。トラバースしながら進んで行くといつしか沢沿いに合流し一気に下ってゆく。 直に駐車場にたどり着く。
この山では終始、誰とも会わず静寂な時間を楽しめた。

アルバム


志賀峠のトンネルを抜けると群馬県

トンネルを抜けた左側に駐車場はあります。(9:25)

歩き始めてすぐに尾根コースと沢コースの分岐になります。

お地蔵様が祀られている尾根コース側に向かいます。

しばらくは植林を九十九折に登ってゆきます。

尾根にたどり着きました。(9:35)

要所には案内板が設置されています。

道がしっかり整備されて歩きやすい。

苦手な木段が延々と続いている。。(泣)

途中で一息。結構急です。

目指す諏訪山山頂部が見えてきました。

駐車場へのエスケープルートとの分岐(9:51)

冬枯れの淋しい雰囲気もなかなか良い!

平坦な尾根を淡々と進んでゆきます。

尾根コースと沢コースの合流部にて。しばし休憩(10:08)

分岐から少し登ります。

落葉でふわふわした道も広く、足に優しい。(^_^)

山頂まであとわずか。

山頂部のアップ。

山頂に到着。(10:29)

諏訪神社のお宮が祀られてた。

山頂からの展望はほとんどありません。

両神山方面は曇っていて見えず。

山頂から少し下った所のベンチで30分程度、食事休憩。

こんな所で灰皿が設置されているのは珍しい。

中央のピークは天理岳か?ガイドを見るもルートは迷い易く危険とある。いつかは挑戦してみたい。

沢コースと尾根コースの分岐にて。(11:15)

今度は沢コースを進みます。

始めは巻きながら下ってゆきます。

涸れ沢を一気に下ります。

途中、東屋があります。

沢を渡れば志賀峠登山口もあとわずか

駐車場に到着。(11:39)

志賀峠から少し下ったR299から見た諏訪山