会津駒ケ岳 あいづこまがたけ
標高:2,133m
日 程
2010年9月4日(土) 天気:晴れ
所在地
福島県
コース
登山口(5:47)→水場(6:50)→駒の小屋(8:00 休憩10分)→会津駒ケ岳山頂(8:30)→中門岳(9:02)→駒の小屋(10:12)→水場(11:08)→登山口(12:00)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
登山口駐車場
温泉他
燧の湯に行って来ました¥。
リンク

山行記

会社の方から尾瀬の燧ヶ岳山行にお誘いをいただいた。
燧ヶ岳は日曜日に登る予定なので、土曜日が空いている。
東北方面はそう易々とこれる場所ではなく、せっかく遠出するのだから、土曜日にもうひと山登っておこうということで、百名山のひとつである会津駒ケ岳の山行となった。
登山口は福島県の桧枝岐村にあるが、10年程前にキャンプで来たことがあり、そのときは星がきれいで、また、ここで食べたそばが美味しかった記憶があった。
なので、今回は星空とそばの楽しみもあった。

さて、行きは夜21時くらいに出発して、AM2:00くらいに到着。
現地では風が強く少し雲も出ていたが、流れ星も見れて満天の星空を楽しめた。
(10年前の方がすごかったイメージが強いが)
車の中で少し仮眠した後、6時前から登り始めた。
山頂はガスったりの天候で、展望は楽しめなかったが、山頂付近は湿原が広がり池糖も多く、独特な雰囲気が楽しめた。 もう少し早き時期であれば、高山植物も楽しめたのであろうか。

昼頃には下山し、桧枝岐の温泉と、10年ぶりの裁ちそばを堪能し、明日の燧ヶ岳登山に備えるべく、今夜の宿舎である尾瀬の御池ロッジへと向かった。

アルバム


駐車場にて。

ここが登山口。いきなりの階段です。

歩き始めは急登です。

ひたすら高度を稼ぎます。

水場の分岐にある休憩所にて

名前は分かりませんが、赤い実が映えます。

傾斜も緩くなってきました。

気持ちの良い陽だまりの中を進みます。

先ほどの赤い実と同じ?

途中から木道を進みます。

周りは湿原が広がり池糖も見られ、少し不思議な感じです。

ガスって肌寒くなってきました。

駒の小屋が見えてきました。

駒ケ岳山頂まで700m。中門岳まで2.9km

駒の小屋でしばし休憩。

奥会津森林整体保護地域の看板

駒ケ岳山頂付近はガスの中。

駒ケ岳と中門岳の分岐

分岐から少し登ります。

会津駒ケ岳山頂に到着(2,133m)。

こちらが三角点

会津駒ケ岳山頂碑

時間が早かったので、中門岳に向かいます。

中門岳に到着。

時折、晴れ間が覗きますが、展望はありませんでした。

いい雰囲気です。

2,000mの高地で湿原ハイキングが楽しめます。

駒ケ岳山頂付近は相変わらずガスってます。

イワイチョウ

駒ケ岳と駒の小屋への分岐

駒ケ岳の巻き道

駒の小屋が見えてきました。

中門岳への往復約6km。湿原ハイキングが楽しめました。

これから下山です。

晴れてきましたが、山頂部は相変わらずガスの中。

湿原から離れ、山道を降りて行きます。

真ん中奥に日光白根山が見えました。

明日、登る予定の燧ケ岳はガスって見えず。

水場との分岐まで戻ってきました。

あとは急登を下るだけ。

登山口の階段が見えてきました。

駐車場に到着。