赤岳 あかだけ
標高:2,899m
日 程
2010年7月10日(土) 天気:晴れ
所在地
長野県・山梨県
コース
やまのこ村山荘(5:45)→行者小屋(7:39 休憩20min)→赤岳山頂(9:30 食事休憩60min)→横岳(11:59 休憩)→硫黄岳(13:00 休憩)→赤岳鉱泉(14:22)→堰堤広場(13:39)→やまのこ村山荘(16:25)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
やまのこ村(1,000円/日)に駐車。素泊まりしたので無料
温泉他
もみの湯へ行ってきました。
リンク

山行記

八ヶ岳の赤岳に行ってきた!
やっと念願が叶い、初の八ヶ岳で最高峰の赤岳に登ることができました。(v^ー゜)ヤッタネ!!
今回のメンバーは経験者ばかりの兵達です。
梅雨の真っ只中、前日の予報は雨。なかなか予定が決められない中、当日の長野県全域の予想は雨で半ば諦めていたが、なんと局地的な予報では晴れと出た。 予想外の展開で、これは行ってみるしかない!
夜中に山荘入りし、朝まで仮眠してから出発の予定。 金曜日、会社の終業と同時に家路へ急ぎ、雨の降りしきる中、明日は本当に晴れるのだろうか?などと考えならが待ち合わせ場所に向かう。
しかし、何を隠そう未だかつて山行で本降りの雨に降られたことはなく、晴れ男を自負しているが、果たして山梨に入ると星空が広がり始めた。これはマジで晴れそうだと期待に胸が膨らむ。(^_^)
高速の休日割引を狙い日付が変わったところで諏訪南ICを出て美濃戸口へ向かう。そして美濃戸口からの恐怖の林道を慎重に進むと直に山荘に到着。
(以前、来たときはビビリながら進んだものだが、二回目になると大分余裕であった)
部屋は個室で4人分の布団が敷かれている。素晴らしい!なんて快適なんだ!こんな事態は予想外だったので、びっくり。(o^-^o)
今回は赤岳から硫黄岳を周回するコース。八ヶ岳主脈の岩稜帯を楽しめる。そして、この時期は花も楽しめる。高山植物の女王と呼ばれたコマクサも期待できるとあって、否が応でも気持ちが盛り上がる。
そんなことを考えながら、5時過ぎまでゆっくり休むと外は晴れ。雲は多いが全く問題なさそうだ。今回は距離もあるので気合を入れて出発。 まずは行者小屋を目指すが、途中から晴れ間も覗き、赤岳も顔を出す。順調なペースで行者小屋に到着。ここからが今回の山場。赤岳までの直登コース。文三郎尾根を一気に登り詰める。 気を引き締めて登りだすもいきなり急勾配、しかも階段。Σ( ̄ロ ̄lll)
途中で脹脛がつりそうになり足に力が入らずペースダウン。情けない。。。(;д;)
う〜む、聞きしに勝るコースである。 そこを過ぎ山頂近くなると岩場に変わり、こちらもよじ登るように進む。 メンバーの一人、K氏はカモシカのようにガンガン進んで行く。全く余裕である。 しかも、山頂直下の岩場に張り付いて仕事の電話をしている。こちらはボロボロなのに。。有り得ないだろ!!┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜
私のソ○○バンクは山小屋に入る前からずっと圏外なのに、さすがド○モ!
そして、とうとう山頂にたどり着いた。( ^ω^)おっおっおっ
山頂はガスの中、展望が効かないが苦労した分、感動もひとしお。時折、雲の切れ間から青空が顔を出すが、下界と違いここはかなり寒い。そして、お湯を沸かして食すカップヌードルは最高にうまい!!(*^-^)
身体も温かくなって、立ち上がると突然立ちくらみに襲われた。あれ?いつもと様子がおかしい?動けないぞ!これって、もしかして高山病?w(゚o゚)w
今まで経験したことがないので、ぴんと来ないが、とりあえずは座ってじっとしてよう。 それにしてもやばい!少し休んで回復しなかったら、稜線歩きは諦めて一人下山しようと考えていたが、なんとか回復。 さあ、これから岩稜歩きが始まる。途中、アップダウンも多く閉口したが、ナイフリッジもあり高山域の雰囲気抜群。 登りには泣かされるが、周りに広がるお花畑が疲れた身体を癒してくれる。様々なお花が咲き乱れている様は、それだけでも見る価値がある。 満開ではなかったがコマクサを初めて見たときには感動を覚えた。(^-^;
硫黄岳も近くなり硫黄岳小屋に近づくと、猛烈な風によって、まっすぐ歩けない。写真を撮っている手も動いてしまう。
全く凄まじいところだ。
そして、最後のひと踏ん張り。硫黄岳に到着。( ̄ー ̄)ニヤリ
後ろを振り返ると赤岳から横岳へと歩いてきた稜線が見渡せる。それにしてもよく歩いたな。( ´_ゝ`)フーン
風が強いので、休憩もそこそこ下山開始。 下りは淡々と進むと赤岳鉱泉に到着。見上げると遙か上方に横岳周辺の岩稜が見渡せる。 あんな所を歩いたんだなぁと想いに耽る。いい感じの疲れ具合でまったりして軽食休憩を取る。 あとはひたすら美濃戸へ目指して突き進むと直にやまのこ村へ到着。 今回も貴重で素晴らしい体験となった。(*^-^)
皆さん、お疲れ様でした!
そして、お風呂で疲れを取り、そばを食べて家路へと向かった。

アルバム-P1


宿泊部屋から阿弥陀岳が見えました。

お世話になった、やまのこ山荘

さあ、これから出発です。(5:41)

南沢と北沢の分岐(5:48)。南沢へ進みます。

前夜、雨の割りに道はしっかりして歩きやすい。

何度か沢を渡渉しながら進みます。

早朝、新緑の中、すがすがしく気持ちが良い。

歩き始めてから1時間。最初の休憩(6:36)

苔生したカラマツ林。良い雰囲気です。

沢に出ると晴れ間が広がる。いや〜晴れてよかった。

右手の遙か上方に阿弥陀岳が見えてきました。
圧倒的な存在感。

赤岳はあれよりも高い山。まだまだ先は長い。。。

なだらかな斜面を淡々と登りつめます。

前方に目指す赤岳が見えてきました。

行者小屋に到着しました(7:39)。上空はガスっているようです。

眼前に聳え立つ赤岳が全貌を現した。圧倒的な迫力に神々しさすら感じられます。

さあ、これから一気に登るべく文三郎尾根を進みます(8:05)。

いきなりの急登です。。。(・ _・)エッ....?)

登り始めて約20分。先ほどの行者小屋が遠方に見えます。

行者小屋の拡大画像。かなり登ってきました。

こんな階段がしばらく続きます。はっきり言って辛い( ̄Д ̄;;
もう、既に足が上がらない。。攣りそうです。

文三郎尾根。聞きしに勝るところだ。待ってくれ〜

中岳・阿弥陀岳との分岐稜線を通過(9:03)

まだまだ急登が続きます。

山頂に近づくと、岩場に変わり、急な斜面をよじ登るように進みます。
健脚N氏も坦々と登ってゆきます。

見た目よりは歩きやすいです。それにしてもガスって、寒かった。^^;

山頂直下の梯子。皆が待っていてくれてます。あれを登れば。。。

山頂(2,899m)にたどり着きました。。(9:30) (v^ー゜)ヤッタネ!!

全員で記念写真!

山頂にある赤岳神社。ガスって展望は効きません。

ガスの切れ間に行者小屋が微かに見えます。

行者小屋のアップ。あんな所から登ってきたのかと感慨深いものがあります。

食事休憩も含め1時間程度じっくりと身体を休め、そろそろ出発です。(10:25)

山頂に位置する赤岳頂上小屋。これから硫黄岳までの稜線歩きが始まります。

まずは赤岳を下り、赤岳展望荘を目指します。落石させないように!

遙かに伸びる岩稜帯!いい感じです。

県界尾根との分岐。

赤岳展望荘の風力発電装置。
なるほど、風が年中強そうだから有効かもね。

赤岳と呼ぶだけあって、所々で土も赤みを帯びています。

それにしても寒いです。。。(;д;) 

地蔵尾根との分岐(10:52)

真正面に見えるのが金峰山、少し左の方に甲武信岳や三宝山が遠望できました。
富士山も確認できたが薄すぎて写真に撮れなかった。残念

いや〜稜線上は最高です。

手前左から地蔵尾根が行者小屋へと続いており、多くの登山客が登ってくるのが確認できます。
こちらのコースもきつそうだ。

後ろを見返すと文三郎尾根に登山客が登っているのが確認できます。

文三郎尾根のアップ。改めて見返してもきつそうだ。(^_^;)

八ヶ岳っていう雰囲気があって、わくわくするようなコースです。歩いている時は必死ですが。。

カモシカK氏はピークの手前に。。。う〜む、早すぎる!

見た目ほど怖くはありませんが、岩登りは楽しいですね。