富士山 ふじさん
標高:3,776m
日 程
2010年9月12日(日) 天気:晴れ
所在地
静岡県
コース
富士宮口五合目駐車場(5:20)→登山口(5:55)→六合目(6:08)→新七合目(6:52)→七合目(7:40)→八合目(8:19)→九合目(8:59)→九合五勺(9:36)→山頂(10:13 休憩1300分)→剣が峰(10:47)→七合目(14:25)→六合目(14:59)→登山口(15:20)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
富士宮口駐車場
温泉他
リンク

山行記

三度目の富士山。
剣が峰を目指した今までの結果は以下のとおりである。

一次アタック(2005年) 山頂で敗退 最初から行く気がなかった??
二次アタック(2009年) 山頂で敗退 疲れて断念。(^-^;

前回まで、二回とも山頂まではたどり着いたが、剣が峰(3,776m)はお鉢(火口)の反対側だった。 標高差にすると50mそこそこだが、そこから見る剣が峰は果てしなく遠く感じるものだった。 山頂に着いたという満足感と脱力感で、とてもではないが反対側までお鉢を回る元気はなく諦めていた。
下山すると後悔するのだが。。。┐(´-`)┌
そこで、三度目の正直ということで、日本の最高地点を目指すための対策を考えた。(*^.^*)
それは山頂まで最短距離で、かつ、山頂から剣が峰が近い。 4つある登山道のうち、富士宮口コースがこの二つの条件に合致するので、今回は富士宮から日本の最高地点を目指すこととした。

9月中旬とはいえ、今年の猛暑で富士山も暑いだろうと考えていたが、5合目は2,400mの標高があり、風が吹いて寒かった。
5合目から見る山頂部は遙か彼方に感じるが、他のコースよりもいくぶん近いようにも思える。 何もない裸地を、坦々と山頂へ進む富士山登山は、他の山に比べ精神的な辛さがプラスされ、苦行に近い。
また、このコースは全体的に傾斜がきつい。 山小屋間を一区切りと考えると、標高差200m程度のスパンで休みを入れながら登れるのでペース配分はあわせやすいのだが、途中で息苦しく感じるのは、3,000mをオーバーした世界だからであろうか?

9合5勺からさらに傾斜もきつくなるが、それを耐えると直に山頂にたどり着いた。(v^ー゜)ヤッタネ!!
これで、ある程度、満足感は満たされるのだが、今回の目的は日本最高地点。

休憩もそこそこ、早速、剣が峰を目指す。
標高差にして50m程度、急登を登りつめると元気象観測基地のあった剣が峰にたどり着いた。

やった〜〜!
ここが日本で一番高いポイントなんだぁ と、しばし高揚とした気分に浸っていた。

これでとりあえず富士山に登らなくていいんだということでほっとした。┐(´д`)┌ヤレヤレ
が、実は4つのコースのうち、1コースをクリアしておらず、それが少し気にはなるが。。。Σ( ̄ロ ̄lll)

それにしても、高地に来ると空が真っ青というか、藍色のように見えるのは不思議なものだ。
下界は雲に覆われて、展望を楽しむことができなったが、今回の山行は最高だった。

アルバム


駐車場から見上げた富士山山頂部(5:35)

こちらが富士宮口登山口

富士山案内図。結構、大事なことが書かれています。

標高2,400m。これから約1,300m登って行きます。

後ろを振り返ると下界は雲に覆われて、幻想的な雰囲気が光景が広がっています。

さあ、これからはひたすら山頂に向けて歩を進めて行きます。

登り始めてすぐに六合目に到着(6:08)

六合目から本格的な登りになります。

登り始めて約1時間。新七合目に到着(6:58)

右側に宝永山が見えます。

続けて七合目に到着(7:40)。順調です。

3,000mを突破。かなり登ってきました。

八合目到着。(8:19)

かなり急斜面になってきました。
下の方に宝永山が見えます。

箱根の山が遠望できます。

山頂もだいぶ近づいてきました。

南に広がる駿河湾は雲に覆われて見れませんでした。

九合目に到着(9:00)。ここまで3時間。

横の斜面にはブルドーザー用の道が、MTBが下ってました。

九合五勺の胸突山荘が見えてきました。

九合五勺に到着。(9:36)

下界に変わった雲が。。

ここから山頂まで斜度がさらにきつくなります。

山頂もあとわずか、最後の踏ん張りどころ。

下を見下ろすとかなりの急斜面であることが分かります。

山頂到着。(10:20)

左側には目的地である剣が峰が、近くに見えます。

剣が峰に向かい、滑りやすい急登を慎重に登ってゆきます。

あとわずか。。。

やった〜!剣が峰に到着。(10:45)

日本最高峰富士山剣が峰。日本の最高地点にたどり着いた。右側に三角点が見えます。

二等三角点の説明碑

元観測所レーダーの跡。
シンボルだった白い頭がないと淋しいですね。

駿河湾方面。雲で海が見えませんでした。

こちらは南アルプス。それにしても天空は真っ青。高地に来ると感じる現象です。

火口部の迫力は写真で表現されてませんが。。生で見ると雄大で迫力あります。

剣が峰から慎重に下ってゆきます。

これから下山します。(12:25)下りはコースを変えます。

足元は踏ん張りが利かずすべり易いため、転ばないよう注意しながら進みます。

ガスってきました。かなり寒い。。。

下からガスが吹き上げてきます。

六合目に到着しました。(14:58)

六合目までは一般の観光客が多く訪れているようでした。

五合目が見えてきました。あと少し。

五合目に到着。ここは観光客で賑わっていました。(15:20)

駐車場に到着。疲れました。。。