二子山(横瀬町) ふたごやま
標高:882.7m
日 程
2010年11月28日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉県秩父市横瀬町
コース
芦ヶ久保道の駅駐車場(7:15)→雌岳(8:31)→雄岳(8:42)→焼山(9:28 食事休憩)→浅間神社(11:16)→駐車場場(11:47)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
芦ヶ久保道の駅駐車場
温泉他
リンク

山行記

埼玉には二子山と呼ばれる山が、私の知っている限りでは二つある。一つが小鹿野町の群馬県との県境に近い場所に位置する岩峰で独特な雰囲気を持った山である。今回は同じような山頂部を持つ、山名が示すとおり見事な双耳峰で横瀬に位置する二子山へ行ってきた。
登りはじめからきつい登りが続くが、緩やかな尾根に出ると二子山山頂部も姿を現し、右側には武甲山や秩父の町が見渡せるようになる。
二子山の山頂部は雌岳と雄岳に分かれて、三角点の置かれた雄岳からは秩父の町が一望でき、両神山や二子山(小鹿野)が遠望できる。 また、目の前には山肌を削られた武甲山の痛々しい姿は目立つ。 武甲山も南側から見ると普通の山だが、北側からみたそれは全く別の様相を呈している。 いまだに石灰の採掘が続いているようが、将来的にどのような姿に変わってしまうのだろうか。
二子山だけでは、少し物足りないので、続けて焼山を往復してきた。焼山へと続く落葉の敷かれた緩やかな尾根は歩き易くて気持ちが良かった。
さて、下りは雌岳から続く西への尾根を進むが、斜面の勾配もきつく結構しんどい! 道中、熊出没の看板が多く、熊よけの鈴を出したが、鈴自体が小さくて音が鳴り響かない。こんなのでは役に立たないから、もう少し大き目の鈴を買おうと思うのだが、いつも忘れてしまう。。。(^_^;)
そこで、今回は熊よけのため、iPhoneで音楽を流してみた。 これがなかなか良い。辛い下りでも歌いながら進むと疲れが紛らわされ感じがする。これからやみつきになりそうだ。(*^-^)

今回もGPSソフトにあらかじめ地図をダウンロードして使ってみた。 ↓

アルバム

芦ヶ久保道の駅駐車場(7:18)到着。まずは橋を渡って直左を曲がります。
橋を渡ったところが登山道入口。熊出没注意!最近は至る所に現れるようである。さて、今回のコースは学習登山コースとなっており、途中何箇所か、登山における注意事項の案内が掲示されております。
西武線を潜るちょっと不気味な??トンネルを抜けて行きます。さぁ、これから登り始めます。
しばらくは沢沿いを登って行きます。徐々に傾斜も厳しくなります。
尾根に出たところを右に進みます。道は落葉に埋もれ分かりづらいですが、左側を意識して進むと直に道が現れてきます。もう一登りすると山頂まで続く尾根に出ます。
目前に雌岳の山頂部が見えてきました。山頂手前が急登です。結構、急で所々歩きづらく、上まで続くロープの手摺りに掴まりながら進みます。
雌岳山頂に到着。ここの山頂は展望がありませんでした。ここを左に下り、雄岳に向け登り返します。
雄岳山頂(882.7m)に到着。こちらの山頂は広くなっており、秩父の町が見渡せます。
遠くには独特な両神山の山容が、そして武甲山が目前に聳えている。
休憩もそこそこに次は焼山を目指し、尾根伝いに進んで行きます。
またまた、キツイ登り。(^_^;)
ここを登り焼山山頂(850m)に到着。
こちらの山頂は見晴らしも良く、今日はここで食事休憩。

セメント業界と共に発展してきた秩父のシンボルともいえる武甲山の全景が見渡せます。

現在も続く石灰採掘により痛々しい山容になり、標高も32mほど低くなったらしい。

後ろを振り返ると二子山の双耳峰(左:雌岳、右:雄岳)が、雌岳の後方に丸山が見渡せます。
これから芦ヶ久保へ戻ります。焼山から雄岳に向け急斜面を登り詰め、雄岳山頂を通過。
北側は立ち入り禁止のため、武甲山は南側から登ります。武甲山の右側に甲武信岳や三宝山が遠望できました。
雌岳山頂から左側を進み往路とは別の尾根コースを下って行きます。
途中、ビパークできそうな洞窟を発見。不気味なので中には入りませんでしたが。。
しばらく進むと杉の植林の覆われた尾根になります。
案内は出ておりますが、ところどころ落葉に覆われて道が分かりづらい箇所がありますので、道を確かめながら進みます。
浅間神社を通過。このあたりから急斜面を一気に下って行きますが、膝が痛くなってきました。。。(泣)
麓の町が見えてくると少しほっとします。下りもあとわずか。滑りやすく斜めになったコースを慎重に歩を進めます。
これで下りも終わり。浅間神社の鳥居を通過し、西武線の下を潜ります。
R299に出ると芦ヶ久保まであとわずか。駐車場へ到着。今日も疲れました。。。

帰りに立ち寄った武甲温泉の傍から見た二子山と焼山。