行風山 ぎょうふうやま
標高:332.6m
日 程
2010年6月6日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉・ときがわ町
コース
登山口(13:53)→林道(14:07)→山頂(14:18 休憩10分)→登山口(14:38)→駐車場(14:44)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
雀川砂防ダム公園駐車場
温泉他
都幾川四季彩館が良さそうです
リンク

山行記

雷電山に続けて、行風山へ向かう。
控えめで目立たない登山口。雷電山とはかなり扱いが違う。(^_^;)
こちらの山はネットでも情報が少ない訪れる人の少ない山だ。
ある程度は覚悟していたが、いきなり藪からスタート。こんな調子で上まで行けるのか心配だが、とりあえず行ける所まで行ってみて、だめなら引き返そうという気持ちで進んでみた。 登山口の横にいたツーリングのお兄さんは、「こいつ、どこに行くんだ?」なんて顔で見られたけど。。
登り始めると直に道もまともになってきたが、あまり歩かれていないような感じである。そんな雰囲気の中、しばらく進むと、なんと前からMTBがやって来た!
こんなところで人と会うとは思わなかったが、それにしても自転車とは。。。
真っ赤なスーツを身に纏った親子のサイクリスト。 子供に、「この先すぐだから、心配ないよ」って、助言をいただき(*^-^)先に向かうと、確かにすぐに林道に出た。
それにしても、さっきの親子。どこかで見かけたような気がして、思い起こすとここに来るとき、コンビニの駐車場で見かけたのを思い出した。
コンビニといっても家の傍だから、ここから30km程は離れているのに、よりによってこんな山中ですれ違うなんて。。。
もちろん、この親子以外の人とは会わなかったけれど、なんたる偶然!

さて、林道からの取り付き地点が分かりづらく、見つからずに引き返した。というネットでの記事があったので、慎重に歩を進めてゆくと、取り付きを発見。なるほど、確かに分かりづらい。雑草に覆われて道が見えなくなっている。おまけに道標も草に埋もれて非常に分かりにくかった。
ここも取り付きは藪に覆われているが、そこを過ぎると道はしっかりしてくる。 林道に出るまでの道と比べると分かりにくい感じはするが、先をしっかり見ながら進めば悩むことはないと思う。林道からは10分程度で山頂にたどり着いた。
山頂からの展望はなく、静寂だけが支配する世間から忘れ去られたような雰囲気が漂う山頂でした。

距離は短くリボンなども要所々々設置されてるので、迷う心配はないと思うが、昭文社の地図ではコースが破線で示されている通り、少し間違えそうな箇所もあるので注意は必要。

アルバム


砂防ダムの横に登山口があるようです。

お!ありました。山頂まで40分とのこと。

これが入り口。

いきなり藪。。。(^_^;)
こんな調子で山頂まで行けるのか??

最初は急登で、藪の中をトラバースして進みます。

山の中へ入ってゆくと意外と道はしっかりしてました。

サイクリストの親子とすれ違いました。
こんな所まで!!驚きです。

こんな雑木林を進むと直ぐに林道に出ます。

歩き初めて15分程度で林道に出ました。

案内に従って、林道を進みます。

先ほど登った雷電山が左手に見えます。

林道を100m程、進んだ所に行風山への取り付きがあります(赤枠あたり)。
この季節、非常に分かりにくいです。

ここが取り付き地点。矢印のように進んでゆきます。赤枠のところに道標が隠れてました。
実際はもう少し分かり易いですが。

これが隠れていた道標。

これが取り付き。林道からは分かりづらいです。

分かりづらい箇所は最初だけです。

朽ち果てた道標。
あまり人が訪れない山って、感じです。(^_^;)

山頂部は横長になっているようで、少し戻るように進みます。

山頂部に到着(14:18)。

きれいな山頂碑がおいてありました。

一級基準点の案内柱。こちらも朽ち果ててました。。

さあ、これから下ります。

狭い道を進んで行きます。

下り始めて、直ぐに林道に出ます。

ここから山道に戻ります。

途中で紛らわしい分岐のような箇所がありましたが、間違えないように進みます。

最後は藪の中を進みます。

登山口が見えてきました(14:44)。

登山口まで戻って来ました。往復で50分程度。
距離にして1.5km程度でした。

駐車場に到着。