燧ケ岳 ひうちがたけ
標高:2,356m
日 程
2010年9月5日(日) 天気:晴れ
所在地
福島県
コース
御池登山口(5:32)→広沢田代(6:22)→熊沢田代(7:04)→俎ー(8:25)→柴安ー(8:50)→沼尻平(11:22 昼食休憩)→沼山峠分岐(12:29)→沼山峠休憩所(12:24)→御池駐車場
コース図
 地図はこちら→
駐車場
御池ロッジ駐車場
温泉他
銀山平「かもしかの湯」に行ってきました。
リンク

山行記

昨日の会津駒ヶ岳に続く尾瀬2日目。
東北最高峰の高さを誇る独立峰で尾瀬のシンボルとして君臨する燧ケ岳に向かう。 前日の会津駒ヶ岳登山から、その足で尾瀬に向かい、御池ロッジに泊まった。宿は4人で20畳ほどの広さでおまけに清潔で快適そのもの。<
早めに宿に着いたので、することもなくのんびりと過ごすが、駒ヶ岳の下りで不覚にも足を挫いてしまい、裸足では足を引きずらないと歩けない状態になってきた。お土産屋さんで湿布をバラ売りしてもらい、足に巻き付けるように貼り付けたが、まともに歩けない状態は変わらない。。。
明日の状態次第では諦めないとならないかもしれない。 半分諦めながら朝を迎えるとまともには歩けないが、昨日よりはマシな状態。筋肉痛も無さそうなので、とりあえず歩いてみることにした。 (せっかくの百名山。山は逃げないけど、そう簡単に来ることが出来ないので。。。)

今日のコースは燧ケ岳を南に向かい、そのまま尾瀬沼に抜け沼山峠からバスで戻ってくる周回コース。 途中で皆のペースに合わせられなくなったら、途中で引き返すか、一人別行動を取らせてもらうかなど思案して、トレッキングシューズを履いてみると、ほとんど違和感はなくなったので少し安心した。 歩き出すと普通に進めるし、先頭を行くリーダーのペースが私にとって歩きやすい。足に負担を感じずに登って行けた。 リーダーはかなりの経験者。ペース配分もさすがである。

さて、登りのコース途中では二箇所ばかり湿原地が広がる。尾瀬ならではの光景だろう。 そんな風景を楽しみながら、進んでゆくと直に山頂にたどり着く。 燧ケ岳には俎ー、柴安ーと難しい字を使う複数のピークがあるが、360度の大パノラマが楽しめた。
下りはナデッ窪の急斜面を下るが、これが堪えた。。 足にバシバシと負担が掛かる。何とか沼尻まで下ってくると目の前には尾瀬沼が広がる。これはなかなかの絶景。ここからは沼山峠まで尾瀬の湿原を進む。
沼山峠に到着した時は、後半、足を庇いながら歩いた分、距離の割に少し疲れを感じた。
帰りは一人。銀山平を抜け、魚沼ICから関越で250km程度の行程は、本日の山行よりも疲れたかも。。。
眠かったし。。でも温泉は最高だった。
それにしても尾瀬は初めてだけど、空の青さと湿原の緑が織り成す景観は全く素晴らしい。
さすが国が厳しく管理するだけの価値がある日本の財産である。
尾瀬ヶ原や水芭蕉など咲く季節に訪れたいものである。

アルバム


これからスタートです。

駐車場を突っ切った所に登山口があります。

最初は木道を進みます。

最初の分岐を左に進みます。

登りが始まりました。

急登ですが、それほど長くは続きません。

登りも緩くなり木道が現れました。

先には「広沢田代」という湿原が広がります。

ここでひとまず休憩。奥の方に会津駒ケ岳が遠望できます。

湿原を先に進みます。

また、登りをしばらく進みます。

「熊沢田代」湿原に出ました。燧ケ岳の山頂部も見えてきました。

登山道にこのような湿原が広がっているなんて、なんとも不思議な感じがします。

地糖にて朝食休憩。

きれいな風景です。さすが尾瀬。

熊沢田代を振り返ったところ。遠方に見えるのは会津駒ケ岳

涸れ沢を登って行きます。

浮石に気を付けます。

斜面を慎重に横切って進みます。

森林限界を超えました。

山頂が見えてきました。

俎ーに到着。

山頂から見た尾瀬沼全景。中央奥の突き出た山が日光白根山。左よりの山頂が平らな山が男体山。

俎ーにて記念写真

次に柴安ーへ向かいます。

柴安ーに到着。こちらが燧ケ岳山頂となってました。

こちらでも記念写真

尾瀬ヶ原全景。奥には至仏山が見えます。360度見渡せる絶景が広がります。

さあ、これから尾瀬沼に向け出発です。

長栄新道との分岐。

急なナデッ窪を下って行きます。

沼尻平まで下りてきました。

後ろを振り返ると燧ケ岳は遙か彼方に。

俎ーの山頂部が微かに見えます。

沼尻休憩所にて昼食休憩を取り出発。

ここからは湿原ハイキング。

尾瀬沼湖畔を進みます。

木道は歩き易く負担が少ないのが良いです。

長栄新道との分岐。

緑と青のコントラストが最高です。

尾瀬ビジターセンターが見えてきました。

この分岐を沼山に向け左に進みます。

沼山峠に向け進んで行きます。

湿原も終わり登りになります。

沼山峠も過ぎ少し下ります。

沼山峠休憩所に到着。

ここからはバスに乗ります。