官ノ倉山・石尊山 かんのくらやま・せきそんさん
標高:344.7m・344.2m
日 程
2010年10月24日(日) 天気:曇り
所在地
埼玉県小川町
コース
天王池駐車場(11:36)→官ノ倉山(11:55 休憩)→石尊山(12:10)→天王池(12:41)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
天王池東屋脇
温泉他
なし
リンク

山行記

金勝山に続けて、官ノ倉山が本日の二つ目の山。
東武竹沢駅からこの山を登り小川町駅へ抜けるコースが里山を満喫できる一般的なコースのようだ。
しかし、車の場合は停める場所の有無が重要で、それによりコースも決まってしまう。今回も事前にネットで調べたところ、登山口にある天王池というところで2〜ら3台停められるらしいので、そこからピストンとする。
でも2〜3台!微妙な広さだ。。。
停められなかったらどうしようかと考えながら、進んで行くと天王池に到着。すでに1台停まっており、他に停められそうな所はなさそうだが、周りを見渡すと傍に東屋がある。そこまで続く道沿に少し広くなっている箇所があり、そこに停めた。
ここからは山頂まで30分程度の距離。歩き出すと直に急登になる。息を切らしながらしばらく進んで行くと尾根に出た。ここまで来ると山頂まではすぐだ。
が、しかし、山頂手前で大渋滞!!え!なぜだと近づくと、山頂直下のちょっとした岩場でご年配の方々がつかえているようだ。 聞くと50人程?の大グループ。しかも70代の方もおられるようだ。w(゚o゚)w
そんなことで、なんとか官ノ倉山頂に辿り着いた。そのまま石尊山に向かいたいが、大グループは休憩なしで、そのまま向かっていた。この人数を追い越すことは無理っぽいので、官ノ倉山でしばし休憩を取る。(^-^;
休憩後、歩き始めて10分程で到着したが、こちらの山頂は大変なことになっていた。先ほどのグループが狭い山頂を陣取って昼食を取られていた。座れる場所もないので、写真を撮って早々に下山することにした。(*^-^)
すると途中の分岐で道が分からなくなっていたハイカーさんに、官ノ倉山へ行く道を聞かれた。地図もなく困っているようなので、ご一緒しましょうということで、一緒に歩き始めた。いろいろと話していると、仲間とはぐれたとのこと。 官ノ倉山頂で昼食を取る約束をしているとのことだが、よくよく聞くと先ほどの大グループの一員のようだ。 ということは、向かっている方向が逆である。事情を話したが心配なので分岐まで戻り道を説明して別れた。
それにしても他のメンバーはだれも気付いていなかったのだろうか?みんな楽しそうに昼食を取っていたが。。。
大勢いると誰か居なくても気付かないものなのだろうか?
地図もなくコースの概要も把握されていない人が山中で一人でいることはちょっと危険。この山だから、事故にもならないのかもしれないが、メンバーが多過ぎるのもどうかなと考えさせられた。

さて、九十九折の斜面を下ると直ぐに車を停めた天王池に辿り着いた。

今回はこの山に来るにあたり、予めこのあたりの地図をダウンロードしていたので、ナビの実験を兼ねた山行だった。こちらも金勝山に引き続きバッチリだった。(v^ー゜)
これは使えそうだ。バッテリの消耗は激しいけど。。。(^-^;

アルバム


天王池の空スペースに停車。先客1台。

錦鯉のいる天王池からスタート

九十九折の急登を登ってゆきます。

すぐに官ノ倉峠に到着。

ここから尾根を左に進みます。

山頂手前で大渋滞が発生している。

渋滞をクリアして官ノ倉山頂に到着。先の大グループはそのまま石尊山に向かった。
途中で抜けそうもないので、ここでしばらく休憩。

さあ、次に石尊山を目指します。

途中の分岐を左に進みます。

石尊山頂です。こちらの方が山頂は広いが。。

石尊山山頂にて。

山頂はすごいことになっていました。座る場所がない。

手前が官ノ倉山頂。すぐそこです。

山頂部のアップ。かろうじて人が判別できます。

真ん中が先ほど登った金勝山。プラネタリウムのドームも微かに分かります。

休憩もそこそこに官ノ倉山に戻ります。

官ノ倉山頂直下。

官ノ倉山にて。右側のコブみたいのが、石尊山。

官ノ倉峠にて。

淡々と下るだけです。

天王池に到着。

子供のへびを発見。捕まえようと腕を伸ばしたら。。。

攻撃態勢になった。頭が三角形?これってマムシ??
うちの近所では見ないタイプだ。

天王池の不気味な看板。確かに夜などは怖そうだ!