物見山 ものみやま
標高:135m
日 程
2010年5月22日(日) 天気:くもり
所在地
埼玉・東松山市
コース
駐車場(11:03)→正法寺散策→駐車場(11:15)→物見山山頂(11:18)→駐車場(11:23)
コース図
地図はこちら→
駐車場
民間駐車場(無料)。
温泉他
今回、温泉は無し
リンク

山行記

今回は車で10分程度の地元。買い物ついでに寄ってみた。
ここは何度も来た事があるが、改めて山歩きの一環として訪れるのは初めだ。
比企丘陵の最高峰であり、坂上田村麿が東征のときにこの山に登り、四囲をながめたことに由来する山名という。また、この時に悪龍も退治したという伝説が残る。 物見山というのは複数あるが、どこもこのような言い伝えが残っているのだろう。
周りには大東文化大学、埼玉県こども動物自然公園(コアラがいる!)、埼玉平和資料館もあり、見所も多く、家族連れであれば、一日過ごすことができるところである。
また、ここには坂東三十三番札所の一つで、正法寺という名刹がある。 ここは千手観音が祭られ、一般的には岩殿観音と呼ばれ、こちらの方が馴染み深い。 山を切り崩したようなところにあり、山寺の様相を持ち、歴史深いお寺。 こちらもゆっくり見学。
駐車場から5分程度で登れる所に物見山山頂がある。あまり展望は良くないが、広い山頂ではビーバースカウトの子供達が活動していた。思わず息子がビーバーで活動していた頃(10年以上経つが。。)を思い出してしまった。(^_^)
山にはつつじが多いので花の咲く時期には多くの人が訪れるのであろう。

アルバム


埼玉県東松山市、比企郡滑川町・嵐山町・小川町にまたがる比企丘陵

道路の対岸には物見山の山頂部が見えます。

とりあえず巌殿観音に向かいます。

ここが駐車場

駐車場下のトンネルを潜り、

少し下って行くと、

直に正法寺の境内です。

こちらが観音堂です。養老二年(718)に開山されたとのことです。

現在の建物は天明六年(1786)に建立されたようです。

東松山市指定天然記念物。樹齢300年以上とか。

こちらは薬師堂

こちらは参道。途中、仁王門があり、その先は門前町のような趣があります。

坂東十番霊場 巖殿山正法寺

歴史的なゆかりのある史跡が多いようです。

物見山の山名の由来や正法寺の歴史が紹介されてます。

改めて見ると、歴史を感じさせます。

正法寺案内図

駐車場に戻り、これから物見山を目指します。
ここから階段で1分程度で山頂です。(11:14)

ちょっと回ってみようと思い、横の林道を進んでみました。

山頂部が見えてきました。

山頂から賑わう声が聞こえてきました。

山頂部の小高い所に三角点がありそうだ。(11:17)

ここが最高地点なのだが、三角点が見当たらない?

ちょっと下ったところに、しっかりありました。^^;

山頂部は広場になっており、展望台もありました。

つつじが生い茂っており、5月の初旬であれば、見ごたえがあったのでしょうか。

山頂から道路まで標高差20m程度でしょうか。

物見山の西側にかなり広い駐車場があります。

駐車場まで戻ってきました。(11:23)
登って下りて10分掛かりませんでした。。^^;

さあ、これから二つ目の山、弘法山を目指します。それにしても自転車が多いな。
年々サイクリスト人口が増えているようだ。登りは辛そうだけど気持ち良さそう!