南天山 なんてんやま
標高:1,483m
日 程
2010年1月31日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉・秩父市
コース
出発(4:30)→鎌倉橋→方円滝→分岐→山頂→分岐→方円滝→駐車場→自宅
コース図
 地図はこちら→
駐車場
鎌倉橋を過ぎたところに10台近く停められそうなスペースがある。
温泉他
湯遊館へ行ってきました。
リンク

山行記

奥秩父の寂峰・南天山へ行ってきた。
埼玉でも最奥地にあたる山深い場所に位置するあまり知られていない山だ。 標高のわりに展望が楽しめるということで、以前から一度は訪れたかった所だっ た。 なるほど山頂に立ってみると、360度見渡す限り山また山。名だたる山に囲まれた景観は最高で改めて山深い場所にいることを実感した。

さて、今回は埼玉県の最西端に位置する大滝村(今は秩父市)に向かうため、朝は4 時半に出発。 R140を途中で右に曲がり、登山口のある鎌倉橋までひたすら北西に進路をとる。 途中、森林科学館を越えるとダートな林道となる。路面が凍結しているような箇所もあり、慎重に進むとじきに鎌倉橋に到着する。
(20年くらい前に手前のキャンプ場に来たことがあるが、その時は辿り着くのに大変な思いを した記憶があるが今は道が整備され、だいぶ楽になった印象がある)
辺りに少し雪が残る中、登山口から登り始める。始めは緩やかな鎌倉沢沿いを進 み、しばらくすると方円滝に到着。滝を見ながら小休憩をとり、更に進んで行くと沢コースと尾根コースの分岐に出る。 往復、同じコースでもつまらないので、往路を尾根、復路を沢コースとした。

息を切らしながら、九十九折の急登を上り詰めると山頂下の尾根に出る。ここから は明るい尾根道を進むとほどなくして山頂にたどり着いた。
山頂は狭いが前述のとおり、すばらしい大展望が待っていた。
誰もいない山頂はまさに独占状態。1時間近く山座同定など楽しんだ。

少し肌寒くなったので、下山することにした。 今度は沢コースを進むため、山頂直下の分岐を直進する。するとすぐにちょっとし たピークに出る。 そこはまっすぐに突き抜けて尾根沿いに進んで行くと、沢コースに下ってゆく案内標識に出る。 尾根はそのさき行き止まりになっているが、少し進んでみた。わりあいと道は明瞭で、上武県境尾根まで出てみたい気もしてきたが、かなりのオーバータイムになりそうなので、途中で引き返した。
さて、尾根から下る沢コースは、こちらも九十九折の急斜面を下ってゆくのだが、斜面がざれてて道も半分ガレキに埋まっているようなところも多く、慎重に歩く必要があった。 こちらは尾根コースに比べてあまり整備されていないようなので、登りにした方が楽だと思われる。
しばらくすると尾根コースとの分岐に出る。 あとは陽だまりの中、のんびりと沢沿いを下っていった。沢には岩魚だが山女魚なのか魚が結構泳いでいた。 駐車場まで戻ると、うち以外の車は停まっておらず、結局、この日は誰とも会わずじ まいで、のんびりとした山歩きが楽しめた。

まあ、人に会う代わりに初めてカモシカと遭遇した。しかも、二匹も。(^_^)/
それだけ山深い南天山は寂峰の名にふさわしい山だった。

アルバム


森林科学館を通過。ここから道もダートになります。

登山口のある鎌倉橋に到着。
まだ、だれも来ていないようでした。

登山口。ここからスタートです。(7:02)

沢沿いを進みます。

沢を何度か渡りながら、進みます。

方円滝に到着。しばし休憩(7:25)。それなりに見ごたえがあります。

方円滝の横のクサリ場。この程度のクサリ場が何箇所かあります。

かもしかと遭遇。こちらを見てじっとしてますが、はっきりと撮れなかった。

いい感じの沢をしばらく進みます。

案内板が多く安心して歩けます。

沢コースと尾根コースの分岐に到着。(7:56)
往路は右の尾根コースを進みます。

薄暗い中、九十九折の急登をひたすら登ります。

またしてもカモシカ発見。またもやピンボケ。二度も会えるなんて珍しい。(^_^)

しばらくすると傾斜も緩くなり、左に巻いて行きます。

沢コースと尾根コースの合流点。尾根に出ました。(8:36)

山頂まであとわずか。尾根を登って行きます。もうひと踏ん張りです!

山頂直下。傾斜があるので、慎重に登ります。
股峠にて
山頂に到着です。1,483m(8:44)
股峠にて
山頂の広さはこんな感じです。後ろに見えるは両神山。
股峠にて
焼け朽ちた木の根に山頂碑が。。以前の落雷によるものと思われる焼け跡が所々に。