越上山 おがみやま
標高:567m
日 程
2010年5月17日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉・越生町
コース
出発(10:35)→駐車場(11:07)→黒山三滝(11:26)→役行者像(12:00)→顔振峠(12:32 食事休憩30min)→諏訪神社(13:08)→越上山(13:22)→諏訪神社(13:35)→林道出合(14:07)→駐車場(14:22)→自宅 
コース図
 地図はこちら→
駐車場
民間駐車場(無料)。この先にも何箇所かあり。
温泉他
今回、温泉は無し
リンク

山行記

家から車で30分程度。地元とも呼べる黒山三滝・顔振峠・越上山を廻ってきた。 駐車場で車を降りれば好天にも恵まれ最高のハイキング日和。
まずは黒山三滝を目指す。土産物屋が並ぶ越辺川の源流沿いを進むと、鱒の塩焼きのいい匂いにそそられるが、ここは我慢で先に進む。
しばらくすると滝に到着。「天狗滝」と「男滝」「女滝」の三つの滝があり、これらを黒山三滝という。この滝は日本観光百選にも選ばれた雰囲気のある名勝だ。ひんやりとして気持ちが良いなかでの小休止後、次は役の行者像へと向かう。
ここからは山道となる。里山の雰囲気ただよう雑木林の中、程よく登り詰めた所が、太平山山頂部で秩父にゆかりの深い役の行者像がある。 像の前でお祈りして、次は顔振峠を目指す。
しばらく進むと奥武蔵グリーンラインと呼ばれる林道に出る。ここから顔振峠まで1km程度歩かなければならない。新緑が映える林道を楽しみながら進むと直に顔振(こうぶり)峠にたどり着いた。
この峠には何件かの茶屋があり、そのうちの富士見屋さんに入る。そこで手打ち蕎麦を注文。
これがメインの目的で、蕎麦を食べたいから今回の山行となったと言ってもいいくらいだ。(*^-^)
目の前に広がる展望も最高で、奥武蔵の山々が一望のもと見渡せる。この景色を見るだけでも価値があるというものだ。 店の名の通り富士山は見えなかったが、オープンテラスで食べる蕎麦は最高に美味しかった!こんなロケーションで食べると幸せな気分になれます。(^_^)/
ちなみにこの顔振峠は正確には「かあぶり」と読みとのこと。源義経の伝説や渋沢平九郎の話など、歴史や伝説に満ちた峠です。そんな歴史に想いを馳せ、食後、山座同定も楽しみ、次の目的地である越上山を目指す。
途中から山道に入ると直に諏訪神社に到達する。広い境内を抜けしばらくするとユガテと越上山の分岐に出る。ここから山頂はすぐだが、樹林の中の山頂は展望がない。
ちょうど、他にハイカーさんがいらしたので、記念に写真を撮ってもらい、下山すべく一路諏訪神社を目指す。
諏訪神社では黒山へ下山できるコースを発見。顔振峠まで戻ってから下る予定だったが、ここから下りればショートカットできるし、「越辺川源流、たくさんの滝があります」との案内になんともそそられる。越辺川は地元を流れる馴染み深い川。それだけでもこのコースを進みたくなる。。。┐(´-`)┌
持参した旺文社の地図にも1:25000の地図にもコースがなかったが、沢沿いに進むように予想できたので、進んでみることにしたのだが。。。
途中で散々な目に合ってしまった。確かに滝は多いのだが、途中、道が不明瞭で急な下りなど、やや危険なところがあり、何度か道を見失った。Σ( ̄ロ ̄lll)
明らかにハイキングコースではないので、あまり慣れていない人は立ち入らない方がよいと思う。
それでもなんとか笹郷林道まで出る。笹郷の集落を進むと直に駐車場に出た。

家から車で30分程度で来れる場所だが、歴史・伝説にも満ちた里山低山ハイキングが楽しめた。満足!

アルバム


神社手前の無料駐車場に車を停める

最高のハイキング日和

観光百選。黒山三滝を目指します

途中の土産物屋の駐車場も満車状態。

時は幕末、官軍に包囲された渋沢平九郎が22才の若さで自刃して果てた歴史深い場所でもあります。

また、義経伝説や修験道場として栄えた伝説と歴史に彩られた場所として趣深さもあります。

黒山鉱泉館の横を抜けて行きます。
ここの温泉もよさそう!

越辺川の源流沿いを進みます。

こちらは落差20mの天狗滝。見ごたえあります。

この先の土産物屋の横を進みます。

黒山三滝に到着。

黒山三滝の説明。

落差10mの男滝と落差5mの女滝は2段に流れ落ち、上が男滝で下が女滝となっている。

ここから山道を進みます

里山の雰囲気がいいですね。(o^-^o)

役の行者と傘杉峠の分岐。ここを左へ。

新緑の雑木林の中、気持ちがいい!

このあたりが今日一番の踏ん張り所。

大平山の広い山頂にたどり着きました。

こちらが役の行者像。思わずお祈り

今日は暑い。日焼けが気になります。(^_^;)

所々でミツバツツジ?も咲き乱れてました。
少し時期が遅かったかな。

陽だまりの中、進みます。

こちらも奥武蔵の雰囲気漂う植林。いい感じです。

少し急登が続きます。

奥武蔵グリーンラインに到着。ここから舗装された林道に出ます。

顔振峠まで1kmちょっと。

今回の目的地。富士見屋にやって来ました。

素晴らしい景色です!眼下には集落が広がります。

東方面。飯能方面の山々が見渡せます。奥に見える独特な山容は大岳山かな。

こちらは南方面。棒ノ折山、蕨山、伊豆ヶ岳などが遠望できます。

こちらは西方面。奥武蔵の盟主・武甲山や大持山などが見渡せます。

これが今回の目的。美味しかった!!
(v^ー゜)ヤッタネ!!

顔振峠には他にも茶屋があり、この日も賑わってました。

顔振峠。

にぎやかな峠です。

義経と顔振峠の伝説

顔振峠の説明板