雷電山・堂山 らいでんやま・どうやま
標高:412m・250m
日 程
2010年6月6日(日) 天気:晴れ
所在地
埼玉・ときがわ町
コース
自宅→駐車場(11:30)→登山口(11:40)→雷電山山頂(12:19 休憩)→堂山(12:49)→登山口(13:47)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
雀川砂防ダム公園駐車場
温泉他
都幾川四季彩館が良さそうです
リンク

山行記

今日も山登りのため、先週と同じくときがわ町へとやって来た。
目指す山は雷電山と行風山。ともに雀川砂防ダム公園を基点とする。 砂防ダム公園駐車場で車を降りると、公園には清流が流れており、家族連れなどがBQなどを楽しんでいた。なかなか見ごたえのあるダムの横を西に進んでゆくと直に雷電山登山口に出た。
2時間程度で上り下りが出来そうだが、昭文社の地図「奥武蔵・秩父(2010年版)」ではコースが破線(難路)になっている。 そのため気を引き締めて歩き出したが道標も多く、道もしっかりしており、思いの外、歩き易かった。 それでも途中で分岐も多く、案内が出ていない箇所も散見したので、注意が必要かもしれない。
でも、なぜ、このコースが難路なのだろうか??と考えてしまう。
歩き始めて40分程度で山頂に到着すると、山頂には20名程度のハイカーさん達が食事休憩していた。 山の中でこれほど多くの人と遭遇するのは久しぶりだ。^^;
こちらは食事済みなので、休憩もそこそこに下山しようかと考えていたが、「堂山へ1.7km」の案内標が目に入った。 地図にはコースの記載はないが、ここからは標高差の少ない尾根道を歩くだけのようなので、往復3.4kmであれば1時間強で戻ってこれるだろうと計算。 ここまで少々物足りなさを感じていたのと、ハイカーさん達も堂山を目指すようなので、行く先変更し堂山へ向かった。
尾根道は広くて歩き易く、途中でときがわ町が見渡せるビューポイントもあり、爽快な気分を味わいながら堂山の山頂に到着。予想外でひとつ多くの山へ行けた満足感を味わいながら、雷電山登山口へ向かった。

アルバム


眼前に目指す雷電山(右側の信号機の下)が見えてきました。

雀川砂防ダムの駐車場に到着(11:30)

規模の大きい迫力のあるダムです。

ダムの前後には清流があり、バーベキューなどで賑わっていました。
@:雷電山登山口 A:行風山登山口

ダムの横、雷電山登山口に向かいます。

雷電山登山口に到着(11:40)。ここから山頂まで1.9km

しばらく植林の中を進みます。

道は整備され、案内標は多く安心して歩けます。

ここの分岐、左側はショートカットコースと思われますが、案内とおり真っ直ぐ進みます。
ここ以外にも分岐は多く、案内がない箇所は杣道と思われる所もあるので、注意は必要です。

かなり廻り込みながら登って行きます。

序盤は平坦な道が続きます。

山頂まで600m。

日が当たる所は暑くて辛いです。(^_^;)

山頂まで300m

この辺りから山頂まで急登が続きます。

山頂に到着。20人程の方々が食事休憩されてました。

雷電山山頂 412m (12:19)

山頂には雷電神社が祀られています。

次はここから1.7km先の堂山を目指します。

昭文社の地図には堂山のコースは掲載されていないが、雷電山と同様に道はしっかりしている。

堂山までは尾根を単純に進むだけ。

開けた先に見える低い山が堂山です。

突然、目の前を二匹の鹿が駆け抜けて行った。
かなり、びびりました!

堂山の山頂に到着 250m (12:49)。

堂山山頂柱。ここからの展望はありません。

さて、来た道をそのまま、戻ります。

途中、開けた所からはときがわ町が遠望できます。

この辺りの登りが本日、一番の踏ん張り所でした。

前回、登った弓立山が見えました。

山頂にいた20人程のハイカーさん達とすれ違い。
考えてみたら、山の中で一度にこんな大勢の人と遭遇するのは久しぶりだ!

雷電山山頂直下まで戻ってきました。山頂はパスしてダムへ向かいます。

下りも案内に従い進みます。

公園で賑わう声も聞こえてきました。

登山口に到着(13:47)。続けて行風山へ向かいます。