和名倉山 わなくらやま
標高:2,036m
日 程
2010年5月4日(火) 天気:晴れ
所在地
埼玉・秩父市
コース
出発(4:15)→民宿しゃくなげ荘駐車場(6:40)→三ノ瀬登山口(6:50)→牛王院平登山口(7:13)→牛王院平分岐(8:22)→山ノ神土(8:29)→東仙波(9:50 食事休憩)→川又分岐(10:59)→二瀬分岐(11:33)→山頂(11:53 5分休憩)→川又分岐(12:21)→東仙波(13:45)→山ノ神土(14:56)→三ノ瀬登山口(16:09)→駐車場(16:13)→自宅  登り:約5時間弱 下り:約4時間強
コース図
 地図はこちら→
駐車場
民宿しゃくなげ荘 駐車場(500円/日)。登山口の手前に位置している。
温泉他
丹波山村ののめこい湯へ行ってきました。
リンク

山行記

GWくらいはどこかの山に登ろうということで、埼玉県に位置する和名倉山へ行ってきた。
山梨側での呼称は白石山といい、日本200名山に指定されている山だ。
アプローチ方法として埼玉県や山梨県から向かえるコースがある。 埼玉からは秩父湖から向かうコースがあるが、一般的ではなく道が不明瞭で藪コギを強いられる。 また、読図力なども必要とのことで、初心者は遭難するから立ち入ってはいけないコース。
山梨側のコースが一般的なものとして知られている。そこで迷わずこちらを選択するが、片道約10kmあり、日帰りの場合そんなに楽なコースではない(私にとっては)。 また、この山は200名山にしては訪れる人も少ない秩父の秘峰とも呼ばれていることもあり、遭難なども多かったらしい。

さて、朝は4時すぎに出発し二ノ瀬の登山口手前の民宿しゃくなげ荘の駐車場に着いたのが7時前、さすがに遠かった。 そして本日の行程は往復約20km。雲取山以来の長丁場だ。
民宿のおばちゃんにバナナをいただき、気合を入れて出発。
標高差も800mほどで前半にほとんどの高度を稼げるので、それほど疲れることはないだろうと想定していたが、山梨県との県境を過ぎ埼玉県内に突入してからの尾根歩きで、何とも上り下りの多いこと、小ピークの連続と倒木を跨いだりと本当に疲れた。。
しかも山頂手前で道を間違えて、水場に向かってしまった。 東に向かうのに、なんで南に下っていく?って途中で気づいて登り返して時間をロスしてしまった。肉体的にも精神的に少しショックだった。。。(^^;)
そんなことで何とか和名倉山山頂にたどり着いたが、5時間ほど掛かってしまった。 足もガクガク。こんな状態で下りに耐えられるのかな。
特に東仙波と西仙波のピークはいやだな〜〜
などと展望が効かず誰もいない山頂で考えていたが、この山頂にいても淋しくなるだけなので、写真だけ撮って登山口に向けて出発。
途中で唐松尾山に寄りたかったが、そんな体力どこにも残っていない。 辛い想いをして何とか明るい内に駐車場にたどり着けた。

コースの印象として、道はしっかりしているが、所々で倒木が道を塞いでいたり、コースが不明瞭な箇所もあった。 ただし、目印のリボンやテープが数多く付けられているので、常にこのマークを見落とさないように注意して歩けば、道に迷うことはないと思う。 山頂手前で間違ってしまったが。。。(汗)
それにしても今回は辛かった。
昨年の雲取山日帰りで往復20km。その時はそれほど疲れなかったので、今回も大丈夫だろうという甘い読みが、大いに外れてしまった。
あの頃は筋トレをしていたせいもあると思うが、今回は鈍った体でのチャレンジでちょっと無謀だったかな、と反省しきり。。。

それにしても、GWだというのに、人がいなかったなぁ。
登りは5時間近く歩いたというのに、2組しかすれ違わなかったし、下りでは誰にも会わなかった。
休憩中、2回くらい近くに人の声を聞いたが、会わずじまい。。なぜ??、ちょっと不思議だった。
鹿は何度も見かけたのに。やはり秘峰と呼ばれることだけはある。
次回、この山に行く機会があれば、和名倉山の魅力の一つである秩父湖からの藪コギ登山をしてみたい。

アルバム


駐車場は写真の左側にもあり、10台程度は停められそう。(6:40)

登山口まで舗装された道を登って行きます。

ここが登山口。民家の横を進んで行きます。(6:50)

しばらくはこんな感じの林道。

牛王院平登山口。ここを左に進んで七ツ石尾根を進みます。(7:13)

しばらくは笹薮の急登をひたすら登り続けます。

牛王院平(ごおういんだいら)は平坦で高原のようです。

牛王院平分岐に到着。このT字路を左に向かいます。(8:22)

右手に遭難碑を過ぎ、しばらくすると山ノ神土に到着。ここを右へ和名倉山方面へ向かいます。(8:29)

これが山の神土分岐。

道は明瞭です。

二つのピークを巻いて進むと東仙波の開けた斜面が眼前に広がります。

奥のほうには焼小屋ノ頭、吹上ノ頭が見えます。

こちらは南東方面の景色。手前が飛龍山。一番左が雲取山。

前方に目指す和名倉山が見えてきました。

一番奥の右側の高くなっている所が山頂。

日の当たらない箇所は所々で雪が残っています。

ここは西仙波かな?標識はありません。

こちらは西方面。一番奥左から木賊山、甲武信ケ岳、三宝山が遠望できましたが、南アルプスは確認できず。

和名倉山もはっきり見えてきました。手前の稜線を進みますが、まだまだ遠い。^^;

ここは東仙波。こちらには三角点があります。(9:50)

しばらく開けた尾根を進みます。

苔むしたカラマツ樹林。奥秩父の雰囲気満点です。

一見、コースが不明瞭な箇所がありますが、テープを気を付けていれば大丈夫です。

鹿をスクープ。めずらしくボケなかったので掲載してみました。

川又の分岐。所々、倒木があり跨いで進みます。(10:59)

水場への分岐。山頂への分岐はまだ先です。右側へテープが続いてますが、山頂へ向かう場合は間違えないように。私は間違えて、時間をロスしてしまった。。