弓立山 ゆみたてやま
標高:426.9m
日 程
2010年5月29日(日) 天気:くもり
所在地
埼玉・ときがわ町
コース
自宅→駐車場(12:37)→八幡神社(12:46)→登山口(12:50)→男鹿岩(13:17)→弓立山山頂(13:33)→木の村物産館→駐車場(13:35)
コース図
 地図はこちら→
駐車場
ときがわ町役場駐車場
温泉他
都幾川四季彩館が良さそうです
リンク

山行記

今日は午後から雨の予報で天気が心配だったが、ときがわ町の弓立山へ行ってきた。
町役場の駐車場に車を止めると、今にも振り出しそうな雰囲気。
心配しながら、歩き出すと目の前に弓立山の南北に長い山容が広がる。 1/25000の地形図に道の記載はなく、昭文社の地図を頼りにするが、登山口が判然としない。とりあえず県道172号を西に向かい、都幾川中学校を過ぎると弓立山ではなく、男鹿岩の道標があり案内に従いて左に曲がる。道なりに進みと八幡神社に出た。ここは四差路になっており、どちらに進むか悩むが八幡神社の左側を進んで行くと、登山口の道標があり、とりあえずは一安心。
だけど登山口からいきなりの急登で昨夜の雨で道もぬかるんでいる。 これは汚れるなと思いながら、滑る急登を慎重に登ってゆく。コース上、いたる所にクモの巣が張られているところから、この日は誰も歩いていないようだ。 緩急をまじえ杉檜の植林と雑木林が交互に変わるなか、北から南へと淡々と尾根筋を進んでゆく。道はしっかりした登山道である。
途中で左に下ってゆく分岐があり道標はなかったが、こちらが幼稚園を抜ける一般的なコースなのだろう。
山頂直下には「男鹿岩」と呼ばれる巨岩の露石帯があり、辺りは伐採されて見晴らしもよく休憩するには最適な場所に出た。 あいにくの天気で展望は良くないが、眼下にときがわ町が見渡せる。 巨岩の上に座り込み、展望を楽しんだ後、歩き出すと直に山頂にたどり着く。山頂は平坦で殺伐とした杉檜林の山頂標柱と三角点があるだけである。こちらは展望が良くない。
さて、復路は往路を戻るか、それとも南に抜けて大きく周回するかは雨が振り出すかどうかで決める予定だったが、べちょべちょの往路は戻りたくはなかったので、距離は長くなるが周回するコースを選択し、そのまま進むことにした。 すると山頂から50mも歩かないうちになんと駐車場に出てしまった。。┐(´-`)┌
しかも車が10台くらい停まっていた。(゚0゚)
実はここはパラグライダーの発信地でもあり、山頂まで舗装された林道で登れるようになっている。
せっかくなので、ちょっと見学させてもらった。 5分くらいの感覚で次々に飛び立ってゆくが、実に楽しそうである。 鳥になる感覚が味わえるのであろう。間近で飛び立ってゆく様は見ているだけでも面白いが、霧雨が降り出したので、先を急ぐことにした。
ここからは舗装された林道を淡々と下るだけである。里山歩きを楽しみながら1時間程度歩いて駐車場まで戻ってきた。

この山には、山名に纏わる伝説が残っている。
それによると、『天慶8年(945)に武蔵国司・源經基が慈光寺の四囲境界を定めるため、当時「龍神山」と呼ばれていたこの山で蟇目(ひきめ)の秘法をおこなった。經基が四方に放った矢は、北が小川町青山の「矢の口」、東が大字瀬戸の「矢崎」、南が越生の「矢崎山」、そして西が「矢所」に落ちた。それ以降、この山は「弓立山」と呼ばれるようになった』という。
そんな山に纏わる伝記などを想いながら歩いてみるのも山歩きの楽しみでもある。

それにしてもパラグライダーは面白そうだ。やってみたくなってしまった。 そのうちやってみようかなぁ。
高所恐怖症だけど。。。(*^-^)

アルバム


ときがわ町役場の駐車場(12:37)
準備運動をして早速出発

県道172号線を西に向かいます。

中学校を過ぎた所を案内に沿って左折しました。目指す弓立山が見えます。
雲行きもだいぶ怪しくなってきました。降り出すかな、と心配しながら先を進みます。

八幡神社の入口。一般的なコースでは、ここを左に進むようでした。手持ちの地図では判断できず、そのまま真っ直ぐ進む。

八幡神社の参道の横を進みます。

こんな案内板に従って、

この細道を下ってゆきます。

下った途中の左側に登山口がありました。のっけから急登です。(。>0<。)
道もどろどろ。ここはレインスパッツを装着。(12:50)

杉檜林の香る中、進んでゆきます。

雑木林と植林が交互に切り替わります。

こんな所で分岐に出合った。(13:06)
左からのコースが一般的なルートなんだろう。

ひたすら尾根を登ってゆきます。

クモの巣が多いので、今日は誰の登っていないのだろう。

露出した岩が多くなり、道の様相が変わってきました。

男鹿岩に到着。(13:18)ここで休憩
それにしてもデカイ!w(゚o゚)w 

あいにくの天気でせっかくの展望がいまいち。

おっ!パラグライダーやってる。

山頂方面。今にも振り出しそうな雰囲気です。

男鹿岩の標識

男鹿岩の上にて。
セルフタイマーで撮ってみました。(*^.^*)

あの案内標識の上にカメラをセットして。。
ここまでダッシュ。危ないなぁ。^^;

さあ、さらに上を目指します。

ときがわ町が良く見えます。
晴れていればスカイツリーが見れたかも。

山頂まで、あとちょっと。わずかな急登を進みます。

広い山頂部に到着。(13:33)

弓立山山頂。426.9m。何とか天気ももってくれました。

三角点発見。

往路は戻りたくないので、そのまま南へと進みます。

山頂から30mほど進むと、なんと駐車場が。。。
ここがパラグライダーの発進地なのです。

ちょっと見学させてもらいました。
これから女性が飛び出します。

風はないのに、歩き出すと直ぐ膨らんだ。不思議です。

「アムロ行きます〜」って、心の中で叫んでました。^^;
古すぎ??

いや〜気持ち良さそうだな〜。やりたくなってきますね。
見てるだけでも楽しいけど、霧雨が降り出したので先を急ぎます。

西に目を転じると目の前にゴルフ場が広がる。以前、ここでプレイしたあるぞ!こんな山の中だったとは。。。

下りはひたすら舗装された林道を進みます。

途中から民家がポツポツと里山の雰囲気があります。

ここの合流を左に行きます。

右側の広場には吹流しがあり、ここがパラグライダーの着陸地なのでしょうか。

隣の沢からカジカカエルの鳴き声が。癒されますね。

県道30号との合流

あとは県道沿いを進みます。

木のむら物産館を通過。

駐車場に到着。(14:35)
本降りになる前にもどって来れました。