秩父槍ヶ岳
Mt.ChichibuYarigatake
標 高
1,341m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2012年11月3日(土) 天気:晴れ
コース
駐車場(8:03)→野鳥観察小屋(8:15)→野鳥の森歩道終点(8:33)→槍ヶ岳山頂(9:45)→(食事休憩)→槍ヶ岳山頂(コンサイス)(10:58)→→駐車場(13:21)
コース図
 
駐車場
相原橋駐車場
温泉他

山行記

埼玉の山を登るときに参考にしている「新・分県登山ガイド[改訂版]埼玉県の山」というガイドがある。 埼玉県の山が数多く紹介されているが、そのなかでも最も難易度の高い岩峰として、秩父槍ヶ岳が掲載されている。ガイドには

岩とやぶが大好きで、岩登りと読図技術に長けた熟練者のみに許された、極めて危険度の高い秘峰だ。

と紹介されている。
こんなところを登れたらかっこいいなと思いつつも、難易度の高さから足が向かなかった。今回、チャレンジする気になったのは、埼玉の山を登りつくそうと考えている者にとって避けて通れない山だと考えたからだ。(大げさだなぁ〜)
そして、槍ヶ岳という名前にも惹かれるものがある。

ここは旧大滝村で秩父でも奥深い山域であり、あまり知られることのないマイナーな山のようである。
その証拠として地形図に、山名の記載はない。登山道も判然としない個所があり、ひっそりとした寂峰である。

今回は駐車場のある相原橋からスタートであるが、山頂までは岩尾根を直登(通行禁止となっている)するコースと野鳥の森遊歩道を進むコースの2つある。 自己責任で直登コースを進むが、厳しかった。。。
痩せた急な尾根で岩場が容赦なく続くが、岩稜を全て直登することは叶わなかった。直登が難しいところには、右に巻き道があり、登り終えてみると命拾いしたな。。というのが、正直な所。

ガイドに記載されているアドバイスとして、
危険度の高い特殊コースで、初心者のみでの入山は禁物。岩に慣れた者がロープなどの岩登り用具を携帯して臨むべき山だ。
とある。

結果的にロープなどは使わなかったが、ルートファインディングの技術は必要かもしれない。
自分の技量に合ったルートを適確に見つけていかないと、間違えに気付かず2、3歩進んだだけでも身動きが取れなくなる。岩を巻いたはずなのに、何度か先に進めず行き詰まった。登るよりも下る方が何倍も厳しい。
とりあえず登ってみたけど、進めなくなったから、少し戻ってみようという簡単なノリでは済まされない状況に陥ることもある。
普段は進路さえ間違っていなければ、強引に進むだけなのだが、今回はそんな訳にはいかず、いい経験になった。
山登りの難しさを改めて思い知らされた山行であった。
少しオーバーかもしれないが、慣れた人には何でもないのでしょう。。

さて登山口でナビをセットしてログも取ろうと操作するも、何を勘違いしたか、最近、スマホを変えた際、奥秩父の地図はダウンロードしていないと思い込み使わなかった。 のちに非常にナビに頼りたくなる状況に陥るのだか…こんな時に限って。
あと、愛用しているプロトレックがおかしくなった。あまり良い環境で使っていないため、砂が詰まったりで、ボタンの感度が悪くなっていたが、コンパス、高度計、時計と画面の切り替えが出来なくなった。別にコンパスは持ち歩いているのだが。。よりによって、こんな時に限って。
それと、靴のソールもすり減っているが、今回は踏ん張りが効かず、それを思い知らされた。靴を替えるか、ソールを貼り替えるかしないといけないな〜。
靴と時計では、大した出費になりそうである…

山行記でも述べるが、山頂を過ぎて下降点が分からなくなった。地図を見ると稜線から左に曲がり、東に続く尾根を下るように進むはずで、目印のリボンもあるのに、途中から、コースが判然としなくなり、明らかに道がなくなる。
そもそも下降点には、標識があるはずなのに、それが見つからない。ネットで下降点のイメージは頭に焼き付けているのに、それがない。そのため、下降点があるあたりを行ったり来たりした。野鳥の森遊歩道を進むコースとは逆に進んでいるため、少し勘違いしてると思うが、気持ちが悪い。途中、怪しいリボンが稜線から、左下に見えたので、試しに下りてみたが道はない。危険な直登コースをクリアしたのになんてことだ。
山頂の方で、先ほどすれ違った人達の話し声も聞こえて来たので、戻って聞いてみたが、標識は間違いなく存在しており、すぐに分かると言われる。
2回も3回も往復してるから、気付かないはずもないんだけどなと、途方に暮れていると、桐生のハイトスさんが現れて、私と同じコースを歩かれ、相原橋に下るということなので、ご一緒させていただくことにした。
やはり下降点は見つからず、尾根を東に下って行くと、私が進むのを諦めた箇所に出た。その辺りから道がなくなるのだが、ハイトスさんの思いっきりの良さで正しいコースを見つけ出していただいた。この判断力と行動力は経験の差だなと、これまた、勉強になった。

後から思い返してみると、この間違えたからくりが何となく見えてきた。地形図を見ると、下降点はピークにあるが、槍ヶ岳山頂から進むと、そのピークの左を巻くようにリボンで誘導される。結構きついピークで、登る必要性を感じないので、迷いもなくピークを巻いてしまうのだが、それで見逃したのではなかろうか。一方、逆コースである野鳥の森遊歩道から進むと、ピークを右に巻けるのだが、こちらは巻く方向にリボンがなく、その代わりにピークに向かってリボンが付いていた。
私は巻けると分っていたから、トラバースしたが、確かに野鳥の森観察道から進む場合は、巻道も解りづらいので、真っ直ぐピークに向かってしまうのだと思う。
東に向かう尾根を下ればよく、方角も把握していたのに、一般コースとして道はしっかりしているはずなのに道がなくなったことに少し焦ってしまった。

ロープワークも知らず、ロープを使いこなせない素人の私には、この辺りが限界なのかもしれない。
でも、あのスリルは体験するとやめられない魅力も感じたが、今のレベルでは、群馬・埼玉の県境のやぶ、岩山は望むべくもない…
新たな境地(岩登り)に向かうのか、嵌りそうで怖い…

それにしても、この日はハイトスさんとご一緒させていただいて、心強かった。
また、機会があれば、どこかでご一緒させていただきたい。



今回はログなし。野鳥観察小屋から槍ヶ岳まで西に続く尾根をそのまま突き進んだ。

昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム


駐車場に向かい県道210号を走っていると登頂予定の秩父槍ヶ岳が姿を現した。思わず車を停車させカメラに収める。

尾根伝いに直登するコースを行く予定である。相当険しそうで、気合も入る。青線が尾根コース(たぶん)
登山口と駐車場のある相原橋に到着(7:53)。予想に反して多くの登山者グループがいた。
一般コースではなく、直登コースを進むため、まずは野鳥観察小屋を目指しますが、のっけから急登である(汗)
怪しい手すり(^_^;)のある沢沿いを進む。
直に野鳥観察小屋に到着(8:15)。ねんきの入った方々がヘルメット、ザイルなど岩登りの準備をされていた。岩登りに精通されているような人達だ。
「この先、危険なため、通行止め」の看板を越える。何が起こっても文句のいえない自己責任の世界だ。
ここに限らず、単独行の場合は危険と隣り合わせであり、常に自己責任と肝に銘じなければならない。
急な尾根歩きが続くが、道はしっかりしている。特に危険なところはない。
野鳥の森歩道の終点に到着。ここから見える秩父槍ヶ岳の山頂は、まだまだ先。
野鳥の森歩道の終点を過ぎると、周りの様相も変わり、痩せた岩場が多くなってきた。
ところどころで尾根を右に巻き、植林の中を九十九折で登るが、傾斜が半端ではない。
ますます傾斜がきつくなってきた。足だけでは登れない。手足を総動員して木の根などをつかみ登っていく。
ときどき目印も目にするが、踏み跡も怪しくなってきた。とにかく歩き易いルートを探りながら進む。

最初の難所??巨大な岩が眼前に立ちふさがる。闘志は湧いたが。
登ってみようと進んでみたが、途中で身の危険を感じ、直登は諦め右に巻いた。
直登が難しい場合、岩場に慣れたベテランでなければ左側に進んではいけない。
左は断崖絶壁で身動きが取れなくなるか、滑落する危険が高い。迷ったら右側を見て進めそうなルートを探す。

情け容赦なく厳しい岩場が続く。登れるところは直登するが、やばいと思ったら右に逃げる。
右に巻いて根っこなどにしがみ付いてよじ登っても、途中で壁になり、先に進めなくなることが2〜3回あった。しばらくセミになり動けなかった。
ほんとにヤバい所は写真など撮れる余裕はなかった。。(-_-;)

岩を直登するにしても、右に巻いて登るにしても、慎重なルートファインディングが必要なことを思い知らされた。
気軽に進んだ二三歩で進退窮まる状況に陥ることもあり、一歩一歩進みながら、ルートを探す慎重さが必要である。

山頂直下の最後の岩場に到着。上部には残置ロープが見える。山頂まであと僅か。
登りの最後の山場。ここを過ぎれば山頂までは直ぐである。ロープに頼らず、3点支持でと思ったが、一部、残置ロープを利用してしまった。