鳳凰山(地蔵岳、観音岳、薬師岳)
Mt.Ho-o(Mt.Jizo-dake,Mt.Kannon-dake,Mt.Yakushi-dake)
ほうおうさん(じぞうだけ、かんのんだけ、やくしだけ)
標 高
2,764m、2,840m、2,780m
所在地
山梨県南アルプス市・韮崎市
日 程
2012年6月24日(日) 天気:晴れ
コース
青木鉱泉駐車場(4:39)→南精進滝(5:59)→白糸滝(7:02)→五色滝(7:29)→鳳凰小屋(8:15)→地蔵岳(9:15)→観音岳(11:00)→薬師岳(11:33)→御座石(12:15)→林道出合(14:16)→青木鉱泉駐車場(15:02)
コース図
 
駐車場
青木鉱泉駐車場(750円/日)
温泉他
/ 青木鉱泉 /

山行記

今回、向かったのは久しぶりの南アルプス。そして日本百名山でもある鳳凰山。
地蔵岳、観音岳、薬師岳の3山を総称して鳳凰三山といい、一番標高の高い観音岳を鳳凰山という。鳳凰三山の縦走とそこからの景観を期待しての山行である。

さて朝はAM2:00に家を出て、圏央道、中央高速と順調に進み、韮崎ICで下りたころには空が白み始めた。
韮崎ICから青木鉱泉までの道はこちらのサイトが非常に参考になった。おかげでナビにも地図にも頼らず、家から2時間半程度で青木鉱泉までたどり着いた。

今回は長丁場。単純な標高差で約1,800m、そして道程は23kmほど、歩きごたえがある。12時間程度掛かるのは覚悟の上での出発。
朝の4時半過ぎから歩き始めれば、遅くても夕方の5時くらいには下りられるだろうと歩き始めた。

歩き始めると、鳳凰三山の稜線部分が遠望できる。天気予報は曇りのようだが何とか持ちこたえてほしいものである。
山道に入るとずっと急登が続く。標高差があるのだから、しかたがない。一歩ずつ歩を進めるしかない。
途中には何カ所か滝があるが、どれも水量豊富、巨大で見所十分。
コメツガ、ダケカンバや苔むした倒木、いつもの埼玉と違った南アルプスの雰囲気をひしひしと感じる。歩いていても全く飽きることがない。
鳳凰小屋を過ぎるとじきに賽の河原と呼ばれる砂礫の急登になる。急斜面の上、砂に足が取られ歩きにくい。5時間位上り詰めたところでこの急登はきつい。。。
だけど、今回はストックを持って行ったのが大正解だった。 普段はあまり持ち歩かないが、賽の河原での登りでは大活躍であった。

そして、地蔵岳に到着した時には、すでにガスの中。地蔵岳に位置するあのオベリスクの姿がはっきりしない。
しばらく待っているとガスも晴れて、目の前にその巨大な姿が現れた。
これが噂のオベリスク。なるほどデカい。。。
オベリスクの天辺に登れるようになっており、あわよくば絶景を期待して登ってみようかという想いもあったが、まじかで見ると、その基部に行くのも大変そう。。。
高所恐怖症の私にとって、仮に登れたとしても、下りるのは辛そうかなと心配になり登る気も失せてしまった。
地蔵岳でゆっくり休んで、オベリスクの雄姿を堪能し、続けて観音岳、薬師岳を目指して稜線を進むが、すでに稜線上はガスに覆われ、白根三山や富士山など期待していた展望は楽しめなかった。。。
ここに来て、景観が拝めないとは非常に残念である。
次は北岳あたりから鳳凰三山の景観を期待してみるとするか。それでも白い花崗岩と緑のハイマツのコントラストを醸し出す独特な稜線は最高だった!
薬師岳まで縦走を楽しみ、あとは下るだけだが、しんどかった。やはり、この標高差はさすがに堪える。

麓に下りて韮崎IC近くの白山温泉に浸かり、充分に休憩を取る。
そして中央高速の状況を検索してみると、すでに30km程度の渋滞になっている。 渋滞にはまる為に高い高速代を払うのももったいないので、またもや甲府から家まで約150kmの道程を雁坂トンネルを通り、秩父を抜ける延々と続く山道を強行。

それにしても長い一日で疲れたが、久しぶりのアルプス、非常に充実した気分を味わえた。

これが今回の周回コース
ドンドコ沢から登り中道を下るルート

昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。
それなりにバッテリは消耗するが予備の充電器を持ち込んで、約10時間すべてのログが残せた。
歩行ログも残せる(紫色がログ情報)。カシミール3Dに取り込んだログの詳細はこちら
ナビとして利用する場合は、予備の充電器はあった方がよい。

アルバム

青木鉱泉に到着(4:30)。家から約2時間半で辿り着いた。早朝のため駐車料金は払えず帰りに払うことにする。
青木鉱泉の旅館は寝静まっているようだが、早朝到着組はぼちぼちと歩き始めているようだ。
往路はドンドコ沢登山道を進みます。

工事現場のような箇所を抜けて行きますが、眼前には薬師岳と思われるピークが遠望できます。
日帰りであの稜線を歩いて下りるのか。。。^_^; 気が遠くなりそうですが、この天気が持ってくれれば展望が期待できます。
山道に入るとガンガン登ります。今日の単純標高差は1,800m程度ある。 最初から気合は入るが、続くかどうか。。。
途中、沢を何度か渡渉します。

南精進ケ滝。水量も多く見ごたえがあります。(5:59)

南アルプスの原生林。いつもの埼玉とは雰囲気が違います。

原生林を突き進みます。
鳳凰の滝との分岐(6:24)。今日は時間との勝負。滝もゆっくり見たいけど地蔵岳に向かい先を急ぎます。

この時期だからか、水は豊富です。道が一部、沢になってました。(^_^;)

緑・緑・緑。。。そして、小鳥のさえずり、癒されます。

新緑。

登山道を上から見下ろしたところ。急勾配が続きます。

倒木&きのこ

倒木&苔。いい雰囲気が出ていますね。。
白糸の滝に到着(7:02)。歩き始めて2時間半。まだまだ登りが続きます。

白糸の滝もものすごい水量。圧倒的な迫力です。

小さくて可憐な花が。

新緑が続きます。気持ちがいいですね。。
コイワカガミを発見。高所に来た証である。久しぶりに見ました。

ダケカンバの林の中、気持ちのよい高所ハイキングが続きます。

またまた渡渉。芽が出始めたバイケイソウも多く見られます。

注意していないと見過ごしてしまうくらいの小さな花。

まだまだガンガン登っていきます。

横浜から来られたイケメン健脚2人組。こちらも日帰りのようだが、一人の方が気分悪いとかで、鳳凰三山の縦走は諦めるとか。
私よりも圧倒的に速いのに。。。(^_^;)

こちらの五色滝に到着(7:30)。歩き始めてすでに3時間程度経過。

標高2,000mを突破したあたり。

ちょっとした平地のような場所に出ました。

沢沿いを案内にそって進みます。
鳳凰小屋に到着(8:15)。まだ、8時過ぎであるが、すでに4時間近く歩き続けている。疲れた。。。(汗)

地蔵岳に続く尾根のようだ。巨大な岸壁は迫力があります。。

やばいです。。だんだんガスが上がってきて遠望が利かなくなっている。。

先のイケメン二人組。鳳凰小屋で先に出てきたのに、あっという間に追い越されてしまった。。。

オベリスクが見えてきました。そして、手前には行く手を阻む、これが噂の「賽の河原」。
足は滑りますが、今回はストックを持ってきており、それが大正解。(^_^)
地蔵岳に到着(9:15)。やっと稜線に辿り着きました。。。(^_^)
歩き続けて約5時間。疲れました。。。(汗)