有間山
Mt.Arima
ありまやま
標 高
1213m
所在地
埼玉県飯能市
日 程
2012年12月24日(月) 天気:晴れ
コース
観光釣り場駐車場(9:01)→1016ピーク(10:31)→タタラノ頭(11:18)−(昼食休憩30min)→有間山(橋小屋ノ頭)(12:08)→蕨山(12:35)→藤棚山(13:04)→大ヨケの頭(13:29)→観光釣り場駐車場(14:30)
コース図
 
駐車場
有間渓谷観光釣り場
温泉他

山行記

今回の山行は飯能市の有間渓谷観光釣り場から、地図にコースの記載がないバラ尾根を伝うバリエーションルート。
バラ尾根からタタラノ頭へ登り、それから埼玉・東京の県境尾根を進み、槇ノ尾山から仙岳尾根を下る周回コース。

懸念事項は地図に記載のない尾根歩きと難路とされている下りの仙岳尾根。
時間的な余裕を持って歩くつもりだったが、寝坊してしまった。 というか、二度寝してしまい、出発時間が遅れてしまった。

駐車場に着き、準備運動もそこそこに歩き始める。それにしてもお腹の調子が怪しい。山行では必ずといっていいほど、事前にトイレを済ませるが、この日はそれがない。歩いていれば何とかなるだろうと歩き始めるが、下調べが不十分でバラ尾根の取り付きが分からない。
林道をいくら歩いても取り付く予定の右側は崖のような法面が続き、とても登れそうになく、ネットで見たウッドチィップの道ではない。
また間違えたなと、駐車場まで引き返すと、落合橋のそばにウッドチップの道があるではないか。。。^_^;

少し安心したら、また、お腹が我慢できそうもないレベルに。。。
観光釣り場はこの時期営業しておらず、立入禁止のトイレを使うのも大人気ない。だけど我慢できない。こんなとこではキジ撃ちどころではない。車で5分程戻った名栗湖の湖畔にトイレがあり、通過した時に済ましておけばよかったと後悔したが仕方が無い。車に戻りトイレに移動。。。

何てことだ、出発が遅いうえに、30分もロスしてしまった。

そして、駐車場に戻ると時間は9時。予定よりも2時間遅れている。 こんなことで周回コースを歩けるのだろうか。無理のような気もしてきたが、とりあえずバラ尾根を登りタタラの頭に登頂してから考えようと歩き始める。
最初は散歩道のような道を進む。そして、ネットで記憶のある取り付きのような階段に入る。
その後、木段がかなり高いところまで続き、しばらくすると林道に出るが、この林道は尾根から離れて行くので、適当なところから取り付かなければならない。そこで巨大な岩の左から取り付くが、なかなか容易ではない。
手足を使い斜面にへばり付きながら尾根に出る。もっと楽なルートがあるのかもしれないが、尾根まで大した距離はない。一度、尾根に出ると、あとは分かりやすい。
途中で2回、林道と交差する。2つ目の交差は林道から尾根に取り付くのに擁壁があり、そこに登るのが一苦労。リックを擁壁の上に置き、後ろから助走して駆け登った。こんなことをするのは何十年ぶりだろうか。(^_^;)
それから斜面に取り付こうとするが、イバラばかりで具合が悪い。ズボンが破けるのは避けたいし、上方には有刺鉄線がある。
こんなところではなく、他に登りやすい箇所があるだろうと、諦めて林道に戻る。そして、林道を偵察すると斜度はあるが斜めに登って行けそうなところを発見。イメージ通りに登って尾根に復帰。タタラの頭の直下は枯れた鈴竹の中を進むが、道はあるので、藪漕ぎもなく山頂に到着した。

このバラ尾根はテープが多く、それほど苦労はないと思われるが、地図にルートが無いだけあり、いわゆる道がないところもあるので、少し慣れは必要かもしれない。

先の行程は長いのだが、お昼なのでまずはご飯である。
今日は塩ラーメン。前回のこと(トムヤンクンラーメン)があるのでノーマルなヤツにした。寒いなかで食べるラーメンは温まって最高である。この楽しいひと時はカットできない。 う〜む、うまい!水の量もちょうど良く、卵もいい感じだ。などと孤独のグルメのような感傷に浸っていると時間ばかり過ぎてしまう。

食事も終わると、蕨山の方からハイカーさんがやって来た。名郷から鳥首峠を経てきたようだ。
さて、こちらは食事も終わり、この先、当初のコースを進むか、距離の短いコースに切り替えるか、思案に暮れた。 地図の予想タイムでは、ここから5時間弱とある。1時間程度の短縮はできそうだが、山の中では暗くのが早く、最後の仙岳尾根が難路(破線ルート)となっており、危険なので諦めて蕨山を周回することにした。

強風が吹く中、有間山稜を蕨山へ向かう。この山は有名なだけあって、7年ぶりの山頂には複数のハイカーさんで賑わっていた。
蕨山からは、なだらかな金毘羅尾根を歩き大ヨケの頭に到着。

ここから駐車場までは、一般ルートから離れて、地図に「登山道ではない小道」として記されている尾根を真っ直ぐ下るが、途中で交差する林道に出るのが大変だった。
地図の通り尾根から真っ直ぐ林道に出ることはできない。林道手前は崖になっており、とてもではないが下りられない。左右を見渡しても状況は変わらない。それでも右側に見た感じで、なんとなく下りられそうな箇所を見つけた。
木の根っこがあり、それを手掛かりに体を下せればと思い、根っこに体重を掛けてみたらぐらっきた。やばい全体重は掛けられない。岩もボロボロしており、こちらも足がかりに出来そうにないが、なんとか微妙なバランスを取りながら恐る恐る下った。最後はずり下りるような形になったが、なんとか怪我なく下りられた。
後でネットで調べてみるともう少し右に進んだところに下りられそうな箇所があったようだが、金毘羅尾根と林道が交差するところから林道を戻るようにするのが、一番、楽で間違いない。
その後も急斜面を下って、14:30に観光釣り場に到着。
タタラノ頭から大ヨケの頭まで休憩含めて1時間半、そこから観光釣り場まで1時間も掛かってしまった。大ヨケの頭(771)から釣り場まで、下図の地図で見ても距離的には大したことはないが、時間のかかり具合から、それだけ一般コースよりも歩きにくいということであった。

今回歩けなかった長尾丸山、槇ノ尾山、それから仙岳尾根は課題としていつか歩かなければ。。。

紫色のログが私の辿ったルート


今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

有間渓谷観光釣り場の駐車場に車を停める(8:31)。2台停まっていたが、どちらに向かわれたのだろうか。
始めは間違えてこの林道を釣り場の逆方向に向かった。バラ尾根に取り付くのに右側を見てもどこにも登れそうな所がない(右写真)。
途中で間違えに気付き引き返すが、お腹の調子が悪く我慢も出来ず、車に乗り込みトイレまで移動し用を済ませる。。。30分も時間をロスした。(T_T)
トイレから戻り仕切り直し(9:01)。落合橋の所に登り口があった(右写真)。

ウッドチップの道をしばらく登るとバラ尾根への取り付きを見つけ、そちらへ進む(9:08)。
伐採された急斜面を斜めに登って行きます。後ろを振り返ると遥か下方に釣り場が見える。
伐採地を抜ける辺りで林道に出ます。
バラ尾根に出るために大岩が横たわる左側を強引によじ登るが、大岩の右側を行くのが正解なのかな?
バラ尾根に出ました。リボンがふんだんに貼り付いている。
所々で急登が続きます。
道もはっきりしています。
834m地点(9:51)。この辺りは岩がゴロゴロしていた。
834mから少し進むと幅の広い気持ちの良い尾根に出る。
林道に出ました。左側へ進むと右写真のような登り口があり、そこから尾根に入ります。
バラ尾根に復帰。このあたりまで来るとバラ尾根の終着であるタタラノ頭が遠望出来るようになる。

1,016mのピークを通過(10:31)。
気持ちのよい広葉樹林の尾根を進んで行くと直に右側が植林になる。
ヅサ平というのであろうか。植林のなか、大きく北西へ進路を変え(図の赤丸部分)、尾根を左側に巻いて進みます。
左側はご覧の通りの急斜面。しばらく進むと2つ目の林道に出た。
さて、どこから取り付くか?左写真のような斜面は登れないので、しばらく進んで登れそうな所を探す。
右写真の所が登れそうに感じたので、助走をつけて擁壁を駆け上り、斜面をチャレンジしたがイバラが鬱陶しく、有刺鉄線もあり諦めた。

登れそうな所がないかと斜面を眺めながら戻ると、林道に出た正面が高い斜面になっているが、斜めに登れそうなので、登ってみた。
結構な斜度だが慎重にクリアし、有刺鉄線も越えてバラ尾根に復帰。
植林のなか急斜面を九十九折に進むと前方に枯れたスズタケが見えてきた。山頂まであとわずか。
道はあるので、スズタケは全く気になりません。タタラノ頭も目前です。

タタラノ頭に到着(11:18)。有間山稜に出ました。
タタラノ頭から南東に目を向けると次の目的地である長尾丸山が遠望できる。遠いな〜
北のほうに目を転じると有間山は目前ですが、まずは食事です。
献立はノーマルな塩ラーメン+ゆで卵、前回は失敗??した(^_^;)が、今回は最高でした。(^_^)。
強風が吹き荒れるなか食事していると有間山からハイカーさんがやって来られた。
鳥首峠から来られて、ここから折り返し蕨山方面に戻ると言われていた。


さて、私のほうは本来の予定ルート@(上図)に向かうか、それとも短いルートAに変更するか悩みどころです。出発時間が遅すぎたため、
ルート@は暗くなる前に駐車場に戻れるか心配になってきた。タタラノ頭から駐車場までエアリアマップの予想時間では4時間55分となっている。今が12時なので、17時近いと暗くなってしまう。しかも、後半の仙岳尾根は破線ルートで迷マークもある。経験したことのない尾根を時間的な余裕のないなか、下りで使うのはいかがなものか。一方、ルートAの予想時間は大ヨケの頭まで、2時間15分、その先が非常に怪しいが、3時間ほど見ておけば大丈夫だろう。

ルート@でも1時間程度は短縮できるかもしれないが、山の中では暗くなるのは早い。
多少暗くなったとしてもヘッドライトとナビがあれば、何とかなるかなとも思ったが、のんびりとルートAを歩くことにした。

食事も終わり、コースも決まったので、休憩していたハイカーさんよりも先に蕨山を目指して出発した。
それにしても稜線上は風が強くて非常に寒い。この辺りはアップダウンも大したことがなく、汗をかくこともないので、ダウンジャケットを着こんでしまった。。。(汗)
有間山(橋小屋の頭)に到着(12:08)。さきほどのタタラノ頭もまとめて有間山と呼ぶようだ。
ここは3差路になっており、左が鳥首峠方面で、右が蕨山に向かうコース。
有間山から一気に下っていくと前方に目指す蕨山が見えてきました。