羽賀山
Mt.Haga
標 高
566.65m
所在地
埼玉県越生町
日 程
2012年6月17日(日) 天気:晴れ
コース
駐車場(12:50)→あじさい山公園(13:14)→羽賀山(14:14)→野末張見晴台(14:33)→飯盛峠(15:03)→飯盛山(15:11)→飯盛峠(15:17)→あじさい山公園分岐(15:55)→戸神集落(16:29)→駐車場(16:57)
コース図
 
駐車場
あじさい山公園無料駐車場
温泉他

山行記

この梅雨の時期、山行の予定を立てるのが難しい。
この週末の天気予報も悪かったが、日曜日はなんとか持ち直し、午前中から日が差してきた。
それであれば近場でも行こうか、ということでベストシーズンのあじさいを期待し、越生町のあじさい山公園を絡めて、羽賀山、飯盛山、大築山をぐるっと周回するコースを狙ってみた。
公園まで車で行くつもりだったが、2km手前が最後の無料駐車場で、この先は全て有料になるということなので、数百円をケチって、ここから歩くことにした。(^_^;)
公園までは舗装道路を進むが、すでに昼過ぎで蒸し暑い!!そして、すでに疲れてきた。(汗)

あじさい山公園は山の斜面に広がる公園で、羽賀山へのコースは公園の最上段にある見晴台の先に続く。そこで、最上段の見晴台を目指すが、意外と標高差があり、しかも木段でしんどい。。。
それでも最上段の見晴台はかなり高い位置にあり、登ってみるとさすがに展望は良い。
麓には観光客も多かったが、この暑さの中、こんな高い所までに登ってくる人は少ないと思われる。(^_^;)

公園を過ぎると鬱蒼とした梅雨の長雨でぬかるんだ道を淡々と歩を進めるが、途中で大築山に向かうコースが「Keep out」の黄色のテープで通行停めとなっていた。

なぜ??

このようなパターンは珍しい。
土砂崩れなどでコースが崩壊しているのだろうか。それとも遭難者やけが人が出たのか。いろいろと憶測してしまう。

それにしても暑くて堪らなかった。歩き始めが遅かったのもあるが、これからの季節、奥武蔵の低山はきついかも。。。(^_^;)
蚊も出てくるし。。。
山の中では他の登山者とは会わなかった。登り始めた時間が遅いせいかもしれないが、このコース、はっきり言って登る人は少ないと思われる。
なので、ひっきりなしにクモの巣が顔や手に絡みついて鬱陶しいし。。
少し消化不良な山行だった。。。

ここのところ、埼玉の山ばかりだったので、 次は少し遠出して、久しぶりに百名山でも目指してみようかな。

アルバム

あじさい山公園から2km手前の無料駐車場に到着(12:50)。あじさい目当ての人が多かった。
しばらく「あじさい街道」を進みます。それにしても観光客が多いな。そして、道脇には休憩用のベンチとご当地らしい看板が所々にありました。
釣られて休憩したくなります。^_^;

途中に麦原川弁財天という七福神の神様が祀られていました。

麦原川沿いを緩やかに登っていきます。

多くの観光客とすれ違いますが、登山者にはすれ違いませんでした。

道沿いにあじさいが咲いていますが、まだ、満開ではないようです。しかし、暑い!
住吉神社そばの有料駐車場(400円/日)を通過(13:07)。このT字路(左写真)を右に行くと大築山方面に向かう。
それにしてもアバウトな地図だなぁ〜(^_^;)。今日、予定しているコースを追記してみた。ぐるっと周回コースで約12km。暗くなる前には帰って来れるでしょう。
黄色の幟が並んでいるところがあじさい山公園の入り口。この橋を渡った先、山の斜面に約5,000株のあじさいが植えられている。
ただし、ご覧の通り、満開ではなかったようでした。
あじさい山公園の全貌。今の時期はあじさいまつりの真っただ中。
端のほうでは模擬店などもありましたが、ゆっくり休んでいる時間もありませんので、先に進みました。 帰りだったら、絶対に焼そばとか、食べてます。(^_^;)
まずはあじさい山の最上段に位置する見晴らし台に向かいます。それにしても暑いです。。。(汗)
公園の麓から最上段の見晴らし台まで20分とありましたが、普通の公園では在り得ない??標高差があります。^_^;
観光客はあまり登ってこないのか、草がぼうぼう。

それでも最上段まで登ってくると景色は最高です。真ん中に見えるのは、本日、最後に通過する予定の大築山。
その左の奥に見えるのは、堂平山と剣ヶ峰。この辺りでは一際目立つ存在です。

左側の尖って電波塔があるのが剣ヶ峰。右側に丸いドームがあるのが、堂平山。
ここが再上段の見晴台(13:34)。昼下がりの時間、めちゃめちゃ暑くて日なたに出れません。。(^_^;)
さぁ、これから梅雨の時期、どろどろになることが予想されますので、スパッツを付けて出発です。
最上段の見晴台の手前、羽賀山へは左の山道に入っていきます。 中央部が抉られた山道。ぬかるんでいて、歩きづらい。。。
大平尾根との分岐に到着(14:09)。それにしても蒸し暑さに閉口します。。。
羽賀山へは龍穏寺・戸神方面へ進みます。分岐から1分足らずで右写真の分岐に到着。ここを左に進みます。羽賀山への案内は出てません。
羽賀山に到着(14:15)。左写真が羽賀山山頂部の広さです。ここで少し休憩。
三角点っぽいのがありましたが、これは三角点ではなさそうです。休憩もそこそこ、今度は進路を西に取り飯盛山を目指します。
大平尾根を進むと開けた広場のような所に出ました(14:26)。
ここからは南から東南方面の見晴らしが良いです。都心部も見えたので、目を凝らしましたがスカイツリーは見れませんでした。(^_^;)
新宿の高層ビル群は微かに見えたようなのですが、この時期・この時間で、展望を期待するのは、無理があるかな。。
広場からは林道につながっており、少しだけ林道を進みます。
途中、山道がありました(左写真)ので、とりあえず進んでみたところ、野末張見晴台に出た。林道をショートカットする道のようです。
ここもちょっとした広場になっており、北側の展望も開けてましたが、はっきり言ってこの日差しの中、暑すぎて休む気になりません。。。(^_^;)
見晴台からはしばらく林道を進みます。途中、大築山(城山)に向かう山道がありましたが、なんと!「Keep out」の黄色テープでコースが遮断されている。
帰りに通る予定なのに。。。弱ったな〜。それにしても、なぜ、Keep outなのか?コースが崩壊したのか。遭難者でも出たのか。理由が分からない。
とりあえずスルーして次の目的地である飯盛山を目指します。
しばらく進むと、こちらにも大築山(城山)に向かう山道(左写真)がありましたが、こちらにもKeep outの黄色テープでコースを遮断。気になる。。
さて、前方に山道に進む分岐があり(右写真)、ここから山道に入ります。
途中には作業道などの分岐も多いのですが、とにかく真っ直ぐ進みます。左写真も十字路になっているがここも真っ直ぐに進む。
しばらくすると林道と合流しますが、そこが飯盛峠。
飯盛峠に到着(15:03)。飯盛山は2つある?後から気付いたが、右写真の方へ登っていくと山名碑のある飯盛山があり、
私は「山と高原地図」に記載されているほうを目指してしまった。
ここは奥武蔵グリーンベルト上。2kmほど進むと「関八州見晴台」のようです。
峠近くで「まむし草」を発見。確かにマムシっぽいですね。(^_^)
茎のマムシ柄と頭もマムシっぽいですね。
さて、右写真の尾根を登って行くと「山と高原地図」に記載されている飯盛山の山頂です。
急勾配の斜面を登りつめると山頂に到着。ここに山頂碑はありませんでした。
が、私的には飯盛山を登ったことにします。(^_^)
この山頂には3つのコースが繋がっているが、
どれも急峻なのと、持参のガイドではどこに出るのか分からないので、来た道を飯盛峠まで戻ります。
飯盛峠からの道は荒れてます。バイクかMTBなのか、タイヤで轍になっている。大平尾根に続く林道に出る(15:27)
そして帰りは。。。やはり大築山に行きたいのと、なぜ、「Keep out」なのかを知りたくて自己責任で進んでみました。
後ろを振り返ると、先ほど登った急峻な飯盛山が見えました。
しばらく進むとまた、「Keep out」。これはシャレにならないかもしれない。。。
我が身に何か起きたら、他人に迷惑を掛けてしまうし。。。ということで、引き返すことにしました。
理由が分かるわかる方、教えてください。m(_ _)m
少し道を引き返して、あじさい山公園に戻るのではなく、大平尾根を真っ直ぐに戸神集落へ向かい、駐車場に直接戻るルートを進むことにしました。
あじさい山公園に向かう途中のえぐれた道は通りたくなかったので。。。(^_^;)
あじさい山公園との分岐に戻ってきました(15:55)。まだ、16時前、17時くらいに駐車場に戻れそうだ。
なお、この先、作業道と思われる分岐が多いが、普通に真っ直ぐ進めばOKです。
大平尾根をひたすら真っ直ぐに進むと、途中、ヤセ尾根などを抜けて戸神集落に出ます。
それにしてもクモの巣が多く、顔や腕に絡みついて鬱陶しいな〜
林道に出ました(16:29)。道標にいい感じな太さの杖が立てかけられてました。
下山した時に置いて行かれたのでしょう。ここから登る場合は、利用できますね。(^_^)
さぁ、後は林道を下るだけです。のんびりと駐車場を目指します。

日も傾きかけてきましたが、本当に暑い!これからの季節、奥武蔵の低山は厳しいかもしれないですね。暑くて(汗)
途中で予定したコースが変わってしまいましたが、無事に17時前に駐車場に到着(16:57)。