白泰山
Mt.Hakutai
山 名
はくたいさん
標 高
1793.9m
所在地
埼玉県秩父市
日 程
2012年3月20日(火) 天気:晴れ
コース
栃本広場駐車場(6:46)→栃本尾根ハイキングコース終点(8:13)→一里観音(8:26)→山頂下分岐(10:13) →一里観音(11:14)−(昼食休憩)→栃本尾根ハイキングコース終点(11:23)→山の神峠(12:48)
コース図
 
駐車場
栃本広場駐車場
温泉他
栃本関所跡 / 道の駅 大滝温泉 / 手打そば「竹家」で食べたお蕎麦は美味しかった。

山行記

のんびりと静かな山歩きを楽しもうと、奥秩父に位置する白泰山に向かった。

今回のコースは、かつては秩父・武州から十文字峠を越え信州に通じる秩父往還道だったとのこと。
栃本関あたりから白泰山を登るが、そこには関所跡があり、その辺りから一里ごとに観音像が据えられ、長野県毛木平辺りに 五里観音まで続く。
今回は二里観音までの往復。 その昔は米などの物資の運搬や人の行き来で重要な役割を果たしていたようだ。 また、16世紀、甲斐武田氏が設置されたとされる関所は、その後、江戸時代にかけても要所でもあったようだ。 今では車で雁坂トンネルを潜れば、簡単に甲府に抜けられるが、生活のためとはいえ、山越えは大変だった思われる。 そんな時代背景を想いながら歩くのも楽しみの一つ。

さて、朝は4時半に家を出て6時半に栃本広場駐車場に到着。 当然の事ながら、誰も来ていない。 ここは山深い所にあり、往復で15km程度。今回も誰にも会わずに終わるかもしれない。 残雪はあるが、それほど大したことはなさそうだと安心して歩き始める。

このコース、林道から尾根に出てあとはひたすら稜線を進むだけだが、 先へ進むと次第に雪がすごいことになってきた。
足が10cm埋もれ、20cm埋もれ、だんだんと積雪量が多くなってきた。 足も重く辛くなってきた。。。(汗)
それにしても昨日今日降った雪ではないと思われるのに、人の足跡がない。 あるのはうさぎだか、しかだか、かもしかだか、そんなのしかない。w(゚o゚)w
で、ときどき熊と思わしき足跡があり、ビビりながら鈴をじゃらじゃら鳴らして先に進む。
しかも山頂に近づくにつれ北を巻くように進むが、この辺りに来ると獣のトレースすらない。
北面なだけに残雪も多く、斜めの斜面を見当を付けて横切るように進むが、 足がずぼずぼ埋まってなかなか進まない。油断していると斜面から滑り落ちそうになってしまう。
山頂まであと少し。泣きたい気持ちを抑えて歩を進める。 やっとの思いで山頂への分岐の標識のところまでたどり着いた。┐(´д`)┌ヤレヤレ
あとは斜面を登るだけ。標高差50mもないが、標識は半分以上埋まっている。。。(゚Д゚)ハァ?

なんか、いや〜な予感。

とりあえず上を目指して進んでみようと足を一歩進めてと、

ずずず・・・・体が沈んで行く。(・_・)エッ....?

体が下半身まで埋まってしまった。やばい、抜けない。足は攣りそうだ。 これはひどいぞ!これでは進むことはできない。
山頂までは目と鼻の先。なんてことだ。(;д;)
ここまで来たらピークハンターとして、なんとしても山頂までたどり着かねば。 どうしたら登れるのだろうか。
...と足掻こうとしたが諦めた。
時には諦める事も大事である!と思い込むことした。(笑)

惨敗である。。。_| ̄|○
少し舐めていたかもしれない。
今回は勇気ある撤退ということで、いつかリベンジを誓うのであった。(*^-^)

帰路、時間が掛からず山頂に行ける山がないか歩きながら考えていたところ、 駐車場から歩いてわずか10分程度のところに大峰山があった。
ちょうど良いではないか。今日はこの山に来た事にしよう!

ということで大峰山に続く!┐(´д`)┌ヤレヤレ

アルバム

すごい広い駐車場(6:40)。トイレもあって便利ですが、こんな奥地でこの広さ。埋まることがあるのだろうか(^_^)
準備体操をしてさっそく歩き始める。しばらくは林道を進みます。
標識の白泰山方面に従って進みます。雪も若干ありますが、この程度なら全く問題なしと この辺りでは考えておりましたが。。。(^_^;)
なんだかよく分からないオブジェに遭遇(7:00)。そのまま通り過ぎ、白泰山への標識に従い 山の中に入って行きます。
山道は少し戻るようになっており、オブジェのところまで戻ってきましたが。。。
道がない!あれ??う〜む、どうしよう??とりあえず尾根に出られれば良いし。。 尾根も見えるからそのまま直登しました。すると直に尾根にたどり着きました。
(本来の正しいコースは山に入ってから、戻るのではなく、そのまま真っ直ぐ進むようでした)
思えば、初っ端からこんなことになっていたのがケチのつけはじめだった。
コースを間違えなければ、ここで合流するようでした(7:16)。尾根上のハイキングコースを進みます。
それにしてもここはハイキングコースと呼べるほど人は来ないのであろう。
残雪も多くなってきましたが、人の足跡はなく鹿?カモシカ?ウサギ?獣の足跡だらけ。 この足跡(真ん中)は5本の指があるけど熊or雪男(・_・)エッ....?
目前には階段が。。滑らないように 注意が必要です。
階段を登りきったところ。上のほうは雪で埋まっていた。雪上は気を付けて慎重に進みます。
平らな尾根道をそのまま進みますが、所々で残雪が多くなってきた。
そして登っては下るの繰り返し。下りは気を付けて行かないといけない。 怪我は気を付けないと!
獣のトレースをずぼずぼ足を埋まりながら歩を進めます。
またまた登り。(^_^;)寒いのだけど、息を切らせながら高度を上げて行きます。 南に目を転じると和名倉山の巨大な山容が目に留まります。
南西方面は雁坂嶺から甲武信岳に抜けて行く奥秩父の主脈が眼前に広がります。 この辺りから雪がない所は動物のフンだらけ。
最初は踏まないようにと注意してましたが 疲れてくると面倒くさくなり、そんなこと気にならなくなります。(*^.^*)
だんだんと雪が多くなった。まだまだ、道のりは長いのにこんな調子では思いやられる。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜
ここでハイキングコースはおしまい(8:13)。1時間程度歩いてきたが、まだ半分も進んでいない。(T_T)
そして、ここの場所から左へ少し進むと白泰山に進むコース(右写真)に出ます。少し分かり難いです。
それにしても雪が多い。この辺りで引き返そうかと悩んだが、時間的には余裕があるので もう少し進むことにした。
途中、右写真のような危険な斜面も横切ります。滑らないよう 注意が必要です(見るからに滑りそうです)。
一理観音にたどり着きました(8:26)。ここは右側(左写真)に 進みます。時間もあることだし、焦らずに歩いて行けば、じきにたどり着くだろうとマイペースで進む。
それにしてもいつも以上に足に疲労がたまる。2、3度足が攣りそうになった。
南側の巻き道はさすがに雪は少ない。こんな調子で山頂まで進みたいが。。。その考えは甘かった。。(^-^;
真正面に埼玉一の標高を誇る三宝山が見える。埼玉県側からは日帰りで行けない山深い場所だ。
それにしても雪、雪、雪(愚痴が多くなってきた...)。登りも急勾配になって休憩が増えてきた。
雪は増えるばかりで精神的にもきついです。なんでこんなロングコースを選んだのか。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
眼前に白泰山が見えてきた。標高差も50mもなさそう。 もう目の前といえる近さだ。無積雪でこのくらいの近さだと、この時点で征服(^_^)したような感覚になるのだが、 歩が遅いせいもあって、今日に限ってそんな気が全然しない。(汗)
だんだんと足もズボズボ埋まってしまい、足が重くどうしてもペースも遅くなります。
只々ひたすら進むだけ。お腹も空いてきた。糖分不足の完全なシャリバテ。 バテないように行動食をとりながら進みます。
ここの分岐(左写真)を左に進みます。山頂まであと少し。時間的な余裕もあり、 頑張れるぞと気合が入ります。
山頂近くになって、道が北に巻くようになるとさらに雪がすごいことになってきた。(゚Д゚)ハァ?
足がとられるし斜面で歩きにくく一段とペースダウン。 が、山頂直下の標識が見えてきました。\(^o^)/
山頂直下の標識。なんとかたどり着くことができました(10:13)。ここから直登して山頂を目指します。 見上げると尾根まであとわずか。
雪がすごそうだが、なんとかなるだろうと一歩踏み出したところ 腰まで埋まってしまった。。。(・_・;)
だめだ!足が抜けない。。と、リタイア決定。残念。。。
あとわずかで山頂なのに。。。悔しいですがこのまま登っても怪我するリスクがありますので 撤退です。
無積雪期にリベンジを誓い、撤退です。(;д;) あとは自分のトレースをもとに来た道を引き返します。
一理観音までに戻ってきました(11:15)。あと4km程度。珍しいことに、この辺りで二人組とすれ違った。
こちらは二人の話声で気付いていたが、先方は私に気づき時、ものすごくビックリしていた。私は雪男か。(*^-^)
帰路、雪がないところで食事休憩(11:30)。ピークハントできなかったので、今日はこのまま帰りたくない。 地図を広げ近場で簡単に山頂にたどり着けそうな山を探します。 体も心も冷え切った体に温かいコーヒーは効きます。(^_^) 前方には両神山が聳えてます。
十二天(1,206m)の三角点を発見。往路では気付かなかった。記念に一枚。
登山口から続く分岐に到着(12:29)。折角来たので、大峰山の 山頂を目指すべく、ここからは尾根を真っ直ぐに進みます。 大峰山は次回に続きます。