破風山
Mt.Happu
はっぷさん
標 高
626.5m
所在地
埼玉県秩父市皆野町
日 程
2012年6月2日(土) 天気:晴れ
コース
満願の湯駐車場(11:14)→風戸分岐(11:46)→猿岩(12:01)→破風山(12:19)−(昼食休憩)→札立峠(12:35)→鞍掛山(12:49)→大前山(12:58)→ 天狗山(13:09)→小峰山(13:35)→天狗山分岐(13:54)→大前集落分岐(14:07)→県道284号(14:31)→水潜寺(14:45)−(見学休憩15分程)→満願の湯駐車場(15:26)
コース図
 
駐車場
満願の湯駐車場
温泉他
/ 関東ふれあいの道(8)秩父盆地を眺めるみち /

山行記

午前中の富士山(小川町)に続く2山目。今日のメインイベント。

破風山というと奥秩父の埼玉と山梨の県境にもあるが、今回は秩父市皆野町にある破風山に向かった。

麓にある満願の湯の駐車場に車を停め、周回して戻ってくるコース。
このコース、距離的には長くないが、ちょっとした尾根の縦走路で、岩場やクサリ場があり、切れ落ちたヤセ尾根ありと変化に富んでいる。 そして、長閑な山村を通ったり、お寺での観光も楽しめるお手頃なお勧めコースである。
また、下山してそのまま温泉に入れるところがよい。(^_^)

あまり人には会わないだろうと思っていたが、単独行の方も含めて5組くらいのグループとすれ違った。 これだけ楽しめるコースなので、やはり人気があるのだろう(5組だけど。。)。 温泉にも寄れるし。。。(o^-^o)

あと、秩父三十四札所の水潜寺で長居したが、古の歴史に触れられるのも秩父の山歩きの醍醐味の一つ。
秩父札所巡りもしてみたくなってきた。(^_^;)
秩父巡礼は一番寺から三十四番水潜寺まで一巡約100kmあるようだが、歩きごたえがありそうだ。
5日間くらいで達成できるだろうか。涼しくなったら、チャレンジしてみるかな。

満願の湯もお勧めの温泉。広くてゆったりできるのが良い。
露店風呂にゆっくり浸かって、休憩所でストレッチし、15分程寝転んで、家路に就いた。

アルバム

今回のスタート地点とする満願の湯に到着(11:14)。下山後、すぐに温泉に浸かれるのがいいですね。
駐車場が広いので、帰りに温泉を利用するということで、利用させていただきましたが、少し先にもトイレが併設されている駐車場があります。
ぶどう直売「あざみ園」の手前を左に上ると件の駐車場がありますが、コースはそのまま直進です。
突き当りを右に行くと本来のコースで山道に出るようですが、ガイドではこの辺りのルートがよく分からず左に曲がってしまった。
しばらく舗装された道を進みます。こちらのルートは少し大回りしますが、先で合流していることが判断できたので、
そのまま進むことにしました。クマ注意の看板に鈴を装着(^_^;)
本来のルートとの合流地点。しばらく進むと風戸の鏡肌という岩がありました。
断層で岩がずれた時の摩擦で出来た光沢のある鏡のような岩肌とありましたが、いまいち分からなかったな〜。
風戸の鏡岩の説明文。そして、風戸の集落を抜けて行きます。
舗装された道はここまで。ここから山頂まで1.5km。その先は山道進んで行きます。(11:38)
ここはちょっとした広場になっており、東屋もあり、宝登山など東北側の展望が開けています。
山道に入りました。しばらく進むと「山靴の道」から続く分岐と合流。寂しい感じですが、後は登っていくだけ。(11:46)
分岐を示す道標にカメラを置いて自分撮り(^_^)
新緑が綺麗ですね。道標や目印も多く道もしっかりして歩き易い。
尾根まで上り詰め、猿岩に到着(12:01)。直登は難しそうですが、右手から登れます。
高所恐怖症なのに、ついつい登りたくなってしまう。岩の上でびくびくしながら、写真を撮ってました。(^_^;)
展望は良い。北方面には城峰山などの山々に見えます。
岩のてっぺんから見下ろしたところ(右写真)。最後の2m程度は岩にへばり付いてよじ登りました。下りが怖い。。。(^_^;)
南側には蓑山、大霧山、丸山など遠望できます。猿岩から下りるところ。ロープなども付いていますが、標高差はありますので、注意が必要。
猿岩から雑木林の尾根を進むと直に東屋に出会う(12:15)。
ちょうど反対側から6〜7人のグループが到着して休憩し始めたので、
そのまま進むことにしたが、広い東屋で日陰になっており、食事を取るのにはちょうど良いかもしれない。
破風山山頂に到着(12:19)。三等三角点とお社がある。ここで昼食。反対側から登って来られた単独のハイカーさんとしばし談笑。
東から南へかけての展望が良く、武甲山、武川岳、丸山などが遠望できます。 山頂から先は急勾配を下って行きます。
山頂下の巻き道と合流しばらく下って行きます。
札立峠に到着。ここにもグループのハイカーさんが休んでました。この日、すれ違うのは4組目。
どちらに進もうか検討されていたようですが、水潜寺に下るコースへ進んで行かれました。
ちなみに札立峠で進行方向右(北側)に下ると秩父三十四か所の観音霊場の一つで 水潜寺が西国三十三・坂東三十三か所・秩父三十四か所の
計100観音霊場の最後100番目の結願寺だそうです。
こちらは下山せずに尾根を西に進み、大前山方面を目指します。
この峠を右に下る道は秩父三十三番目の菊水寺へと続く巡礼道。
尾根を進んで行きますが、右側にも道が続いているけど枝で×マーク。
この善意のサイン、最近、良く見るな〜。間違えてしまう時は、気付かない場合が多いと思うが注意が必要ですね。
富士浅間大社の石碑があった(12:46)。アップダウンも増え、このあたりから山の雰囲気も変わってきました。
ニョッキンさま(12:47)の説明。それを読んで横にそそり立つ大きな尖った岩を見て、う〜む、なるほど。。。(^_^;)
岩場やクサリ場が増えてきた。なかなか歩きごたえがあって面白い。
鞍掛山に到着(12:49)。山頂を示す標識が無ければ気付かないようなピークだ。
所々、切れ落ちたところがあり、気は抜けないですね。
横を見ると武甲山と秩父盆地が見渡せる。アップダウンは続きます。
先に見えるのは天狗山だろう。
大前山に到着(12:58)。ここのピークも標識がないと気付かなさそうです。(^_^;)
山頂を少し西に進むと、首がとれたお地蔵様が祀られています。
注連縄が張られているところが2か所くらいありました。
目前に次の目的地である天狗山が見えてきました。このコース、一番の急勾配。ここはクサリを使いながら慎重に下ります。
ここの分岐は天狗山方面に向かいます(13:05)。下ってすぐに急登が続きます。
山頂直下の急勾配、息を切らしながら一気に上り詰め、天狗山に到着(13:09)。