不動山・雨乞山・陣見山
Mt.Fudo,Mt.Amagoi,Mt.Jinmi
ふどうさん・あまごいやま・じんみやま
標 高
549m・510m・531m
所在地
埼玉県長瀞町
日 程
2012年12月16日(日) 天気:晴れ
コース
野上駅駐車場(8:07)→長瀞総合射撃場(8:45)→苔不動(9:41)→不動山(9:54)→雨乞山(10:41)−(昼食休憩40min)→陣見山(12:13)→虎ケ岡城跡(12:59)→波久礼駅(15:50)−(秩父鉄道)→野上駅・駐車場(14:09)
コース図
 
駐車場
野上駅有料駐車場(300円/日)
温泉他

山行記

今回は地味な北武蔵の低山縦走である。
林道も交え淡々と尾根を歩くだけになるかと思いきや、エアリアマップに破線コースがある。これは期待が出来そうだ。
(エアリアマップの破線ルートとは、言わずと知れた昭文社の「山と高原地図」に記載されている難路とされるコースである)
ネットで見ると、途中で道がなくなり、必ず迷うとある。 その区間は狭いエリアのようだがそそられる。 いろいろ調べても、どこをどう辿ればいいのかイメージ出来ないが、距離も対したことはなさそうだし、とにかく歩いてみよう。

紫色のログが私の辿ったルートである。
どれだけ外しているのか。。。


駐車場は秩父鉄道の野上駅。駅に着くと、すでに1台停まっている。その隣にもう1台分のスペースがあるので、そこに停めた。
駅駐車場はトイレがあるので重宝する。トイレを済ませると留守と思った隣の車から人が出てきた。少し驚いたがハイカーさんのようだ。
8時ちょうどになり、駅員さんが料金を徴収にきたので、300円を払う。隣のハイカーも、このタイミングを待っていたのであろうか。

どこに行かれるのか訪ねてみたら、私と同じ方向のようだ。不動山は3回目ということで、私は初めてとお伝えしたところ、やはり途中は迷いやすく、2時間くらい彷徨う人もいるようなので、気をつけた方が良いと忠告を頂いた。
コースについて細かく説明頂いたが、やはりイメージ出来ず、頭の中に入ってこない。 お詳しいようなので、ご一緒させていただければ、何の苦労もなく歩けるかもしれないが、破線ルートを一人で歩く楽しさもあるし、ハイカーさんもお一人がよいのかもしれないので、あえて懇願せずに、先に出発してもらった。
問題の箇所まで、1時間ほど町中を歩かなければならない。 先行されたハイカーさんが途中のお寺に立ち寄られたので、その間に先に出て少しペースをあげてみた。そして、舗装道路を小1時間歩くと登山口(苔不動入口)に出た。 不動山に行く途中には苔不動があり、その昔は参道があって、賑わっていたようだが、それが寂れて今の状態になっているようだ。
フェンス沿いをしばらく進むと大黒様が祀られているところに出た。
ネットではここを右に行く、との記事もあったと思われるが、そこはもはや道ではなかった。。。(^_^;)

とりあえずパスしたい。。。(汗)

そこで標識通り、大黒様から左へフェンス沿いを進む。
フェンス沿いは道がしっかりついており安心して進んでいると、先ほどのハイカーさんの忠告を思い出した。

大黒様を左に進み、途中で涸沢に出たら、その涸沢沿いに進み、大きな倒木を過ぎ…暫く彷徨うと参道らしき道に出る

それらしい涸沢に出たが、荒れ方がひどいので、そのままフェンス沿いに進んでしまった。 しかし、北に進むべきなのに、西に向かっているし、周りは竹藪の様相を呈して来た。
北にリボンが見えたので、そちらに向かうと伐採地に出て、突然、前方が開けた。少し登ってみると目指す林道も見えており、あとは伐採地をたんたんと登るだけとなってしまった。
これでは面白くないから、もう一度涸沢まで戻るか、この斜面を横切って、やばいルートに入り込むか。。。
と考えたが、この先の距離が長いので、時間をつぶすと予定のコースを歩き切れなくなる。
そこで、そのまま直登することにした。図らずとも、一番楽なルートとという予想しない結果になってしまい、本日の楽しみのひとつが終わってしまった。

しかし、涸沢沿いというのは、到底、道とは言えない状態で、そちらに進んでいたら苦労していたと思われる。

あとは、平凡な尾根歩きかと思いきや、アップダウンがやたら多い。
しんどいというほどではないが、途中から面倒くさくなり、ショートカットもしたくはなるが、何とか歩いた。
不動山や雨乞山では、人と合わなかったが、陣見山周辺ではこの時期でも5組程のグループとすれ違った。ここは低山でも人気のコースなのであろう。5組くらいだけど。。。

陣見山を過ぎ、尾根も終わると、波久礼駅にたどり着く。
ここからは秩父鉄道で2駅先の野上駅まで戻る。
電車に乗り8分、結構歩いたなとつくづく感じた。 野上駅に着くと隣の車はまだ停まっている。お隣のハイカーさんは山の中を彷徨っているのだろうか。
かなり地味目なコースだが、雪が降り積もった頃か、花のシーズンもよろしいかな。

それにしても、R140沿いに走っている尾根なため、時折バイクのエンジン音が響いてやかましい。
そういう人口的な音から逃れたいのに、少し引いてしまう。

そんなわけで、誰とも会わず、人口的な音のない世界に向かうべく、次の山行はどこに行こうか。



今回のログ情報。詳細はこちら
昭文社のiPhone用の山と高原地図。GPSと連動なので、ナビとして利用でき非常に便利で安心。

アルバム

秩父野上駅に車を停め、トイレを済まして出発(8:05)。隣の車のハイカーさんが先行した。
一緒に行動させていただければ破線ルートは安全なのだが、独りで迷い込んでみたい気もするし。。。
登山口まで小一時間、市街地を歩きます。
左写真は以前歩いた長瀞アルプスの尾根。懐かしいです。長瀞アルプスは萬福寺(右写真)の手前を左に曲がり尾根に取り付きます。
穏やかな朝です。情緒があっていいですね。


真ん中奥に見える樹林帯(左写真)が道不明瞭となっている箇所です。駅から40分程度歩くと登山口のある県営射撃場入口に辿り着きました。
ちなみに青線が正しいと思われるルートで、赤線が私が辿ったルート、相変わらず感が悪い。^_^;
苔不動へ向かう登山口に到着(8:46)。
しばらく県営射撃場のフェンス沿いに進んで行きます。
しばらくすると大黒様が祀られている箇所に出る(8:57)。ネットではここを右に進む人もいるようだが、苔不動は左と小さな標識が出ているので、そちらへ向かう。
少し進むと野上駅でお会いしたハイカーさんが言われた涸沢のような箇所(右写真)に出た。リボンも付いているようであるが、言われてみないと、
さすがにこのポイントは気付かないなぁと思った。その昔、ここが苔不動まで続く参道であったのだろうか。今では想像もできないが。。。
それだけ荒れているのだが、フェンス沿いは相変わらず道が開けているので、そちらに進んでしまった。
いつも楽な方ばかり選んでしまう。。。(^_^;)
フェンス沿いは相変わらずリボンのある道がついているが、北に向かうべきところを西に進み始めたので、北向きに進路を変えた。
伐採地に出てしまった。本来のコースは前方に見える伐採された尾根の向こう側のようだが、間に谷があり、コースへ戻るのは面倒だ。
そこで、このまま伐採地を直登することにした。
後を振り返ると野上駅周辺が見渡せる。前方を見上げると尾根を走る林道も見えてきた。
ここも尾根になっており、淡々と登るだけ。右に見える尾根の向かうに行きたい気もあるが、間にある谷を越すことが大変そうなので諦めた。
かなり登り林道に合流。絶対に迷って時間が掛かるかと思っていたが、あっさりと林道に出てしまった。(9:34)
林道を右に進むと苔不動尊入口に出た(9:38)。本来はここに出てこないといけないのだが。。。
不動山はここから山道を進むとあるが、折角なので少し下って苔不動尊も見に行った(9:41)。ここから苔不動尊は2〜3分である。
岩壁に不動様が祀られていた。その先が正しいコースとして続くようだ。時間があれば下って検証したい気もしたが、
本日の予定コースは少し距離があるので、先を急ぐことにした。
林道から山道に入るが、直に林道に戻る。ここは山道に進まなくても良かったかもしれない。林道に出ると目の前に不動山が見える。
不動峠に到着(9:48)。ここから不動山に向けて、再び山道に入ります。
後を振り返ると先ほど登った伐採地の尾根がはっきり見える。そして、不動山山頂(549.2m)に到着(9:54)
山頂には三角点もあり。この日は北風が強く寒いため、休み気にもなれずそのまま先に進む。
ちょっとした下りには虎ロープが結ばれており気が利いている。目前に次に目指す雨乞山が見えてきた。
後を振り返ると長瀞アルプスから続く宝登山、蓑山、武甲山が遠望出来ます。そしてまた林道に出た。
林道に出て少し進み左に曲がると直ぐに山道への案内がある。
また、山に入り込み、しばらく進むと分岐となり、真っ直ぐ進む道と左に曲がる道がありますが、左に曲がったほうが正解のようだ。
私はそのまま真っ直ぐ進む。
左にも明らかな道が続くが、まっすぐに進んだ方が高度を稼げそうな気がして、結局、道を間違えて、尾根まで植林の中を突き進む。
尾根に出るとすぐに林道と合流する。
雨乞山に到着(10:41)。ここはパラグライダーの発信場でもありますが、今日は強風のため中止なんでしょう。
風は強いがここで昼食休憩とします。今回のラーメンはこれ。トムヤンクンラーメン。めったに食べないジャンルだが
山で食べるのも乙なものだろうと食べてみたが微妙でした。。。汁も辛くて飲み干すのがつらかった。。。(泣)
この先、歩く予定の尾根が見渡せますが、まだ、半分も歩いていません。
昼食休憩のあとは陣見山を目指します(11:18)。
林道から山に入り込むと高圧線に出ました。