上高地(番外編)
Kamikochi
山 域
上高地
標 高
約1500m
所在地
長野県松本市
日 程
2012年5月26日(土) 天気:晴れ
コース
上里SA(8:21)→梓川SA(6:46)→大正池(8:13)→田代橋(8:26)→記念碑(10:13) →河童橋(11:14)−(休憩)→バスターミナル(12:48)→バスターミナル出発→姨捨SA(10:13)→上里SA(10:13)
コース図
 
駐車場
温泉他

山行記

今回は番外編ということで、バスツアーで上高地に行ってきた。
非常に安いツアーがあり、奥さんと二人で参加することになった。このようなバスツアーは初めてで、期待に胸が膨らむ。
集合場所に行くと既に参加者が集まり出していた。見ず知らずの人達だが遠足のような気分になる。

さて、バスに乗り込み、定刻通りに出発。高速に乗り上里SAでまず最初の休憩を取る。
この日は快晴で上信越自動車道に入ると、日本三大奇勝のひとつ妙義山をはじめとする岩肌をむき出しにした荒々しい岩峰群に囲まれ、気分も盛り上がってくる。
う〜む。久しぶりの上信越道。今回は運転しないので、周りの風景をゆっくり楽しむことが出来る。楽だな〜。

車内では音楽聞いたり、読書したりで、あっという間に次の休憩ポイントの梓川SAに到着。
ここからは雪を被った北アルプスも見ることができ、実感が湧いてきました。(^_^)

松本ICで高速を降りると一般道から標高1,500mの上高地を目指し高度を上げ、何度かトンネルを抜けて行くと上高地に到着。
大正池でバスを降りると目の前に大正池、穂高連峰が広がる別世界。感動ものである。
上高地は国の特別名勝・特別天然記念物に指定されている山岳景勝地。 美しい山岳風景や大自然、全く素晴らしい!!

この時期、どちらかというとオフシーズンかもしれない。雪が融け始め、山野草が花開くのはこれから。 ニリンソウは綺麗だったが、他に咲いている花は少なかった。河童橋から奥へ行ければ、また、違っていたのかもしれないが。。。

上高地での行動時間は3時間と決まっており、あまり欲張った行動は取れないので、大正池から河童橋までの定番コースを歩いた。
それでも自然を満喫しながら、のんびりと上高地を楽しめた。 あっという間の3時間だったが、良い体験ができた。

帰りの車中では寅さんのビデオ上映会。久しぶりの寅さんに大いに笑えた。
なので、帰りはあっという間だった。

移動時間は長かったが、天候にも恵まれ、バスツアーもなかなか良かった。嵌りそうである。

アルバム

上里SA(写真左)にて(8:21)。そして、2時間弱走り続けて梓川SA(写真右)に到着(10:24)
大正池に到着しました(11:53)。久しぶりの焼岳。北アルプスの唯一の活火山。ここもいつかは登りたいな〜。

大正池とその奥に残雪に覆われた穂高連峰!ついに来ましたね〜。
槍ヶ岳の時は早朝で朝靄があり幻想的でした。それにしても観光客が多いな〜
関東と気温が15°ほど違うといわれているだけあって、さすがに涼しく気持ちいいですね。

穂高連峰は存在感が違いますね。

圧倒的で威厳がありますね。真ん中ちょい左に日本第三位の標高を誇る奥穂高岳があります。
今回はハイキングということで、スニーカーという軽装です。

梓川の向こうに見えるカラマツの林が幻想的でいいですね。

うぐいすなど小鳥が囀り、癒されます。。(^_^)
焼岳と穂高連峰の説明。どちらも登ってみたいな〜。

新緑きれいですね。

所々、木道も整備されており、歩いてて足に優しい。
コヒオドシという蝶々。近くに寄っても逃げないので、思わず写真を撮りました。

田代橋に到着(12:42)。橋を渡って、梓川の左岸を進みます。

長閑でいいですね。いつまでも滞在していたい気分になります。

どこからみても圧倒的な迫力。絶景です。

梓川沿いを目の前の明神岳に向かって進んで行きます。

新緑の中、小梨の白い花が映えます。


日本の山岳界に偉大な功績を残したウエストン碑。

白樺の林。ムード満点。空気もきれいで癒されます。

見上げると新緑のダケカンバ。すがすがしくて気持ちいいですね。

カラマツの向こう側にはバスターミナルが見える。

新緑の中。両サイドにはニリンソウが咲き誇り歩いていても飽きないですね。(^_^)

梓川沿いの遊歩道。カラマツ林が立ち並び、絵になりますね。

河童橋周辺に到着(13:20)。この時期、それほど人は多くないようだ。
あと、ハイヒールを履いてる方を見つけました。(^_^;)

河童橋から雪山の様相の穂高連峰。ここでしか見ることの出来ない日本屈指の雄大な景色が広がります。

河童橋はさすがにすごい人出。皆さん写真撮影に余念がありません。

川沿いのカラマツ林やケショウヤナギが風に吹かれて風情があります。

河童橋からさらに進んだ所に山名碑があります。

ついつい見とれてしまう壮大な景観。神々しさすら感じてしまう。

あの頂から上高地を見下ろして見たいものです。奥穂高岳もいつか訪れたい山だ。

真ん中あたりが奥穂高(3,190m)だけなのだろうか。

上高地はその美しい景観から、「特別名勝」と「特別天然記念物」という二つの称号を与えられた国内で稀有な場所だそうです。
国内で二ヶ所、黒部峡谷と上高地のようです。

名残惜しい河童橋から集合場所のバスターミナルへ向かいます。ここから5分程度。
15:00集合予定の上高地バスターミナルに到着(14:18)。お土産を選別して、あっという間の3時間でした。